ハリー・ポッターとアズカバンの囚人


トリビア/雑学事典


【トリビアメニュー】
賢者の石 | 秘密の部屋 | アズカバンの囚人 | 炎のゴブレット | 不死鳥の騎士団 | 謎のプリンス


ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 トリビア

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」は当初、スティーブン・スピルバーグが監督するのではないかと噂された。[7/2/2002]

クリス・コロンバスはハリー・ポッター3作目の監督を辞退したが、理由は「家族と過ごす時間がもっと欲しい」から。だが「4作目の監督を受ける用意はある」と語っている(その後4作目の監督はマイク・ニューウェルに決定した)。[11/16/2003・7/2/2002]

監督候補として挙がっていたのは、アルフォンソ・キュアロン(「天国の口、終わりの楽園。」)、キャリー・クーリ(「ディバイン・シークレット・オブ・ヤーヤー・シスターフッド」)とケネス・ブラナー。 結局キュアロンがメガホンをとった。[11/16/2003・7/2/2002]

この作品はハリー・ポッター・シリーズ5作品の中で、ヴォルデモートの名前は出てくるが姿は登場しない唯一の物語。[7/2/2002]

2003年2月、スコットランド西部フォートウィリアムで撮影中に、ホグワーツ特急が火元とみられる原野火災が発生し、近所の住民が一時避難する騒ぎがあった。 近くの渓谷にかかる高架橋付近の原野40ヘクタール余りを焼き、翌日に鎮火した。俳優やエキストラの地元小学生40人らに負傷者はなかったが、火元は蒸気機関車から飛び散った火花だった。[11/16/2003]

チョウ・チャン役にBoAなどの噂が出たが、結局3作目に登場しないことになった。また、ショーン・ビガースタッフ(オリバー・ウッド役)も登場せずファンをガッカリさせた。[11/16/2003]


半鳥半馬の動物ヒッポグリフは、当時の映画史上最も高額なアニマトロニクスとなった(製作費用は100万ドル<約1億800万円:1ドル108円で計算> )。[11/16/2003]

ハグリッドの代役は元ラグビー選手のマーティン・ベイフィールド(Martin Bayfield)氏が務めた。またキックボクシング元チャンピオンのスペンサー・ワイルディングが、ルーピン先生が変身するオオカミを演じた。[11/16/2003]

イギリスのブレア元首相の長男ユアン・ブレア(当時19歳でブリストル大在学)が夏休みの間、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の雑用係をした。彼の仕事はキャストやクルーの昼食のオーダー取りや電話のメッセージの伝達といった使い走りだった。[11/16/2003]

ハグリッドの小屋はスコットランド・グレンコーの国道沿いに建てられたため、観光バスなどでファンがひっきりなしに訪れた。このセットはリーブスデン・スタジオの作業員が数ヶ月がかりで建設したものだが、プラスチック製のかぼちゃや石膏で出来た石などが盗まれ、その後セキュリティが強化された。[11/16/2003]

スコットランドの幾つかの高校からエキストラの学生が雇われ、出演料として1日あたり35ポンド(約1万円)が支給された。しかし授業のある平日にも撮影に参加していたため、規則の厳しい学校は学生からその出演料を没収していた。運の悪いその14人の生徒は、週末の出演料しか自分たちのものにすることができなかった。しかし、学校によっては生徒が出演料を受け取ることを許している所もあり、父兄から反発が出た。[11/16/2003]

雨の日のクィディッチのシーンでは、選手たちはローブの下に防寒スーツを着用した。[11/16/2003]

3作目のマルフォイ役のトム・フェルトンの髪型は、1・2作目と違いジェルでオールバックに固められていない。[11/16/2003]

リチャード・ハリスの逝去後、ダンブルドア役の後継者にクリストファー・リー、イアン・マッケランなどの名前が挙がったが、結局マイケル・ガンボンに決定した。(イアン・マッケランがダンブルドアを断った理由)[11/22/2003]

視覚効果チームは6ヶ月かけて、アズカバンの看守・ディメンター(吸魂鬼)を作り上げた。[11/22/2003]

「闇の魔術に対する防衛術」教師リーマス・ルーピン役の候補に挙がった俳優は、クリスチャン・ベール、ユアン・マクレガー、コリン・ファース、ロナン・ヴィバート、ショーン・ビーン。[11/22/2003]

シリウス・ブラック役には、ジュード・ロウ、ジェフ・ホードリー、ロブソン・グリーン、ヴィゴ・モーテンセン、ジョセフ・ファインズの名が挙がった。[11/22/2003]

美術班は、映画を暗く無気味な雰囲気にするために苦労した。ホグズミード村がチョコレート箱のように可愛らしく見えないよう、美術のスチュアート・クレイグは村のメインストリートをまがまがしくくねらせた。[11/22/2003]

ハニーデュークスの店内は床から天井まで、砂糖でできたメキシコのドクロなどのサイケデリックな品々で埋め尽くされている。キャストたちはハニーデュークスのお菓子にニスが塗ってあると聞かされていたが、それは撮影の合間に食べられないようにするための真っ赤な嘘だった。[11/22/2003]

マジシャンのポール・キエーブが、PoAの魔法効果を担当。ダニエル・ラドクリフやエマ・ワトソンらキャストにマジックのレッスンをした。居酒屋「三本の箒」のシーンでは、カメオ出演もしている。[7/5/2004]

ホグワーツ特急に用いた列車が落書きされたため、撮影は一時中断された。[7/5/2004]

ハニーデュークスのセットは、「賢者の石」でオリバンダー杖店、「秘密の部屋」の映画ではフローリシュ・アンド・ブロッツ書店として使われたもの。[7/5/2004]


ルーピン役を演じたデビッド・シューリスは、映画1作目でクィレル教授の候補にあがっていた。[7/5/2004]

ギレルモ・デル・トロに「アズカバンの囚人」の監督をしないかとオファーが来たが、彼は(PoAの代わりに)「ヘルボーイ」を選んだ。[7/5/2004]

エマ・トンプソンは、(ハリポタ好きの)4歳になる長女のガイアちゃんを感心させるために、トレローニー教授役を引き受けた。[7/5/2004]

ゲーリー・オールドマンいわく、シリウス・ブラック役を引き受けたのは「仕事が欲しかったから」。オールドマンの最後の出演作は2002年に撮影した「SIN/凶気の果て」で、その後1年以上仕事をしていなかった。[7/8/2004]

キュアロン監督の契約書には、子供たちの前で汚い言葉を使うことを禁じる項目があった。[7/8/2004]

キュアロン監督はダニエル・ラドクリフの演技指導をしたが、「すごい!」とハリーが感心する場面で、監督は「バタフライ(ヌードダンサーが下半身につける三角布)姿のキャメロン・ディアスを見ているつもりになってごらん」と助言し、うまくいった。[7/8/2004]

カメオ出演:英ロックバンド「ストーンローゼズ」のイアン・ブラウンが、映画冒頭の「漏れ鍋」のシーンで、「A Brief History of Time」を読んでいる客(魔法使い)としてカメオ出演している。
イアン・ブラウンはキュアロン監督の友人で、最初は居酒屋の亭主役をもらったが、特殊メイクをするのがいやで断った。[7/8/2004]

忍びの地図が初めて登場するシーンでは、ニュート・スキャマンダーの名前が地図上で見られる。しかし彼は『幻の動物とその生息地』の著者であって、ホグワーツの教師ではない。(ニュート・スキャマンダーの映像はこちら)[7/8/2004]

アルフォンソ・キュアロンは4作目の監督も依頼されたが、PoAのポストプロダクションと重なるからという理由で断った。代わりに監督に選ばれたのはマイク・ニューウェル。[7/14/2004]

映画がイギリスで(2004年)5/31に公開されるや503万ポンドの興行成績を上げ、当時のイギリスでの初日の興収としては最高記録となった。[7/14/2004]

ワーナー・ブラザーズは映画の海賊版対策として、映画館の案内係に暗視ゴーグルを配って(劇場内を)監視させた。 [7/14/2004]

ホグワーツの中庭の噴水には、ワシがヘビを食べている像が幾つか置かれているが、これはメキシコ人のキュアロン監督への記念碑。これと同じ絵柄がメキシコの国旗にも描かれている。(注:IMDbにはホグズミードとありますが、ホグワーツの間違いと思われます。)[7/14/2004]

ダニエル・ラドクリフの音楽好きを知り、ゲイリー・オールドマンは彼に最初に会ったときにベースギターをプレゼントした。[7/16/2004]

ハリーが双子から「忍びの地図」をもらうシーンで、作者の1人ムーニー"Moony"のスペルが、"Mooney"となっている。しかしこれは間違いではなく、というのも映画の視覚効果監督の名はカール・ムーニー(Karl Mooney)と言い、仲間内のジョークとしてわざとMooneyにしていたから。[7/16/2004]

大広間で聖歌隊が歌う「Double,Double・・」の歌の歌詞は、『マクベス』第四幕第1場の魔女のセリフからの引用。

シェークスピアはこのセリフを本物の魔女から"拝借"し、そのため芝居は魔女の呪いをかけられてしまったという言い伝えがある。演劇界で「マクベス」は不吉な劇とされ、劇場内で「マクベス」と言うのは縁起が悪いという迷信があるのは、そのせいである。(役者は「マクベス」の代わりに「スコットランドの芝居」などの言い方をする)[7/16/2004]

監督カメオ出演1:ハリーがピーター・ペティグリューを探しに歩くシーンで、明かりがまぶしいと彼に文句を言う肖像画の中の若い魔法使いは、キュアロン監督。 [7/18/2004]

ハリーがルーピン先生からディメンター防衛術を教わる部屋は、「秘密の部屋」でダンブルドア校長のセットだった。 [7/18/2004]

監督カメオ出演2:ハリーが「三本の箒」の中に入るシーンで、2本の火のともったロウソクを持って座っている魔法使いは、キュアロン監督。 [7/18/2004]

キュアロンに監督の依頼が来たとき、彼はハリー・ポッターの原作・映画とも見た(読んだ)ことがなかった。 [7/18/2004]

ポール・ホワイトハウスが演じたカドガン卿の(セリフを話す)シーンは、映画からカットされてしまった。彼は2004年6月、手紙で自分にサインを求めてきた人に「残念ながら、私は無情にもハリー・ポッターからカットされてしまいました」との返事を書いたという。 [7/18/2004]

ルーピン先生がボガートの授業の時に蓄音機でかけた音楽は、「1941」という映画のサウンドトラックに収録されている"Swing, Swing, Swing"という曲。作曲はもちろんジョン・ウィリアムズ。〜Thanks to ちぅいちさん! [posted at JST 1/12/2005]

トレローニー先生の部屋には魔法のように山積みになったティーカップが1100個もある。[posted at JST 1/12/2005]

ルパート・グリントはハニーデュークスに入りびたりだった。彼に言わせると「ガイコツの形をしたゼリーと、頭骸骨の形をしたゼリーが最高」とか。[posted at JST 1/12/2005]

(ハニーデュークスのお菓子の数が多いので)お菓子を包むことを専属に行うチームがいた。[posted at JST 1/12/2005]

キュアロン監督はトリオの違いを出すため、制服を自分の好きなように着るよう子供たちに指示した。ロン役のルパート・グリントは、シャツのすそを半分出し一番上のボタンは外してだらしない感じに、
ハリー役のダニエル・ラドクリフは、ルパートよりはちゃんと着こなした。 
しかしエマ・ワトソンだけは、優等生ハーマイオニーの役なので、全てきちんと完璧に着こなした。[posted at JST 1/15/2005]

ホグズミードのお菓子店「ハニーデュークス」には、骸骨の形をした砂糖菓子が置かれている。これはキュアロン監督の故郷メキシコで、「死者の日」(お盆)に飾られるガイコツ型のお菓子を模したもの。[posted at JST 1/15/2005]

監督はトリオから意見を聞こうと、撮影前にレポート(エッセイ)を提出させた。エマはハーマイオニーらしく65ページも書き上げ、ダニエルも2〜3ページのものを提出した。 しかしルパート・グリントは書くのを忘れてしまい、監督から「書かなかったのはロンらしい」と言われて提出をまぬがれた。[posted at JST 1/15/2005]

吸魂鬼がホグワー ツの湖に登場した際に赤い花を凍らせていくが、この花の名前は「ジギタリス」という。
「ジギタリス」はfoxglove(キツネノテブクロ/狐手袋)とも呼ばれ、古くからその葉を乾燥して細切りにしたものが強心薬として用いられた。英国では死者の魂が宿る草や妖精の草とみなされ、これを家や船に持ちこむことを嫌ったという。美しいが毒があるので、花言葉は「不誠実」。(解説は『平凡社世界大百科事典』より) 〜Thanks to ぺろりさん! [posted at JST 20:11/5/24/2005 ポッターマニア 無断転載禁止]

寝袋のシーンの撮影では、ダニエル・ラドクリフは本人のたっての希望で、当時好きだった女生徒の隣で寝られるようにしてもらった。
しかしアルフォンソ・キュアロン監督、マイケル・ガンボン(ダンブルドア)とアラン・リックマン(スネイプ)は、そんなダニエルの寝袋の中に、遠隔操作できるブーブークッションをこっそり設置。撮影中に大きなおならの音が鳴り、みんなに大笑いされた。

ハリー・ポッターの原作本を読むのは無駄だと考えたマイケル・ガンボンは、ダンブルドアを演じていた間、全く読まなかったという。(IMDb)

マイケル・ガンボンがリチャード・ハリスの役を引き継いだのは、本作が初めてではない。ハリスが1988年に映画『メグレ』で演じたメグレ警部を、1992年の同名のテレビシリーズで演じている。(IMDb)

3作目からフリットウィック先生の外見が変わったことについて、同先生を演じたワーウィック・デイヴィスは次のようにツイッターで説明している。

「『アズカバンの囚人』の脚本にフリットウィックは入ってなかったけど、僕を登場させたいと思ったプロデューサーが『聖歌隊の指揮者』として(外見を変えて)入れてくれたんだ。4作目の監督は、3作目の先生の外見が気に入って、以降、あの姿が引き継がれたんだよ」。


アルフォンソ・キュアロン監督にとって、デビッド・シューリスがルーピン役の第一希望だった。シューリスは、クィレルを演じたイアン・ハートから「ルーピン先生は本の中で最高の役」とアドバイスされ、この役を引き受けた。(IMDb)NEW!

 

ゲイリー・オールドマンは自身が演じたシリウス・ブラックについて、「彼は過去に取り憑かれた男。過去から脱却できないでいる。ハリーは彼の友人だったジェームズにそっくり。だからハリーと過ごすことでジェームズとの友情を確認し、ハリーにジェームズのようになって欲しいと思っている」と語っている。(Film Wizardry)NEW!

 





ツイッターをフォロー YouTube

サイト内検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

 

 

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』新装版上 発売中情報 下巻 NEW!


『あつまれ どうぶつの森 完全攻略本+超カタログ 』(攻略本)NEW!


『あつまれ どうぶつの森 ザ・コンプリートガイド』(攻略本)NEW!


あつまれ どうぶつの森 -Switch(パッケージ版)NEW!


20周年記念版 ホグワーツ4寮デザイン『不死鳥の騎士団』 情報


 

最新ニュース
  • ポッターマニア最新ニュースUPDATE!
  • ハリポタ・ファンタビ最新グッズリストUPDATE!
  • 魔法ワールドイベントスケジュール2020NEW!
  • ポタマニバック・トゥ・ホグワーツ2020キャンペーンNEW! 拡大画像NEW!
  • 【書籍】ハリポタ「おりがみ」「魔法の箒コレクション」日本語版、今秋発売NEW!
  • 『秘密の部屋』日本語20周年おめでとうNEW!
  • 瓶入りバタービール、英国発売NEW!
  • 【洋書】ホグワーツのクリスマスなど10月発売!NEW!
  • 第15回「声優アワード」投票、新人発掘オーディション受付スタートNEW!
  • ユニバーサル北京「ハリポタエリア」動画公開NEW!
  • ダン・フォグラー、『ファンタビ3』のハグリッドの噂に反応NEW!
  • LEGOハリポタ 2020アドベントカレンダー発売中NEW!
  • 【USJ】年パス保持者限定「お得」なキャンペーン開始NEW!
  • ロバート・パティンソン、新型コロナに感染NEW!
  • 映画『ファンタビ3』、10月から撮影開始NEW!
  • 【USJ】安心安全な新ハロウィーンイベント9/18から開催NEW!
  • 【米グッズ】「金のスニッチ」チョコが発売NEW!
  • 【レゴ】5,544ピースの大型「ダイアゴン横丁」発売NEW!
  • 【ホグワーツ新学期】バックトゥーホグワーツ ライブ配信が開催NEW!
  • J・K・ローリング、人権団体からの賞を返上NEW!
  • 『ハリー・ポッターと呪いの子』新書サイズで発売NEW!
  • 【米国グッズ】ビルド・ア・ベアからホグワーツ4寮のぬいぐるみが登場NEW!
  • 【USJ】「ワクワクWEBきっぷ」の発売期間を延長NEW!
  • ハリー・ポッター2021年用カレンダーNEW!
  • 『ザ・バットマン』9月撮影再開へ!『ファンタビ3』も!?NEW!
  • 【画像】英スタジオツアーロンドン営業再開!スリザリン祭り開催中NEW!
  • 【ホグワーツ新学期】今年は「バック・トゥ・ホグワーツ」ライブ配信が開催NEW!
  • 【トワイライト】『ミッドナイト・サン』が大ベストセラーにNEW!
  • 【日本語】ミナリマ『賢者の石』、イラスト版『クィディッチ今昔』など3冊、10月20日同時発売NEW!
  • 映画『賢者の石』、公開19年目にして世界興収10億ドルに王手NEW!
  • 【正式契約】ハリポタ「スタジオツアー東京」としまえん跡地に2023年前半オープン決定NEW!
  • スマホゲーム「ハリー・ポッター:呪文と魔法のパズル」事前登録開始NEW!
  • 【新グッズ】「ハリポタ」ICパスケース、ワイヤレス充電器、薄型モバイルバッテリーなど発売NEW!
  • 【新グッズ】ハリポタiPhoneスクエアガラスケース発売NEW!
  • 日本語版「イッカボッグ」無料配信スタートNEW!
  • 洋書『Harry Potter: Film Vault』11・12巻発売中NEW!
  • 【K-SWISSXハリポタ】ホグワーツ4寮をモチーフにしたモデル日本発売!女性サイズも登場NEW!
  • 【グッズ】ねんどろいどルーナ・ラブグッド12月発売NEW!
  • JKR新童話『イッカボッグ』を無料公開NEW!
  • 「ハリー・ポッターと魔法の歴史」展、2021年に開催延期NEW!
  • 【和書】『ハリー・ポッター映画大図鑑』第5〜8巻発売NEW!
  • 【ねんどろいど】クィディッチのドラコ&ダンブルドア11月発売NEW!
  • ハリポタ・バーチャル背景画像が配信中UPDATE!
  • 【和書】『ハリー・ポッター映画大図鑑』第1〜4巻発売中NEW!
  • 「トワイライト」新作『ミッドナイト・サン』発売NEW!
  • 【洋書】20周年記念版 ホグワーツ4寮デザイン『不死鳥の騎士団』発売NEW!
  • 【和書】新装版ハリポタ 続々発売中NEW!
  • 「賢者の石」オーディオブック無料配信中!新サイト「ハリー・ポッター・アット・ホーム」登場NEW!
  • 【新型コロナウイルス】家庭や職場でできるパンデミック対策NEW!
  • 舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』、2022年夏に日本初上陸!NEW!
  • ねんどろいど ドラコ・マルフォイ発売 NEW!
  • 【グッズ】ハリポタが「ねんどろいどどーる」に!NEW!
  • 『黒い魔法使いの誕生』BD・DVD発売中NEW!
  • 『アズカバンの囚人』20周年版特別コンテンツ紹介NEW!
  • 「ファンタビ」映画オリジナル脚本版日本語版 英語版NEW!
  • 【ファンタビ2キャスト来日イベント動画・写真】 初日舞台挨拶、鏡開きで大ヒット祈願 | スペシャルファンナイト」レポート | レッドカーペットイベント開催 |  高画質写真NEW!
  • 映画『ファンタビ』関連本、ハーパーコリンズ社から発売NEW!  『魔法のアーカイブ』中身紹介&ミナリマインタビューNEW!
  • 宮野真守が朗読!『幻の動物とその生息地』オーディブル版が発売!NEW!
  • 日本語『賢者の石』20周年記念版発売NEW!
  • 20周年デザイン『秘密の部屋』寮ごとのコンテンツ紹介NEW!
  • 『ファンタスティックビースト』俳優ファンレター宛先
  • 【ファンタビ前作特集】大雨のレッドカーペット | スペシャル・ファン・ナイト開催 | キャストが初日舞台挨拶で鏡開き| 映画情報
  • ハリポタ/ファンタスティック・ビースト グッズ・リスト
  • 【ロンドンレポート】「ハリー・ポッターと呪いの子」観劇レポ1 | 観劇レポ2 | 9と4分の3番線と公式グッズ店
  • 「ハリポタ」ブルーレイ・DVD完全版
  • 【新作演劇『ハリー・ポッターと呪いの子』全まとめ】舞台と脚本書籍、これだけは知っておきたい
  • 【USJハリポタ新アトラクション】「ワンド・スタディ」徹底解剖「ワンド・マジック」徹底解剖
  • 【独占取材 マルフォイ親子W来日】
    来日サイン会でファンに大サービストム・フェルトン&ジェイソン・アイザックス来日高画質画像
  • 特典満載「ハリポタ」コレクターズ版DVD/BDがお安くなって再発売
  • USJ「ハリポタ」エリア内でしか買えないおススメグッズ
  • 【人気記事】ハニーデュークス人気お菓子ランキングリニューアルした「ハニーデュークス」レポフェイスペイント
  • 【人気記事】トム・フェルトン2015来日インタビュー「日本のファンは特別さ」高画質写真
  • 【人気記事】USJ「フォービドゥン・ジャーニー」世界初3D化!セレモニーにSMAP、トム・フェルトン出席| 高画質画像ハイライト動画
  • 人気【USJハリポタ徹底解剖】 >「ハニーデュークス」お菓子ベスト25ビバリーヒルズ・ギフトUPDATE!「ユニバーサル・スタジオ・ストアUPDATE!ダービシュUPDATE!フィルチUPDATE!グラドラグスホグワーツ城オリバンダーUPDATE!ハニーデュークスUPDATE! | ヒッポグリフ  グッズ・アトラクション高画質画像
  • 【USJハリポタくわしい情報♪】
    ★初めてでも迷わない!入場方法&整理券の取り方!
    ★USJハリポタに行く前に知っておきたい7つのこと
    ★夜景おすすめの撮影スポット
    ★並ばずに入る
    ★事前予約なし!入場券だけでスムーズに楽しむ
  • 【USJハリポタエリア高画質写真】UPDATE!
    ホグワーツ特急ハニーデュークスフィルチふくろう便オリバンダーヒッポグリフ
  • 【人気記事】USJハリポタついにグランドオープン!セレモニーレポ!前夜祭&初日画像
  • 【人気記事】USJ「ハリー・ポッター」前夜祭にイヴァナ・リンチ、トム・フェルトン、SMAP出席!
  • 【人気記事】エマ・ワトソンチャリティ写真集
  • 【人気記事】米オーランド「ダイアゴン横丁」まとめ
  •  
  • ワーナー・スタジオ見学ツアー、詳しいアトラクション・行き方・チケット購入方法など写真
  • 『ハリー・ポッター』ブルーレイ&DVD絶賛発売中!映画情報写真
  • 7巻のハンドブック、『ハリー・ポッター大事典1巻から7巻を読むために』絶賛発売中!




  • Copyright© 2001-2020 Pottermania All Rights Reserved.
    Reproduction in whole or in part without permission is prohibited.
    当サイトの記事・情報・投票・画像を含むすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
    転載をご希望の方は事前にメールでご連絡ください。