「ウォールフラワー」 映画情報


2013年11月22日(金)より全国順次ロードショー

概要イントロダクションストーリー動画・写真UPDATE!プロダクション・ノートニュースクレジット

『ウォールフラワー』全商品



© 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
概要
■公開年:2013年11月22日
■ジャンル :ドラマ・ロマンス
■上映時間:103分
■スタッフ:
監督・脚本・原作:スティーブン・チョボスキー
■キャスト:
エマ・ワトソン
ローガン・ラーマン
エズラ・ミラー
■配給:GAGA

IMDb
写真は全てクリックで拡大


イントロダクション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ライ麦畑でつかまえて」の再来と絶賛され、社会現象となった〈青春小説の金字塔〉待望の映画化!
ただ生きているだけで心がときめき、ただ生きているだけで心が痛い。誰にでも覚えのある、そんな青春の甘く苦い日々を、鮮やかに切り取った小説「ウォールフラワー」。1999年にアメリカで出版され、10代から熱狂的な支持を獲得。批評家からも「ライ麦畑でつかまえて」の再来と絶賛され、ベストセラーを記録、社会現象を巻き起こした作品だ。

 それから13年、深く長く愛され、今や〈青春小説の金字塔〉となったこの物語の映画化が、ついに実現した。脚色・監督を手掛けるのは、作者のスティーブン・チョボスキー。彼は殺到する映画化のオファ ーを断り続け、自らの手によって最高の形で世に送り出せる時を待っていた。もともと映画作家で、『RENT/レント』の脚本などでも称賛されたチョボスキーが、ようやく自作の脚色を始めたと聞きつけた名優ジョン・マルコヴィッチがプロデューサーに名乗りを上げ、新たな才能に道を開いた。

ハリウッドの次世代を担う実力派若手スターの競演で贈る、 懐かしくて新しい80年代カルチャーの世界
「チャーリーは私だ」と、何百万人もの若者が深く共感した主人公には、『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のローガン・ラーマン。超大作で堂々と主演を張ったラーマンが全く違うキャラクターに挑み、新たな魅力を開花させた。  

チャーリーが崇拝する初恋の人サムには、『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役で世界的スターとなったエマ・ワトソン。自由奔放に見えて、実は心に不安を抱えている少女を、大胆かつ細やかに演じた。

サムの義理の兄で、エキセントリックなパトリックには、『少年は残酷な弓を射る』でセンセーショナルな演技を披露した、個性派のエズラ・ミラー。未来のハリウッドを担う若手スターたちの、等身大の瑞々しい演技が胸を打つ。  

物語の時代背景は、80年代後半から90年代初頭。ザ・スミス、デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ、ニュー・オーダー、ソニック・ユース、XTC、デヴィッド・ボウイら、いつ聴いても新たな発見をくれるアーティストたちの名曲が全編を彩る。また、映画『ロッキー・ホラー・ショー』や、「アラバマ物語」「路上」などの文学への目配せも見逃せない。  

今、青春映画の歴史に、堂々とその名を刻む、新たなる傑作が誕生した──!

ストーリー
16歳のチャーリー(ローガン・ラーマン)は、友だちゼロ。ガールフレンドなんて論外だ。いつも人の輪に入れない“壁の花(ウォールフラワー)”のチャーリーの存在を初めて認めてくれたのが、上級生のサム(エマ・ワトソン)とパトリック(エズラ・ミラー)だ。
義理の兄妹の二人は、何よりも自由を愛するはみ出し者で、学園カーストとは関係のない“特別席”で、眩しいほどに輝いていた。

そんな二人のグループに仲間として迎え入れられ、閉ざされた世界から解き放たれていくチャーリー。刺激的なパーティに真夜中のドライヴ、理由なんて無いバカ騒ぎ、胸を揺さぶる音楽や小説との出会い、悲しい時に側にいてくれる友だち、そして息も出来ないほど切ない初恋──。

だが、チャーリーの過去に秘められた“ある事件”が、光に満ちた日々に影を落としていく──。
プロダクション・ノート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼ら3人の出現を待っていたとしか思えない完璧なキャスティング
チャーリー役に起用されたローガン・ラーマンを、チョボスキーは絶賛する。「僕ほどチャーリーをわかっている人間はいないと思っていたが、ローガンはそれ以上だった。彼の演技はとても繊細だ。不器用だが、同時にハンサムで、前向きでもある」。

 ラーマンは小説の評判を知っていたが、脚本を受け取るまで読んだことはなかった。彼は即座にそして強烈に、物語とキャラクターたちに反応したと語る。「感情に圧倒されたんだ。人物たちがとてもリアルで面白い。何としてもこの映画にだけは参加したいと思った」。

 サムを演じたエマ・ワトソンについて、チョボスキーはこう語る。「僕にとってサムは完璧な女の子だ。エマがこのキャラクターにとって、パーフェクトな俳優だとわかるのに5分もかからなかった。彼女にはどこか孤独なところがある。実はこれは、解放されたいと切望する彼女のための役なんだ」。

 ワトソンは最初に脚本を読んだ時のことを振り返る。「読み終わった時、泣いていたわ。彼らに共感できないなんて、あり得ない」。ハーマイオニーを演じたワトソンは、愛される架空のキャラクターに命を吹き込むリスクを十分承知している。「困難から困難に真っ直ぐ飛び移ったような気がしたわ。ハーマイオニーと同じくらい、みんなサムのことが好きなの。私はただ、小説の素晴らしさを十分伝えられたことを願うばかりだわ」。  

パトリックは機知に富み、全く型にはまらない、並外れた人間だ。「エズラ・ミラーを起用した理由は、一番クールで強いのが、このゲイの青年だからだ」とチョボスキーは語る。ミラーは「『ウォールフラワー』は、僕にすごい影響を与えてくれた小説だ。痛みに直面しても尊厳を忘れなければ、それが残りの人生を通して力を与えてくれると教えてくれた」と語る。

 チョボスキーは常に、この映画の中の友情がスクリーン上で信じられるためには、実生活も同じでなければと感じていた。「全員に、熱く焼けるような青春を体感してもらうことが本当に大切なのだと伝えた。彼らは仲間意識をもち、友情を育んだ。それが映画にそのまま反映されている」

リアルなロケ撮影の背景を固めた、あの頃の音楽
主な撮影は、チョボスキーが育った、ピッツバーグ郊外のピーターズ・タウンシップ、ベセル・パーク、ドーモント、アッパー・セント・クレアなどで行われた。ミル・グローヴ高校のシーンは、ピーターズ・タウンシップ高校で撮影され、『ロッキー・ホラー・ショー』のシーンは、歴史的なドーモント・ハリウッド・シアターで撮影された。

 自身の若かりし頃を再現したチョボスキーにとって最も意義深かったのは、映画のためにまとめたサウンドトラック。特に不可欠だったのは、ザ・スミスの「アスリープ」だ。音楽スーパーバイザーのアレクサンドラ・パットサヴァスも自分のアイデアを出し、チョボスキーにはなじみのない曲を勧めた。

「彼女はあの時代にとても情熱をもっていた。聴いたことがなかったけれど、これから死ぬまで愛せるような曲を紹介してくれた。僕にとってサウンドトラックは時代を反映するミックステープであり、トーンを決めるものなんだ。この映画の音楽を本当に誇りに感じているよ」とチョボスキーは胸を張る。


18年間温め続けたクライマックスシーンの撮影
最も重要なシーンは、3人がフォート・ピット・トンネルを通って、広大なピッツバーグの街のスカイラインを眺める橋へと車を走らせる場面。

このシークエンスを撮影するのは夢だったとチョボスキーは語る。「彼らがトンネルを飛ぶように疾走するイメージを、18年間思い描いていた。ついにそれを撮影できて、本当に最高の気分だった」。  

ワトソンは最初、スタントで撮影することになっていたが、自分でやると決意し、チョボスキーを説き伏せた。彼女は、約100キロでトンネルを疾走するピックアップトラックの荷台の上で、ロープ1本を身体につないだだけの状態で立ち上がった。「両手をあげたら、気持ちが高ぶって泣き出してしまったわ。あれは間違いなく、私の人生で最高の瞬間の一つだったわ」とワトソンは振り返る。

ラーマンもまた自分でやることにこだわった。「トンネルを抜けると街の明かりが見えた。あんな経験はしたことがない。言葉では表現できないよ」。  

小説と映画の両方に登場するこの“飛翔”のイメージが、観客の心に残ってほしいとチョボスキーは願う。「僕たちが完璧であることの証しなんだ。“無限”はこのあとの気持ちを表現する完璧な言葉だった。僕たちの人生は良くなるしかない。上昇するしかないんだ」。  

クランクアップの前の日、経験豊富なベテランスタッフでさえ泣いていたとチョボウスキーは語る。「エズラは目を泣き腫らして大声をあげていた。僕たち全員が感動していた。僕が力の限り描いた小説を、最も誇り高く反映した作品、それがこの映画なんだ」。

ニュース
■2013年
  • エマ・ワトソン「プロのポールダンサーになれない」カンヌ映画祭インタビュー!
  • 【動画】エマ・ワトソン新作映画ポールダンスのクリップが公開!ワン・ ダイレクション、ハリー・スタイルズとの交際の真相を語る!

  • ★2012年ニュース
  • エマ・ワトソン、『ウォールフラワー』でハリポタを卒業!?(8/12)
  • エマ・ワトソン、『ウォールフラワー』予告編でバーレスク風セクシー衣装を披露!
  • エマ・ワトソン、新作『ウォールフラワー』9月米公開!Maxim誌「最もホットな女性リスト」にランクイン!(5/29)
  • エマ・ワトソン、ポールダンスをエンジョイ!(5/13)
  • エマが主役の恋人を演じる映画『ウォールフラワー』、RP-13で米国公開に!(3/12)

  • ★2011年ニュース
  • 新作『ウォールフラワー』撮影で白衣に!(6/4)
  • 新作『ウォールフラワー』撮影合間にすっぴん披露!(5/18)
  • エマ・ワトソン、ベストセラー小説の映画化で『パーシー・ジャクソン』と共演決定!(1/26)
  • 動画・写真
    【映画『ウォールフラワー』予告編】11月22日公開


    『ウォールフラワー』場面写真・メイキング・ポスター画像



    【映画『ウォールフラワー』メイキング】


    【映画『ウォールフラワー』クリップ】エマ・ワトソンダンスシーンNEW!


    【映画『ウォールフラワー』クリップ】また友だちになれる?NEW!


    クレジット
    『ウォールフラワー』(原題:The Perks of Being a Wallflower)
    ■監督・脚本・原作: スティーブン・チョボスキー 
    ■出演:エマ・ワトソン、ローガン・ラーマン、エズラ・ミラー 他
    ■撮影監督:アンドリュー・ダン
    ■編集: メアリー・ジョー・マーキー
    ■美術: インバル・ワインバーグ
    ■衣装: デヴィッド・C・ロビンソン
    ■音楽スーパーバイザー アレクサンドラ・パットサヴァス
    ■音楽: マイケル・ブルック
    ■プロデューサー: リアンヌ・ハルフォン ラッセル・スミス ジョン・マルコヴィッチ
    ■製作総指揮 :ジェームズ・パワーズ スティーブン・チョボスキー
    2012/アメリカ/103分/カラー/ビスタ/字幕翻訳:石田泰子





    ツイッターをフォロー YouTube

    サイト内検索
    カスタム検索

     

    日本語『ハリー・ポッターと呪いの子』愛蔵版 ハリー・ポッターの家系図付き 情報


    Amazon人気タブレット「Fire HD 10」がフルHDに プライム会員なら4,000円OFF!ビデオ用クーポン770円分プレゼント中!



    『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』イラスト版情報


    20周年『賢者の石』原書 各寮カバー4種 情報


     

    最新ニュース
  • ハリー・ポッターの最新ニュースをチェック!
  • USJハリー・ポッターまとめ:アトラクション・グッズなどUPDATE!
  • 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ファーストルック写真キャラクター解説NEW!
  • ファンタビ続編のタイトルが発表&ファーストルック解禁NEW!
  • 【画像】ワーナーが謎の予告!今晩『ファンタビ2』の何かが発表!NEW!
  • 【USJ】ハリポタ・エリア新グッズ!NEW!
  • 【動画・写真】USJ「ハリポタ」魔法界のクリスマス徹底解剖NEW!
  • 【動画・写真】USJ「ハリポタ」キャッスル・ショーが初登場!吉田沙保里選手が大感動NEW!
  • 【画像・写真】新ツリー登場!ユニバーサル・ワンダー・クリスマス2017徹底解剖NEW!
  • ハリポタ杖のビジュアルガイドブック発売NEW!
  • クールジャパン2018『名探偵コナン』は新リアル脱出ゲーム&推理ライブ・レストランNEW!
  • 「ハリポタGO」が現実に!ポケモンGOのナイアンティック開発NEW!
  • マグルの父親が「ダイアゴン横丁」を完璧に再現NEW!
  • カラーイラスト版『幻の動物とその生息地』発売NEW!
  • エディ・レッドメインが2児のパパに!妻ハンナ・バグショーが妊娠NEW!
  • 11/5はガイ・フォークス・デーNEW!
  • USJクールジャパン2018に、自分がハンターになれるモンハンNEW!
  • 「ファンタビ2」新写真公開、クリーデンスの今後NEW!
  • 【画像・動画】「ファンタビ」PlayStation VR専用用ソフト2017年発売へNEW!
  • 【USJ】ハリポタなど次世代パレード2018年に誕生NEW!
  • ハリー・ポッターとハロウィンNEW!
  • 「死の秘宝」マークのインスピレーション源は「フリーメイソン」!NEW!
  • 【画像】日本オリジナルハリポタLINEスタンプNEW!
  • 出版不採用となった『賢者の石』あらすじ公開NEW!
  • 舞台「呪いの子」オーストラリアで上演決定!NEW!
  • JKR、ハリポタスケッチの悲話を明かすNEW!
  • 「ミナリマMinaLima」ミラフォラ・ミナ、独占インタビュー&来日約束NEW!
  • Dラドクリフ、新作でヌード披露&白身魚で減量NEW!
  • 【動画・写真】大英図書館「ハリポタ展」開幕!メディア内覧会開催NEW!
  • 大英図書館「ハリポタ展」公式本本日発売NEW!
  • ルシウス・マルフォイ、新種のハチの名前にNEW!
  • 『驚きの魔法グッズ』11月発売NEW!
  • 日本語『アズカバンの囚人』イラスト版発売NEW!
  • 『呪いの子』日本語愛蔵版12月発売NEW!
  • 著名な錬金術師のニコラス・フラメル、『ファンタビ2』に登場NEW!
  • 2018年ハリポタ&ファンタビ カレンダーNEW!
  • 20周年記念「ハリー・ポッター」が歩んだ20年NEW!
  • 【画像】USJミニオン・パーク徹底解剖NEW!
  • 『幻の動物とその生息地』日本語新装版が発売NEW!
  • 「ファンタビ」ブルーレイ・DVD絶賛発売中
  • JKR『ファンタビ』続編の内容まとめNEW!
  • 『ファンタスティックビースト』俳優ファンレター宛先
  • 【ファンタビ特集】大雨のレッドカーペット | スペシャル・ファン・ナイト開催 | キャストが初日舞台挨拶で鏡開き| 映画情報
  • ハリポタ/ファンタスティック・ビースト グッズ・リスト
  • 【ロンドンレポート】「ハリー・ポッターと呪いの子」観劇レポ1 | 観劇レポ2 | 9と4分の3番線と公式グッズ店
  • 「ハリポタ」ブルーレイ・DVD完全版
  • 【新作演劇『ハリー・ポッターと呪いの子』全まとめ】舞台と脚本書籍、これだけは知っておきたい
  • 【USJハリポタ新アトラクション】「ワンド・スタディ」徹底解剖「ワンド・マジック」徹底解剖
  • 【独占取材 マルフォイ親子W来日】
    来日サイン会でファンに大サービストム・フェルトン&ジェイソン・アイザックス来日高画質画像
  • 特典満載「ハリポタ」コレクターズ版DVD/BDがお安くなって再発売
  • USJ「ハリポタ」エリア内でしか買えないおススメグッズ
  • 【人気記事】ハニーデュークス人気お菓子ランキングリニューアルした「ハニーデュークス」レポフェイスペイント
  • 【人気記事】トム・フェルトン2015来日インタビュー「日本のファンは特別さ」高画質写真
  • 【人気記事】USJ「フォービドゥン・ジャーニー」世界初3D化!セレモニーにSMAP、トム・フェルトン出席| 高画質画像ハイライト動画
  • 人気【USJハリポタ徹底解剖】 >「ハニーデュークス」お菓子ベスト25ビバリーヒルズ・ギフトUPDATE!「ユニバーサル・スタジオ・ストアUPDATE!ダービシュUPDATE!フィルチUPDATE!グラドラグスホグワーツ城オリバンダーUPDATE!ハニーデュークスUPDATE! | ヒッポグリフ  グッズ・アトラクション高画質画像
  • 【USJハリポタくわしい情報♪】
    ★初めてでも迷わない!入場方法&整理券の取り方!
    ★USJハリポタに行く前に知っておきたい7つのこと
    ★夜景おすすめの撮影スポット
    ★並ばずに入る
    ★事前予約なし!入場券だけでスムーズに楽しむ
  • 【USJハリポタエリア高画質写真】UPDATE!
    ホグワーツ特急ハニーデュークスフィルチふくろう便オリバンダーヒッポグリフ
  • 【人気記事】USJハリポタついにグランドオープン!セレモニーレポ!前夜祭&初日画像
  • 【人気記事】USJ「ハリー・ポッター」前夜祭にイヴァナ・リンチ、トム・フェルトン、SMAP出席!
  • 【人気記事】エマ・ワトソンが脱いだ!チャリティ写真集で
  • 【人気記事】米オーランド「ダイアゴン横丁」まとめ
  •  
  • ワーナー・スタジオ見学ツアー、詳しいアトラクション・行き方・チケット購入方法など写真
  • 『ハリー・ポッター』ブルーレイ&DVD絶賛発売中!映画情報写真
  • 7巻のハンドブック、『ハリー・ポッター大事典1巻から7巻を読むために』絶賛発売中!





  • Copyright© 2001-2017 Pottermania All Rights Reserved.
    Reproduction in whole or in part without permission is prohibited.
    当サイトの記事・情報・投票・画像を含むすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
    転載をご希望の方は事前にメールでご連絡ください。