ハリー・ポッター語源辞典


(IJXYZ)
語源辞典H〜呪文の語源ハリー・ポッター用語辞典
※言語の種類が記載されていない場合は、英語を示します。

ハリー・ポッター語源辞典


Agrippa--アグリッパ(蛙チョコのカードについている魔法使い。ロンが持ってない)。神聖ローマ帝国のオカルト研究家のハインリヒ・コルネリウス・アグリッパがモデル。古代ローマにも政治家でアグリッパという人がいた(前63頃-前12、パンテオンの建設を指図)。

 

ハインリヒ・コルネリウス・アグリッパ (1486-1535)◇


その著書『オカルト哲学』は中世のオカルト伝承の一大集成として有名。極めて博学で神学、カバラ、占星術等に通じていた人物だったが、ローマ教会と対立したため魔術師の疑いをかけられる。後に伝説の魔術師ファウストと結びつけられたため彼もまた大魔術師とみなされた。
 



◆Aragog--アラゴグ。Araはギリシャ神話アラクネから。ラテン語のArachnoideaは蜘蛛型類を指す。gogはアングロサクソン伝説に出てくる巨人「ゴグとマゴグ(Gog and Magog)」を連想させる。伝説上のブリテンの始祖ブルータスに滅ぼされた巨人族の2人の生き残りである。つまりアラゴグで「巨大な蜘蛛」のこと。

 

◇アラクネ(Arachne)の物語◇


リディアという国にアラクネという、機織にかけては並ぶ者のない腕をもった娘がいた。その腕前を鼻にかけ、とうとうオリンポスの神々でも自分ほど上手くは織れないだろうと自慢するようになった。技術と工芸の神であるミネルバ神はそれを聞いて彼女と織り比べをすることに。結果は二人とも見事な作品を織り上げたが、女神はそれに怒り、いきなりアラクネの織った織物をずたずたに引き裂き彼女を打ち据えてしまう。絶望したアラクネは自殺するが、それを見て女神の怒りは解け後悔に変わる。ミネルバがその屍に魔法の水をかけると、アラクネの体はたちまち一匹の蜘蛛に変身。巧みに織る技だけが彼女に残されたのであった。(参考図書:「ギリシャ神話」山室静著)
 

◆Azkaban
--アズカバン。語源は不明だが、アルメニアにAygavanという地名がある。脱獄不可能と言われた要塞監獄アルカトラス(Alcatraz)がモデルかと。



Bane--ベイン(禁じられた森に住むケンタウルス)。古英語でbaneは「人殺し、命取り」のこと。


◆Black, Sirius--シリウス・ブラック。Siriusはオオイヌ座の首星、シリウスのこと。別名、Dog starとも呼ばれている。Sirius Blackで「黒い犬」を意味する。

 

◇黒妖犬(妖精犬の一種)◇


黒妖犬(Black Dogs)の話はイギリス全土で聞かれ、大抵は危険な動物として伝承されている。一般に子牛ぐらい大きく毛むくじゃらで、ギラギラと光る目を持つとされる。人間に話しかけられたりすると、どう猛な力を発揮するようである。20世紀の初頭には、盗賊から旅人を守ったり、道に迷った人間を案内してくれる良い黒妖犬の話も伝えられている。又、新しい墓地を守るために埋められた墓守グリムは、子供の面倒を見たり泥棒や悪い妖精をおどして追い払ったりすると言われている。
 


◆Borgin and Burkes--ボージン・アンド・バークス。BorginはBorgia「ボルジア家」から。Burksはbarke「傷跡を残さないように絞め殺す、噂などをもみ消す」が語源かと思われる。

 

◇ボルジア家◇


スペイン出身のイタリア系貴族の家系。教皇アレクサンデル6世やセザール・ボルジア(専制君主で「君主論」のモデル)、ルクレジア・ボルジア(イタリア北部フェラーラ公妃として芸術などを保護したが、多くの悪徳も伝わる)を輩出。
 


◆Brown, Lavender--ラベンダー・ブラウン。両方とも色の名前(ラベンダーは薄紫色)。


◆Burrow, The--隠れ穴。英語でBurrowはキツネやウサギなどの掘った(巣)穴のこと。Weasley(<Weasel:イタチ)の家だけに...



Cadogan , Sir--カドガン卿。実在の英国の将軍(1675-1726)。彼の髪型をまねた、リボンで髪をうなじで束ねたヘアスタイルが18世紀のフランスで流行した(仏語ではCatoganともいう)。


◆Circe--キルケ。ホメロスの叙事詩「オデュッセイア」に登場する、アイアイエ島の魔女の名前。太陽の娘といわれるほどの美女だが、島にやって来たオデュッセウスの部下達をブタに変えた。ヘルメスからもらった魔草モリー(Moly)のお陰でオデュッセウス自身は難を逃れたばかりでなく、部下達も再び人間に戻してもらい、この美しい魔女の愛人となり一年を過ごす。旅立つオデュッセウスに、キルケはその後の道中の諸注意を与えた。いわゆるFemme fatale(ファム・ファタル:男を破滅させる妖婦)の原型。


◆Clearwater, Penelope--ペネロピー・クリアウォーター(パーシーの恋人)。Penelopeはホメロスのオデュッセイアの主人公(オデュッセウス)の妻。夫の留守中、求婚者が次々と現れたが、知恵を絞って貞節を守リ抜いた。貞淑な妻の象徴的存在。

 

オデュッセイア


ホメロス作の長編叙事詩。トロイとの戦いで、オデュッセウスが考え出した木馬作戦により勝利したギリシャ軍だったが、その理性を外れた行為が神々を怒らせ、長い間海上をさすらわねばならなくなる。一つ目の巨人に岩穴に閉じ込められたり、嵐に遭ったりと、オデュッセウス率いるギリシャ軍が故郷イタカの島に帰り着くまでの10年間の放浪と冒険を歌った作品。
 


◆Crabbe & Goyle
--クラッブとゴイル。Crabは英語で「ケンカ好きでつむじ曲がりの人」という意味。Goyleはgargoyle「ガーゴイル(教会の屋根などにある怪獣の形をした雨水の落し口)、奇怪な容貌の人」から。


◆Crookshanks--クルックシャンクス。Crookには「(鉤のように)曲がった」、shank(s)には「脚」の意味が。Crookshanksで「O脚(ガニマタ)」のこと。



Dementor--ディメンター(吸魂鬼)。Dementは「発狂させる、理性を奪う」という意味。-orは行為者を示す接尾語なので、「発狂させる(理性を奪う)人」のこと。


◆Diagon Alley--ダイアゴン横町。diagonally(対角線上に、斜めに)の言葉遊び(発音が同じ)。マグル社会とは正反対の対角線上にある所から命名。お店なども斜めに(diagonally)に建てられている。ちなみに仏語版ではLe Chemin de Traverse(抜け道、近道)と訳されている。


◆Diggle, Dedalus--ディーダラス・ディグル(1巻で漏れ鍋でハリーと会い感動する魔法使い)。Dedalusギリシア神話 に出てくる名高い名工。ジョイスのユリシーズにも(Stephen) Dedalusという学校教師が出てくる。

 

◇ディーダラスの物語(これでも一部)◇


クレタ島のミノス王は、ミノタウロスという上半身が人間で下半身が牡牛の怪物を飼っていた。名工のディーダラスに迷宮を作らせ、その中に閉じ込めておき、生贄の人間を中に送り込んでいた。迷宮に一度入った者は出て来れず、ミノタウロスの餌食になっていたのだった。しかしある年テセウスというアテネの王子が生贄に志願する。彼に同情したミノス王の娘は、ディーダラスから抜け出す方法(糸玉の端を入り口に結わえておき、進むにつれて糸玉をほぐしていく)を聞き出す。お陰でテセウスはミノタウロスを殺し、まんまと迷宮から出ることにも成功した。

怒ったミノス王はディーダラスとその息子イカルスを迷宮に閉じ込めてしまう。糸玉を持っていない親子は歩いて出ることはできなかったが、かわりに二対の翼を作り、空を飛んでの脱出をはかる。息子に「高く飛ぶと太陽熱でにかわが溶けるぞ」と注意したにもかかわらずイカルスは高く飛ぶことに夢中になり父親の言うことに耳を貸さない。結局にかわが溶け、息子は海中深く没し去り、ディーダラスは悲しみに暮れるのであった。尚、ディーダラスには「たくみな工人」という意味がある。(参考図書:「ギリシャ神話」山室静著)
 

◆Diggory, Cedric--セドリック・ディゴリー。Cedricはケルト語で「リーダー、指揮官」の意味がある。


 
◆Dobby--ドビー。イングランド北部のヨークシャーとランカシャーでの、ホブゴブリン(人なつこい家事好き妖精)に対する愛称。ブラウニー(ホブゴブリンの一種、無骨で毛深い小人)とよく似ているが、いたずら好きという点でドビーが勝っている。英語Dobbyには「家庭に現れる小妖精、間抜け(いずれも方言)」の意味がある。


◆Draco Dormiens Nunquam Titillandus--ホグワーツの紋章に書かれたモットー。ラテン語。直訳すると「眠っているドラゴンは、決してくすぐられるべきではない」。Dracoは「ドラゴン」、Dormiensは「眠っている(<dormio:眠る、の現在分詞」、Nunquamは「決して〜ない」、Titillandusは「くすぐられるべき(<titillo:くすぐる、の分詞形所相的形容詞)」。 つまり、「眠っているドラゴンを絶対にくすぐってはなりません(くすぐるべからず)」という意味。


◆Dr. Filibuster's Fabulous Wet-Start, Not-Heat Fireworks--ドクター・フィリバスターの長々花火--火なしで火がつくヒヤヒヤ花火。Filibusterは英語で「長い演説などによる議事妨害(者)、革命の煽動の為の不法戦士」のこと。長ーく嫌がらせをして、しかも危ない、、この花火にピッタリな名前。


◆Dunbledore, Albus--アルバス・ダンブルドア。Albusはラテン語で「白い、恵まれた、良い」の意味(実際物語中ダンブルドア校長はgoodnessの象徴となっている)、Dumbledoreは古英語で「マルハナバチ(bumblebee)」のこと。ローリング氏は「ダンブルドアには、いつも鼻歌を歌いながら動き回っている気の良い魔法使いのイメージがあったし、言葉の響きも好きなのでそう名づけた」と話している(An Interview with J.K.Rowlingより)。


◆Dursley, Dudley--ダドリー・ダーズリー。Dudleyはイギリスの俗語dud(退屈なやつ、役立たず)が語源。イングランド南西部のグロースターシャー州に、Dursleyという地名がある。


◆Dursley, Petunia--ペチュニア・ダーズリー。Petuniaはツクバネアサガオ(植物)のこと。Petulant(怒りっぽい、傲慢な)とも掛けていると思われる。対する姉のLilly (Potter)には「純潔(清純)な人」の意味が。



Errol--エロール(ウィーズリー家のふくろう)。ラテン語erro「うろつく、道に迷う(オイオイ…(^^ゞ)」が語源。



Fang--ファング。Fangは英語で「牙」という意味。


◆Fawkes--フォークス(ダンブルドアのペットの不死鳥)。イギリスの火薬陰謀事件の首謀者ガイ・フォークスから命名。ローリング氏曰く「不死鳥は炎となって燃え上がり、灰の中からよみがえる鳥。だから、その鳥にフォークスと名づけた」とのこと。


ガイ・フォークス(1570-1606)◇


イギリスの火薬陰謀事件(Gunpowder Plot)の実行責任者。熱心な旧教徒。1593年オランダでスペイン軍に従軍し、ジェームズ1世の旧教徒迫害に対する暗殺計画に参加。1603年帰国し、1605年11月5日イギリス議会の開院式当日に議会の地下室に火薬を仕掛ける(=火薬陰謀事件)が、密告により逮捕、処刑された。(国民は国王の無事を喜び、それ以来今日に至るまで彼等が逮捕された11月5日をガイ・フォークス・デイとして盛大に花火をあげて祝っている。)  詳しくはこちらをどうぞ!

◇ガイ・フォークスの焚き火祭り(Guy Fawkes Day/Bonfire Night)◇


11月5日。この日が近づくと子供たちはグループごとに何日もかけてボロで人形を作り、大きさや出来栄えを競いあう。そしてガイの人形を見せて"A penny for the (old) Guy(ガイに1ペニーおくれ)"と言い、通行人からこづかいをせびったり、家々をまわってお金をもらい、花火を買うための資金とする。当日の夜になると焚火をたき、ガイ人形を放り込んで燃やすので、Bonfire Nightとも呼ばれている。民間ではかがり火をたいたり花火を打ち上げたりするのが慣例となっているが、花火につきものの事故を防ぐために、最近では市や町が主催して広場や運動場などで大規模な花火大会を開く所もある。因みにガイフォークスの花火は、1m位の木の棒にCokeの500ml缶くらいの弾頭?がついた仲々危険な代物で、季節になると一発30〜50ポンドくらいで販売されている。〜一部Noriさんからの情報です、Thanks!
 


◆Filch, Argus--アーガス・フィルチ(学校の管理人)。Argusはギリシャ神話に出てくる巨人アルゴスのこと。普通の二つの眼の他に、背中に第三の眼、更には全身に百の眼があったと言われている。転じてArgusには「見張り人」の意味もある。Filchには「くすねる」の意が。


◆Fletcher, Mundungus--マンダンガス・フレッチャー(マグル製品不正使用取締局の調査でひっかかった魔法使い)。Mundungusは古英語で「モンドンゴ(ひどい臭いのタバコ)」のこと。Fletcherは「矢羽職人」を意味する。


◆Flitwick--フリットウィック先生。イングランド中部のベッドフォードシャー州にFlitwickという町がある。


◆Ford Anglia--フォード・アングリア(トルコ石色の、ウィーズリー氏の中古の車)。中等学校時代のローリング氏の親友、ショーンが乗っていたのがこの車。お陰でトルコ石色のフォード・アングリアは彼女にとって、退屈な生活から抜け出る”自由の象徴”となる。実際2巻でも、幽閉されたハリーを救いに来たのがこの車。


◆Fudge, Cornelius--コーネリウス・ファッジ(魔法省大臣)
Fudgeは英語で「ごまかす、はぐらかす」こと。”fudge and mudge”で「(政治家が)コメントを避ける、(のらりくらりと言いのがれして)決定を下すのを避ける」という意味。 Corneliusと同名の歴史上の人物に、3世紀の教皇・聖コルネリウス(在位251-253)がいる。ノヴァティアヌスがローマ司教の座を主張し「対立教皇」となった為252年にケントゥムケラエに流刑になり、翌年殉教した。...大臣のポスト危うし?



Godric's Hollow--ゴドリックの谷。Godは「神」、-ricは「管轄、領域」を表わす接尾語。Godricで「神の住まい」という意味。中世に聖ゴドリックという人がいた(商人として成功し、後に修道士として敬虔な生涯を送り聖人となった、1069?−1170)。


◆Granger, Hermione--ハーマイオニーのモデルは、シェークスピアの「冬物語」の主人公、王妃ハーマイオニー。「冬物語」のハーマイオニーは「神の恩寵(グレイス)」を象徴する役柄で、彼女の台詞にはGraceという言葉が幾度となく現れる。一方、我らがハーマイオニーにも「正しい事をしているのに誤解をされる知性」は共通しているように思える。 ローリング氏は「私が11才位だった頃は、優秀じゃなければいけないといつも考えていて、ちょっとハーマイオニー的だった」とインタヴューで語っている。

 

冬物語あらすじ◇


シシリア王レオンティーズは、自分の元に訪れた親友のボヘミア王ポリクシニーズと、自分の妻のハーマイオニーの仲を疑い、部下のカミロに彼を殺害し妻を投獄するよう命じる。王に狂気を感じたカミロはポリクシニーズを国外に脱出させ、自分もそのまま彼に仕えることに。
投獄されたハーマイオニーは、獄中で女児を出産するが、王はポリクシニーズの子に違いないと考え、部下にその子を捨てさせる。そして妻を裁判にかけ、一方的に糾弾するのであった。アポロンの神託が届き、彼女の無罪を告げるが、王は信じない。そこに最愛の息子の死の知らせが入る。母の不幸を悲しむ余り急死したのであった。王妃もショックで失神し、やがて亡くなる。この時やっと王は自分の過ちに気付くが、時すでに遅し。愚かな嫉妬心のせいで妻と二人の子供を失ってしまったのである。

それから16年後、ポリクシニーズの息子のフロリゼルが、羊飼いの娘パーディタとの駆け落ちを考えていた。父親に二人の交際を禁じられたからである。が、部下のカミロにレオンティーズ王に会ってみよと説得され、面会に行く。その間にカミロはパーディタの両親が持っていた包みを発見。中からハーマイオニーのマントなどが出てくる。娘は死んだと思われていた、レオンティーズとハーマイオニーの娘だったのだ。もはや反対する者のいない二人は 正式に婚約、一同は侍女が作らせたハーマイオニーの像の前で食事をする。レオンティーズ王が像の前で変わらぬ愛を誓いキスしようとすると、それは石像ではなくハーマイオニーその人だった。王妃を慕う侍女の計らいで今まで密かに生き続けてきたのである。レオンティーズは、ハーマイオニーに許しを請い、ようやく心の平穏を得たのであった。
 


◆Grindylow
--グリンデロー(水魔)。鋭い角を生やした緑色の生物。イギリス・ヨークシャーに伝わる「子供部屋の化け物」のひとつ。湖や川などに生息し、人間が近づくと水中に引きずり込むと考えられている。ニュート・スキャマンダー著「幻の動物とその生息地」には「イギリス及びアイルランドの湖に棲み魔法使いにもマグルにも攻撃的。水中人が飼いならしている」とある。

 

◇Nursery Bogies(子供部屋の化け物)◇


子供たちを危ない目にあわせないために、大人達が特別に作り出した生物がある。それらは「子供部屋の化け物(ボギー)」と呼ばれ、「大人しくしていないとトム・ドッキン(鉄でできた歯を持つ邪妖精)に食べられちゃいますよ!」とか「あの川に近づくとグリンデローに引きずり込まれるぞ」などのように、もっぱら脅しのために用いられる。その他子供部屋の化け物には、タンケラボーガス(クマに似た姿をした悪霊)やメルシュ・ディック(女性の姿をした木の実の守護妖精)などがいる。ランカシャーでは危ない川に落ちないようにする為に、緑の歯のジェニー(長い緑の髪に、緑の牙を持つ女性)を用いるようである。いずれにせよ今の時代の子供にはこういう脅しは効かなくなっているのかも知れない。(参考図書:「妖精Who's Who」キャサリン・ブリッグズ著)
 


◆Gryffindor
--グリフィンドール。Griffinギリシア神話 に出てくるグリフィン(ライオンの銅、ワシの頭と翼を持つ怪物)のこと。dorはフランス語のd'or「金の」のことかと思える。 Gryffindorで「金のグリフォン」。因みにグリフィンは中世ヨーロッパの紋章のデザインとして好んで使われた。又、 グリフォンと牝馬の間に生まれたのが、鷹の上半身に馬の下半身を持つヒッポグリフ。



参考図書:「妖精Who's Who(キャサリン・ブリッグズ著)」、「読んで旅する世界の歴史と文化−イギリス(小池滋監修)」 

 

 

ツイッターをフォロー YouTube

 

サイト内検索
カスタム検索

 

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ブルーレイ&DVD 内容


20周年『賢者の石』原書 各寮カバー4種 情報



『ファンタビ』シナリオ日本語版情報


8作目新刊『ハリー・ポッターと呪いの子』 情報


 

最新ニュース
  • USJハリー・ポッターまとめ:アトラクション・グッズなどUPDATE!
  • 大英図書館とコラボ「ハリポタ」新刊2冊10月発売NEW!
  • ダニエル・ラドクリフ、ひったくり被害者を手助けNEW!
  • USJ今年のハロウィーンは3つの新ホラーアトラクションNEW!
  • 新種のクモにアラゴグに因んだ名前NEW!
  • 『劇場版ポケモン キミにきめた』写真ギャラリーNEW!
  • イラスト版『幻の動物とその生息地』11月発売NEW!
  • 『ダンケルク』プレミア:ハリー王子とハリー・スタイルズが初対面NEW!
  • おしゃれな「ハリポタ」ファッション紹介NEW!
  • ハリポタ作者、新作をドレスの上に書いていたNEW!
  • エマ・ワトソン、スカイダイビングに挑戦NEW!
  • 『ファンタスティック・ビースト』第2章これまで分かったこと!NEW!
  • 『賢者の石』20周年記念版、特別コンテンツまとめNEW!
  • ハリポタ夕食会、今夏ロンドンで開催NEW!
  • ユニバーサル・ジャンプ・サマー徹底解剖 NEW!
  • USJ「ハチャメチャ・サマーナイト・パーティ」大熱狂NEW!
  • 『ファンタビ2』撮影開始!新キャスト・内容公開NEW!
  • ハリポタ映画 脇役たちの今昔NEW!
  • マジカルな「金のスニッチ」婚約指輪ケースNEW!
  • ダンブルドア、6つの名言NEW!
  • エマ・ワトソン、おススメ本100冊をパリに隠すNEW!
  • 【出版20周年】作者らお祝いコメントNEW!
  • USJミニオン・ハチャメチャ・ライド100万人突破NEW!
  • 20周年記念「ハリー・ポッター」が歩んだ20年NEW!
  • ハリー・ポッターの扮装人数でギネス記録NEW!
  • コミコン限定ファンコがマニアックすぎ?NEW!
  • ハリー・ポッターは2人いたNEW!
  • スタートレック新作、ジェイソン・アイザックス写真公開NEW!
  • 【スタジオ見学ツアー】衣装展が7月開催NEW!
  • ハリポタブッククラブ、スタートNEW!
  • JKR&ジュリー・ウォルターズ勲章授与NEW!
  • 【父の日】ハリー・ポッターの父親たちNEW!
  • 【悲報】トム・フェルトンが、プラハの街中で歌ったところ…NEW!
  • USJ夏の夜イベント開催決定NEW!
  • エマ・ワトソンのそっくりさん激似で有名にNEW!
  • ハリポタ衣装デザイナーが選んだベストドレス5着NEW!
  • 『ムービー・マジック第2巻』、『マジカルフィルム』発売NEW!
  • 【画像】USJミニオン・パーク徹底解剖NEW!
  • USJ「ハリポタ」エリア新ナイト・ショーまとめNEW!
  • 「USJハリポタ」ワンド・マジック鶴瓶と吉田沙保里が挑戦&新魔法を徹底解剖NEW!
  • USJミニオン・パーク徹底解剖!NEW!
  • 「USJハリポタ」新グッズ&人気商品NEW!
  • 「ファンタビ」ブルーレイ・DVD絶賛発売中発売NEW!
  • 『幻の動物とその生息地』日本語新装版が発売NEW!
  • JKR『ファンタビ』続編の内容まとめNEW!
  • ハリー・ポッターの杖型メイクブラシ発売NEW! 発売前から超人気NEW!
  • 【USJ冬イベント】クールジャパン2017NEW! | クールジャパン開幕 | ようかい体操・ザ・リアルミニオン・エリア
  • 【ネタバレ】『ファンタビ』続編ストーリー明らかに?NEW!
  • 『ファンタスティックビースト』俳優ファンレター宛先NEW!
  • 【ファンタビ特集】大雨のレッドカーペットNEW! | スペシャル・ファン・ナイト開催NEW! | キャストが初日舞台挨拶で鏡開きNEW! | 続編にジョニデ | 映画情報
  • ハリポタ/ファンタスティック・ビースト グッズ・リストNEW!
  • アマゾンでDVD・BDバーゲン中  ハリポタDVD1000円以下、ブルーレイ半額以下!NEW!
  • 【ロンドンレポート】「ハリー・ポッターと呪いの子」観劇レポ1 | 観劇レポ2 | 9と4分の3番線と公式グッズ店NEW!
  • ファンタビ日本語版関連本発売!NEW!
  • 「ハリポタ」ブルーレイ・DVD完全版NEW!
  • 【新作演劇『ハリー・ポッターと呪いの子』全まとめ】NEW!
    舞台と脚本書籍、これだけは知っておきたい
    書籍はバカ売れ!2日で200万部 | 日本語版は11月発売
    舞台レビューまとめ&批評家大絶賛
    テーマは父子関係、家族・愛
    舞台『呪いの子』パート1プレビュー公演開幕!ファンが喝采
    『呪いの子パート1』分かったすべて
    パート2公演は大成功
  • 【USJハリポタ2つのアトラクション・新グッズ】「ワンド・スタディ」徹底解剖「ワンド・マジック」徹底解剖広瀬アリス&すず姉妹がアトラクション新発表バタービールアイス、プレミアムマグカップ&ローストビーフ発売ナメクジゼリー
  • 【独占取材 マルフォイ親子W来日】
    来日サイン会でファンに大サービストム・フェルトン&ジェイソン・アイザックス来日高画質画像
  • 特典満載「ハリポタ」コレクターズ版DVD/BDがお安くなって再発売!NEW!
  • USJ「ハリポタ」エリア内でしか買えないおススメグッズ
  • 【人気記事】ハニーデュークス人気お菓子ランキングリニューアルした「ハニーデュークス」レポフェイスペイント
  • 【人気記事】映画本『ハリー・ポッター魔法族大図鑑』中身
  • 【人気記事】トム・フェルトン2015来日インタビュー「日本のファンは特別さ」高画質写真
  • 【人気記事】USJ「フォービドゥン・ジャーニー」世界初3D化!セレモニーにSMAP、トム・フェルトン出席| 高画質画像ハイライト動画
  • 人気【USJハリポタ徹底解剖】 >「ハニーデュークス」お菓子ベスト25ビバリーヒルズ・ギフトUPDATE!「ユニバーサル・スタジオ・ストアUPDATE!ダービシュUPDATE!フィルチUPDATE!グラドラグスホグワーツ城オリバンダーUPDATE!ハニーデュークスUPDATE! | ヒッポグリフ  グッズ・アトラクション高画質画像
  • 【USJハリポタくわしい情報♪】
    ★初めてでも迷わない!入場方法&整理券の取り方!
    ★USJハリポタに行く前に知っておきたい7つのこと
    ★夜景おすすめの撮影スポット
    ★並ばずに入る
    ★事前予約なし!入場券だけでスムーズに楽しむ
  • 【USJハリポタエリア高画質写真】UPDATE!
    ホグワーツ特急ハニーデュークスフィルチふくろう便オリバンダーヒッポグリフ
  • 【人気記事】USJハリポタついにグランドオープン!セレモニーレポ!前夜祭&初日画像
  • 【人気記事】USJ「ハリー・ポッター」前夜祭にイヴァナ・リンチ、トム・フェルトン、SMAP出席!
  • 【人気記事】エマ・ワトソンが脱いだ!チャリティ写真集で
  • 【人気記事】米オーランド「ダイアゴン横丁」まとめ
  •  
  • ワーナー・スタジオ見学ツアー、詳しいアトラクション・行き方・チケット購入方法など写真
  • 『ハリー・ポッター』ブルーレイ&DVD絶賛発売中!映画情報写真
  • 7巻のハンドブック、『ハリー・ポッター大事典1巻から7巻を読むために』絶賛発売中!



  •  

     


     

     

     

     



    Copyright© 2001-2017 Pottermania All Rights Reserved.
    Reproduction in whole or in part without permission is prohibited.
    当サイトの記事・情報・投票・画像を含むすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
    転載をご希望の方は事前にメールでご連絡ください。