ハリー・ポッターと賢者の石


トリビア/雑学事典


【トリビアメニュー】
賢者の石 | 秘密の部屋 | アズカバンの囚人 | 炎のゴブレット | 不死鳥の騎士団 | 謎のプリンス



ハリー・ポッターと賢者の石トリビア
リチャード・ハリスがダンブルドア役を引き受けたのは、11歳になる孫娘に「断ったら口をきかない」と脅されたから。
作者のJ.K.ローリング(JKR)は、メインキャストは英国人俳優を使って欲しいと依頼したが、例外が2人いる。一人はアイルランド人(リメリック)のリチャード・ハリス、もう一人はゾーイ・ワナメイカー(フーチ先生)。彼女はイギリス風の名前にしているが現在アメリカ市民。その他の俳優でイギリス人でないのは、バーン・トローヤー(グリップフック役/アメリカ・ミシガン州生まれ)とスーザン・ボーンズ役を演じたエレノア(コロンバス監督の娘)。〜Bellさん、ダンゆかさんから情報を頂きエレノア情報を修正しました。Thanks!
スティーブン・スピルバーグが監督として名乗りをあげたが、JKRが全てイギリス人俳優での撮影を望んだため、その後辞退した。彼はハリー役にハーレー・ジョエル・オスメントを希望していた。
スピルバーグの他、監督候補にあがったのはジョナサン・デミ(羊たちの沈黙)、ブラッド・シルバーリング(シティ・オブ・エンジェル)、テリー・ギリアム(未来世紀ブラジル)など。しかし最終的にワーナーは、子役を監督した経験のあるクリス・コロンバスに決めた。コロンバスは、娘のエレノアに監督をするよう何度も頼まれ、JKRの本を読んで引き受けることにした。
トラブルメーカーのピーブス(リック・マイヨール)の映像は撮影されたが、結局カットされてしまった。
撮影中ダニエル・ラドクリフは声変わりをしたが、セリフは全て彼自身の声で話されている。映画はストーリーの順番通りに撮影されたため、ダニエルの声もゆっくりと変わっている。ロンドンのタブロイド紙が「ゲームの吹替えをした子役が映画の吹替えもした」と報じたのは間違い。
グロスター大聖堂がホグワーツ校の撮影に使用される事が決まった際、マスコミの大抗議が起こった。反対者は「これは冒涜だ。撮影クルーの通行を阻止するゾ」という抗議文を地元の新聞に大量に送りつけたが、実際に姿を見せたのはたった一人だった。
映画のタイトルは、アメリカではHarry Potter and the Sorcerer's Stoneだが、それ以外の国ではHarry Potter and the Philosopher's Stone。従って役者は「Philosopher's Stone」と言うシーンは全て、「Philosopher's」と「Sorcerer's」のセリフの二重撮りをした。
ハグリッドの小屋の撮影に使った建物は、映画ファンが殺到しないように撮影終了後、壊された
ヘドウィグの撮影には、ギズモ(Gizmo)とスプラウト(Sprout)、オークという3羽のふくろうが使われた。【4/29/2002修正】
撮影中に脱走したトラ猫は、2日後に戻ってきた。
9と4分の3番線のシーンはキングズ・クロス駅で撮られたが、使われたのは4番線と5番線。
撮影中ダニエル・ラドクリフは、ロビー・コルトレーンの携帯電話の設定をトルコ語に変えてしまった。「言語を変換」というトルコ語を聞くために、コルトレーンはヘアデザイナーEithne Fennelの父親(トルコ人)に電話する羽目になった。
ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が、縦笛を吹いているハグリッドに近づく場面で、彼が吹いているのはハリー・ポッターのテーマ曲。
動く階段の所にある肖像画の中には、アン・ブーリン(ヘンリー8世の2人目の妻でありエリザベス1世の母)の姿も見える。彼女は俗に魔女だと信じられている。
ハリー・ポッターのミドルネームはジェームズ。
2002年2月現在、「賢者の石」の全世界の興行収入は「タイタニック」に次いで歴代2位。
ハリー・ポッター、ダニエル・ラドクリフ、JKR、リチャード・グリフィス(バーノンおじさん)の4人の誕生日は7月31日と報じられた。しかし後になって、ダニエルの誕生日は7月23日であることが判明。ハリーと同じ7/31というのは単に映画の宣伝だった。
クィディッチのトロフィーにはハリーの父親の名前が刻まれているが、その他にマクゴナガル、R.J.H. Kingの名前も書かれている。
管理人フィルチの飼い猫の名前とハリーのふくろうの名前(ミセス・ノリスとヘドウィグ)は、映画の中に一度も出てこない。
みぞの鏡に書かれている「すつうを みぞの のろここ のたなあ くなはで おか のたなあ はしたわ」を逆さから読むと「私はあなたの顔ではなく、あなたの心の望みを写す」。
映画の中には「bloody」という単語が6回、「arse」が1回、「bugger」が1回、「blasted」は2回出てくる。この他禁じられた森で怖いシーンがあるため、PG指定映画(15歳未満は保護者の許可が必要)となった。
ドラゴンの血の12番目の利用法は、オーブン・クリーナー(オーブン用洗剤)。
賢者の石の創造者ニコラス・フラメルは、一部の人々から本当に賢者の石を作ったと信じられている錬金術師。彼の死に関しては奇妙な事柄があり、今もまだ生きているという噂がある。もしそうなら、本や映画の中で言われているのと大体同じ年齢に達している。
ホグワーツのモットーDRACO DORMIENS NUNQUAM TITILLANDUSは、「寝ているドラゴンを決してくすぐるな」という意味。(詳細はサイト内の語源辞典へ)
ウォーウィック・デイビス(フリットウィック先生とゴブリン役)は、バーン・トローヤーが演じたグリップフックの吹替えも行なった。
「オリバンダーの店」のために用意された杖の箱は、16,500個。
9フィート(約274cm)の巨漢ルビウス・ハグリッドを演じたのはロビー・コルトレーン。彼の息子スペンサーは、ホグワーツのエキストラに出演した。
映画の総製作費は1億5000万ドル(約184億円)
ワーナーが3巻までの映画化権に支払った額:約1000万ドル(約12億3000万円)
大半のキャストはシリーズ第4作まで出演する契約。
アメリカでは11/16に公開され、公開最初の週末3日間で興行収入が9029万ドル(約111億円)となり、過去最高を記録。(これまでの最高は「ロストワールド」の7210万ドル)
映画の中でローリングさんが一番楽しみにしたシーンは、クィディッチ。
原作にハリーの瞳はグリーンと書かれている為、映画でもダニエル君の目を緑にした。〜まりむばさんからの情報です。Thanks!  【12/26/2001】
ホグワーツ特急のシーンでは、ロンの髪型が最初は真ん中分けだが次のカットでは横分けになっている。このような間違いの数は合計49あるという。
(間違いその2)みぞの鏡の場面でダンブルドア校長がハリーに話し掛ける前に、カメラマンとカメラの影が壁に映る。
(間違いその3)マクゴナガル校長が猫から人間に戻る場面で、最初はメガネをかけていないのに、ショットが変わるとかけている。(更なる間違いを知りたい方はMovieMistakes.comへ)。
撮影中デイビッド・ヘイマンは、何百人もいる子役の為に教師を雇った。その数はまちまちだったが、子供が400人の撮影時には、(教師は)40人にも上った。【3/12/2002】
クレジットタイトルでbaron(男爵)のスペルがbarronとなっている。【3/12/2002】
子供達が撮影に使えた時間は1日9.5時間。そのうち3時間が勉強に充てられ、昼食に1時間取られ、残りの5.5時間で撮影を行なった。【3/12/2002】
ヴォルデモートのCGの声と顔のモデルとなったリチャード・ブレマーは、クレジット・タイトルでも「名前を呼んではいけないあの人(He Who Must Not Be Named)」と書かれた。【3/12/2002】
ヴォルデモート役も演じたイアン・ハートは、クレジットタイトルで二度名前が出る。最初はクィレル教授役として、その次はヴォルデモート役として。【3/12/2002】
「賢者の石」で使われた小道具がサザビーズのオークションにかけられ、地球儀は£17,750(約330万円)、グリンゴッツ銀行の天秤は£108(2万円弱)、水晶玉は£1,320(245,000円)で落札された。尚、地球儀は、主役3人がニコラス・フラメルを調べようと訪れた図書館のセットに使用。(1£=186円で計算) 記事はCBBC(地球儀と天秤の写真あり)【3/20/2002】
脚本家スティーブ・クローブス は、原作にない2つの部分を台本に入れた:一つはハグリッドが口が軽い性格になっている所、もう一つはシェーマス・フィネガンが何でも燃やしてしまう所。もっともシェーマスはフリットウィック先生の授業で、羽を一枚、きれいに燃やす程度だが。【4/29/2002】
原案では、自称ハリポタファンのドリュー・バリモアがカメオ出演することになっていた。【4/29/2002】
映画の中のハーマイオニーのセリフ、「どうしてほとんど首なしになれるの?」は、本ではシェーマス・フィネガンのセリフ。【4/29/2002】
サントラにも含まれている「プロローグ」という曲は、ジョン・ウィリアムズ氏が「賢者の石」の予告編のために特別に作曲したもの。彼は過去にも1度、同じように予告編用に作曲しており、それは映画「フック」。【4/29/2002】
巷ではフクロウは賢いと信じられているが、実際はニワトリ並みに愚かで、彼らを飛ばすためにスタッフはトリ肉をエサに使った。しかし一度満腹になると、まるで「契約書には、これ以上飛ぶようにとは書いてありませんヨ」と言わんばかりに動かなかった。【4/29/2002】
トロッコに乗ってグリンゴッツ銀行の地下をジェットコースターで滑走するシーンは撮影されたが、ストーリーを短縮するため最終的に削除された。【4/29/2002】
共同製作のTanya Seghatchianが明かしたところによると、ハグリッド役は実は大・小2人いて、小さい方のハグリッドをコルトレーン氏が演じたとのこと(セットも2つ用意された)。大きい方のハグリッド役は、かつてラグビー選手だったMartin Bayfield氏という噂がある。 GuardianUnlimitedLeakyCauldron情報【6/7/2002】
シックス・センスのシャマラン監督は、「賢者の石」の監督を断っていた。理由はメル・ギブソン主演の「サイン」の撮影が既に始まっていたから。Ananovaの情報【8/2/2002】
ロジー・オドネルとロビン・ウィリアムズは無報酬で役を望んだ有名人だが、2人のシーンは撮影されなかった。【8/2/2002】
ティム・ロスはスネイプ役の有力候補だった。しかしティム・バートン監督の「猿の惑星」に出演するので、途中で降りた。【8/2/2002】
「ハリー・ポッターと賢者の石」の監督クリス・コロンバスは、当初ハリー・ポッター役にリーアム・エイケンを考えていた。 しかし作者のJ.K.ローリングから、ハリー役を演じるのは「純粋のイギリス人」のみと言われ、実現しなかった(リーアムの母親はアイルランド人で父親はアメリカ人)。 

ちなみにリーアムはハリー・ポッターの前にも「シックス・センス」の主役をハーレイ・ジョエル・オスメントに取られている。ハリー・ポッターと並ぶ世界的人気ファンタジー「世にも不幸なできごと」の映画化作品(「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」2004年12/17全米公開)で、リーアムは長男クラウスを演じているが、物語同様、先日自宅が火事に見舞われたという(汗)。 情報源 [posted at JST 12/10/2004 ] 
 管理人フィルチを演じたデイビッド・ブラッドリーは、フィルチについて「"西部劇に出て来る偏屈老人と、中世のスリ"を足して2で割ったようなイメージ」だと話している。 (情報源:映画大全) [posted at JST 4/17/2020 ]

本作でハグリッドの愛犬ファングを演じたのは、ナポレオンマスチフのヒューゴ、ブリー、ベラ、ビトー。この4匹は、引き続き『秘密の部屋』でもファングを演じた。

ファング役は、ほかにもルイージ(『秘密の部屋』と『謎のプリンス』)、モンキー(『不死鳥の騎士団』)、ウノ『謎のプリンス』、レビ(『炎のゴブレット』)などがいる。[posted at JST 5/14/2020]

 本作で最も興奮する場面のひとつが、巨大チェスのシーン。
この場面のために、巨大なチェス盤と4メートル近い大きさの駒が作られ、特殊効果班が無線操作で駒を動かし、互いに戦わせ、負けた駒を吹き飛ばした。

しかしコロンバス監督は、「シーンが素晴らしいものになったのは視覚効果のおかげだけでなく、ロン役ルパートの演技のおかげでもある。ようやく慣れてきたばかりの子供とは思えないくらい素晴らしかった。ロンが駒の力を目の当たりにし、友だちのために犠牲になろうとしたとき、私はルパートから本物の恐怖だけでなく勇気も感じた」と賞賛している。 (情報源:ハリー・ポッター映像の魔術) [posted at JST 9/10/2020 ]


クィレル先生の「闇の魔術に対する防衛術」の授業のシーンは、英ウィルトシャー州のレイコック寺院の「ウォーミングルーム」と呼ばれる部屋で撮影された。

部屋に置かれた大鍋は小道具ではなく、元から寺院に置いてあった500年前のもの。エリザベス1世の料理人が、実際に使用していたという。 
写真+レイコック寺院情報[posted at JST 9/25/2020]NEW!




ツイッターをフォロー YouTube

サイト内検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

 

 

グルマンディーズ ハリポタiPhone11/XRスクエアガラスケース情報 NEW!


ハリーポッターおりがみ 映画より おりがみで作る15の作品 (日本語)NEW! 情報


「ハリー・ポッターと呪いの子」第一部・第二部 舞台脚本 愛蔵版 (日本語)情報


20周年記念版ホグワーツ4寮デザイン『賢者の石』英語版グリフィンドール 情報


 

最新ニュース
  • ポッターマニア最新ニュースUPDATE!
  • ハリポタ・ファンタビ最新グッズリストUPDATE!
  • 魔法ワールドイベントスケジュール2020NEW!
  • ポタマニバック・トゥ・ホグワーツ2020キャンペーンNEW! 拡大画像NEW!
  • ショック!ドラコの出演時間、映画8作トータルでわずか31分だった!NEW!
  • 【写真で海外旅行】グリフィンドール寮をテーマにしたコテージ英国に登場NEW!
  • 【LEGO】「ボーバトン校の馬車」などハリポタセット4点、2020年で生産終了NEW!
  • USJ任天堂エリア2021年春オープンへNEW!
  • 「グラニフ」とコラボTシャツ10月発売NEW!
  • 【4週連続】金曜ロードショーでハリポタ&ファンタビ祭り決定NEW!
  • 【祝誕生日】ミネルバ・マクゴナガルが素晴らしい10の理由
  • ナギニ俳優クラウディア・キムが第1子女児出産NEW!
  • 英レスター・スクエアにハリポタ像登場NEW!
  • 【USJ】GoToトラベル地域共通クーポン券利用可能施設にNEW!
  • サンキューマートにハリポタコラボグッズが再入荷NEW!
  • ファンタビ第3弾ついに撮影開始NEW!
  • モンハンアイスボーンにUSJとのコラボクエスト登場NEW!
  • 【海外通販】日本から購入できるハリポタ・コラボファッションおすすめサイトNEW!
  • 【写真・動画】エディ・レッドメイン新作『シカゴ7裁判』予告編公開NEW!
  • USJ、コカ・コーラ社と共にリサイクル啓発イベントNEW!
  • トム・フェルトン、ハロウィン新作で驚きの姿にNEW!
  • 【ねんどろいど】ハリー、ロン、ハーマイオニー発売中NEW!
  • スマホゲーム「ハリー・ポッター:呪文と魔法のパズル」全世界でリリースNEW!
  • ホグワーツ城を完全再現したメモ帳が登場NEW!
  • ホグワーツ4寮のノートセット続々発売中NEW!
  • 「ホグワーツ・レガシー」よくある質問の和訳NEW!
  • 【ゲーム】1800年代のホグワーツを舞台にした「ホグワーツ・レガシー」PS5などで2021年発売NEW!
  • 【書籍】ハリポタ「おりがみ」「魔法の箒コレクション」日本語版、今秋発売NEW!
  • 『秘密の部屋』日本語20周年おめでとうNEW!
  • 瓶入りバタービール、英国発売NEW!
  • 【洋書】ホグワーツのクリスマスなど10月発売!NEW!
  • ダン・フォグラー、『ファンタビ3』のハグリッドの噂に反応NEW!
  • LEGOハリポタ 2020アドベントカレンダー発売中NEW!
  • 【USJ】年パス保持者限定「お得」なキャンペーン開始NEW!
  • 映画『ファンタビ3』、10月から撮影開始NEW!
  • 【USJ】安心安全な新ハロウィーンイベント9/18から開催NEW!
  • 【レゴ】5,544ピースの大型「ダイアゴン横丁」発売NEW!
  • 【ホグワーツ新学期】バックトゥーホグワーツ ライブ配信が開催NEW!
  • 『ハリー・ポッターと呪いの子』新書サイズで発売NEW!
  • 【米国グッズ】ビルド・ア・ベアからホグワーツ4寮のぬいぐるみが登場NEW!
  • ハリー・ポッター2021年用カレンダーNEW!
  • 【画像】英スタジオツアーロンドン営業再開!スリザリン祭り開催中NEW!
  • 【トワイライト】『ミッドナイト・サン』が大ベストセラーにNEW!
  • 【日本語】ミナリマ『賢者の石』、イラスト版『クィディッチ今昔』など10月発売NEW!
  • 【正式契約】ハリポタ「スタジオツアー東京」としまえん跡地に2023年前半オープン決定NEW!
  • 【新グッズ】「ハリポタ」ICパスケース、ワイヤレス充電器、薄型モバイルバッテリーなど発売NEW!
  • 【新グッズ】ハリポタiPhoneスクエアガラスケース発売NEW!
  • 日本語版「イッカボッグ」無料配信スタートNEW!
  • 洋書『Harry Potter: Film Vault』11・12巻発売中NEW!
  • 【グッズ】ねんどろいどルーナ・ラブグッド12月発売NEW!
  • JKR新童話『イッカボッグ』を無料公開NEW!
  • 「ハリー・ポッターと魔法の歴史」展、2021年に開催延期NEW!
  • 【和書】『ハリー・ポッター映画大図鑑』第5〜8巻発売NEW!
  • 【ねんどろいど】クィディッチのドラコ&ダンブルドア11月発売NEW!
  • ハリポタ・バーチャル背景画像が配信中UPDATE!
  • 【和書】『ハリー・ポッター映画大図鑑』第1〜4巻発売中NEW!
  • 「トワイライト」新作『ミッドナイト・サン』発売NEW!
  • 【洋書】20周年記念版 ホグワーツ4寮デザイン『不死鳥の騎士団』発売NEW!
  • 【和書】新装版ハリポタ 続々発売中NEW!
  • 【新型コロナウイルス】家庭や職場でできるパンデミック対策NEW!
  • 舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』、2022年夏に日本初上陸!NEW!
  • ねんどろいど ドラコ・マルフォイ発売 NEW!
  • 『黒い魔法使いの誕生』BD・DVD発売中NEW!
  • 『アズカバンの囚人』20周年版特別コンテンツ紹介NEW!
  • 「ファンタビ」映画オリジナル脚本版日本語版 英語版NEW!
  • 【ファンタビ2キャスト来日イベント動画・写真】 初日舞台挨拶、鏡開きで大ヒット祈願 | スペシャルファンナイト」レポート | レッドカーペットイベント開催 |  高画質写真NEW!
  • 映画『ファンタビ』関連本、ハーパーコリンズ社から発売NEW!  『魔法のアーカイブ』中身紹介&ミナリマインタビューNEW!
  • 宮野真守が朗読!『幻の動物とその生息地』オーディブル版が発売!NEW!
  • 日本語『賢者の石』20周年記念版発売NEW!
  • 20周年デザイン『秘密の部屋』寮ごとのコンテンツ紹介NEW!
  • 『ファンタスティックビースト』俳優ファンレター宛先
  • 【ファンタビ前作特集】大雨のレッドカーペット | スペシャル・ファン・ナイト開催 | キャストが初日舞台挨拶で鏡開き| 映画情報
  • ハリポタ/ファンタスティック・ビースト グッズ・リスト
  • 【ロンドンレポート】「ハリー・ポッターと呪いの子」観劇レポ1 | 観劇レポ2 | 9と4分の3番線と公式グッズ店
  • 「ハリポタ」ブルーレイ・DVD完全版
  • 【新作演劇『ハリー・ポッターと呪いの子』全まとめ】舞台と脚本書籍、これだけは知っておきたい
  • 【USJハリポタ新アトラクション】「ワンド・スタディ」徹底解剖「ワンド・マジック」徹底解剖
  • 【独占取材 マルフォイ親子W来日】
    来日サイン会でファンに大サービストム・フェルトン&ジェイソン・アイザックス来日高画質画像
  • 特典満載「ハリポタ」コレクターズ版DVD/BDがお安くなって再発売
  • USJ「ハリポタ」エリア内でしか買えないおススメグッズ
  • 【人気記事】ハニーデュークス人気お菓子ランキングリニューアルした「ハニーデュークス」レポフェイスペイント
  • 【人気記事】トム・フェルトン2015来日インタビュー「日本のファンは特別さ」高画質写真
  • 【人気記事】USJ「フォービドゥン・ジャーニー」世界初3D化!セレモニーにSMAP、トム・フェルトン出席| 高画質画像ハイライト動画
  • 人気【USJハリポタ徹底解剖】 >「ハニーデュークス」お菓子ベスト25ビバリーヒルズ・ギフトUPDATE!「ユニバーサル・スタジオ・ストアUPDATE!ダービシュUPDATE!フィルチUPDATE!グラドラグスホグワーツ城オリバンダーUPDATE!ハニーデュークスUPDATE! | ヒッポグリフ  グッズ・アトラクション高画質画像
  • 【USJハリポタくわしい情報♪】
    ★初めてでも迷わない!入場方法&整理券の取り方!
    ★USJハリポタに行く前に知っておきたい7つのこと
    ★夜景おすすめの撮影スポット
    ★並ばずに入る
    ★事前予約なし!入場券だけでスムーズに楽しむ
  • 【USJハリポタエリア高画質写真】UPDATE!
    ホグワーツ特急ハニーデュークスフィルチふくろう便オリバンダーヒッポグリフ
  • 【人気記事】USJハリポタついにグランドオープン!セレモニーレポ!前夜祭&初日画像
  • 【人気記事】USJ「ハリー・ポッター」前夜祭にイヴァナ・リンチ、トム・フェルトン、SMAP出席!
  • 【人気記事】エマ・ワトソンチャリティ写真集
  • 【人気記事】米オーランド「ダイアゴン横丁」まとめ
  •  
  • ワーナー・スタジオ見学ツアー、詳しいアトラクション・行き方・チケット購入方法など写真
  • 『ハリー・ポッター』ブルーレイ&DVD絶賛発売中!映画情報写真
  • 7巻のハンドブック、『ハリー・ポッター大事典1巻から7巻を読むために』絶賛発売中!





  •  

     

     

     

    Copyright© 2001-2020 Pottermania All Rights Reserved.
    Reproduction in whole or in part without permission is prohibited.
    当サイトの記事・情報・投票・画像を含むすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
    転載をご希望の方は事前にメールでご連絡ください。