ガイ・フォークス・デーとハリー・ポッター


Guy Fawkes Day, Bonfire Night and Harry Potter

11月5日はガイ・フォークスデイ。
英国の火薬陰謀事件の実行犯ガイ・フォークスに由来する記念日。
でも火薬陰謀事件とはいったい何なのでしょうか?もう一度おさらいしてみましょう!
■ガイ・フォークス(Guy Fawkes)って誰?〜ナイスガイのモデル■
ガイ・フォークスは、1605年11月5日に起きた「火薬陰謀事件」の実行担当者とされる人物。

1570年にヨークで生まれたガイは、若い時にカトリックに改宗。当時英国で行われていた旧教徒への迫害から逃れるために、海外に逃亡しスペイン軍に加わりました。

1603年に帰国し、火薬陰謀事件の一味の者に説得され、英国議会を爆破しカトリック教徒による政権奪取の計画に加担。しかし、11月4日深夜、国会議事堂の地下で火薬の見張りをしていた所を逮捕され、ウェストミンスターのオールド・パレス・ヤードで処刑されました。

ガイ・フォークス(右写真)は有名になり、その名は「男」「やつ」を意味する英語「guy」の語源となりました。日本でも”ナイスガイ”、”タフガイ”などの表現で使われています。

ガイ・フォークスはプロテスタント(英国国教会の信者)にとっては国王の暗殺を企てたテロリストですが、カトリック教徒には権力に反抗した英雄的存在。

11月5日には国王の無事を祝う人たちだけでなく、ガイの行為を称え、「ガイ・フォークスだけが誠実な目的で議事堂に入った」などのプラカードなどを掲げ、祝う人も大勢います。

また、映画『Vフォー・ヴェンデッタ』の中ではガイは英国の反逆精神の象徴として描かれ、白い顔に黒い口ひげとあごひげのついた彼のマスクが登場。

この仮面は今や“抵抗(運動)”や“匿名”を表す国際的シンボルともなっており、2011年の経済格差に反発する「ウォール街占拠運動」をはじめ、最近では香港のデモなど、世界各地の抗議運動で、大勢の参加者がこのマスクを付けています。
ガイ・フォークス


『Vフォー・ヴェンデッタ』のマスク

©Warner Bros. Entertainment Inc.


2011年 ウォール街デモ

©Reuters


2020年 香港デモ

©Reuters

■火薬陰謀事件(ガンパウダープロット/Gunpowder Plot)とは?■

1605年11月5日に英国におけるカトリック支配を実現するため、議会もろとも国王ジェームズ1世の殺害をはかった軍事クーデター。

当時、英国では国王によってカトリックは弾圧されており、それに反発した旧教徒グループが企てた事件で、首謀者はロバート・ケイツビー。彼は国会議事堂の地下室に火薬をしかけ、11月5日の議会の開会式に出席した国王、王妃、貴族院議員たちをまとめて爆殺することを計画。弾薬の導火線に点火する役目を与えられたのが、ガイ・フォークスでした。

しかし、モンティーグル男爵に届けられた「11月5日の議会出席は危険」との匿名の手紙がきっかけで陰謀は露呈。11月4日夜、国会議事堂の地下が捜索され、火薬の見張りをしていたガイ・フォークスは逮捕、ロンドン塔に投獄されてしまいました。

厳しい取調べ(=拷問)の末、フォークスは11月7日からに共犯者を自白。翌年1月26日に有罪判決を受け、1月31日にオールド・パレス・ヤードで「首吊り、内臓抜き出し、四つ裂き(hanged, drawn and quartered)」の極刑に処されました。すでに過酷な拷問を受け、一人では絞首台に上れないほど衰弱していたフォークスは、首を吊られると絶命したといいます。

処刑されたケイツビーたちは、自供や証拠を一切残していないため、この事件はカトリック教徒を弾圧するために国家がでっちあげた陰謀だとする研究家もいます。

真相はいまだに不明ですが、今でも国会開会前には、議事堂の地下室を探索する儀式が毎回行われています。

■ガイ・フォークス・デー/焚き火祭り(ボンファイアー・ナイト)とは?■
11月5日の陰謀が未然に防がれ、国家が無事だったことを祝う日(英国の祭り)。英国ではハロウィーンより盛んなお祭りです。

11月5日が近づくと、英国の子供たちはガイ・フォークスの人形を作り、大きさや出来栄えを競いあいます。そしてそれを荷台に乗せてねり歩き、通行人や近所の人に人形を見せて"A penny for the (old) Guy(ガイに1ペニーおくれ)"と言って小遣いをせびるのです。

そしてもらった小遣いで花火を買い、11月5日の夜に自宅の庭や空き地、共有地、公園などでたき火をたき、 この時にガイ人形を放り込んで燃やすので、Bonfire Night(ボンファイアー・ナイト/焚き火祭り)とも呼ばれています。



最近では花火につきものの事故を防ぐため、市や町が公園や運動場などで大規模な花火大会を開いていますが(2019年ロンドンで開催される花火大会リスト)、昔ながらの大規模なお祭りを行っている町も。中でもイーストサセックス州のルイスLewesや、デヴォン州のオッタリー・セント・メアリーで行われる行事は有名です。

ルイスのボンファイアーナイト(焚き火祭り)
この町はメアリー女王時代に17人の住民がプロテスタント信奉のかどで火刑に処されたため(ブラッディ・メアリー)、反カトリック的な色彩が濃いお祭りを行うことで知られています。

町の6つの祭事グループのメンバーが、それぞお祭りの衣装を身に着け、団体ごとに行列を作り、たいまつをかざして町を練り歩きます。どの行列にも大きな人形を掲げていますが、その中には必ず法王が含まれています。法王の像は町を練り歩いた後に偽の主教によって説教が行われ、群衆の「No Popery 葬り去れカトリックを」の掛け声にあわせて火にくべ、爆破させます(汗)。



オッタリー・セント・メアリーの祭り
ここはJ.K.ローリングが学んだエクセター大学の近くに位置し、ハリー・ポッターに登場する架空の村「オッタリー・セント・キャッチポール」(ロンの実家“隠れ穴”がある村)のモデルとみられている町。

ここでは2つのイベントが毎年行われており、1つは「rock cannons つぶて砲」という遊び道具を持ち歩き、1日中打ち鳴らす行事。

もう一つは「tar-barrel rollingタール樽かつぎ」という、火のついた大樽を両肩にかついで街頭を駆け抜けるお祭り。樽は最も大きなもので65ガロンの大樽が使われ、それにビチューメン(アスファルトと乾性油の混液)を厚く塗って火をつけたものを運びます。

走者(roller)は最小限の防火服を着ただけの状態で、熱くて耐えられなくなるまで走り(汗)、我慢できなくなると次の走者と交代。樽がバラバラになるまでこれを繰り返します。


ルイスのボンファイアーナイト(焚き火祭り)2009年


タワーブリッジに打ち上げられた花火

©Daily Mail

ルイス「カトリックを葬り去れ」


ルイス 法王の像

ルイスの焚き火祭り 行列


デヴォン州オッタリー・セント・メアリー

オッタリー・セント・メアリー樽かつぎ

オッタリー・セント・メアリーの焚き火

■ハリー・ポッターでは?■
ガイ・フォークスは、ダンブルドアのペットの不死鳥「フォークス」の名前の由来になっています。作者のJ・K・ローリングいわく「不死鳥は定期的に(エジプト神話では500年に1度)燃焼し、灰の中から蘇るので、(毎年焼かれている)ガイ・フォークスの名前をつけた」とのこと。

1巻『ハリー・ポッターと賢者の石』の中では、ニュースキャスターが「(流れ星がどしゃ降りだったのは)誰かが早々と『ガイ・フォークスの焚き火祭り』をやったからだろう」と解説しています。

■ガイ・フォークスデーが登場する映画やドラマ■
  • 映画「Vフォー・ヴェンデッタ・・・独裁国家となった未来の英国。仮面の男Vは、英国の反逆精神の象徴となったガイ・フォークス・デーに、国民の決起を呼びかける。 スティーブン・フライさん、ジョン・ハートさん出演。(特典ディスクにガイ・フォークスと火薬陰謀事件の解説あり)

  • ドラマ SHERLOCK(シャーロック)シーズン3第1話「空の霊柩車」 ・・・ガイ・フォークス・デーの日にジョン・ワトソンが誘拐され、焚き火祭りで燃やされそうになるが、シャーロックに救出される。子供たちが街を歩いて「A penny for the Guy」とお金をせびる場面や、焚き火祭りが描かれる

  • ドラマ「レジェンド・オブ・サンダー」・・・2004年の英テレビ映画。火薬陰謀事件が描かれる

  • 映画『ひかりのまち』・・・ガイ・フォークス・デーの焚き火が登場。シャーリー・ヘンダースン(嘆きのマートル)やイアン・ハート(クィレル)が出演

  • 映画『アタック・ザ・ブロック』 (2011)…ガイ・フォークス・ナイトに地球にやってきた異星人と戦うストリートギャングの話。

  • 【ガイ・フォークス・デー 関連記事】UPDATE!
    2019年英国各地のボンファイアーナイトの花火大会スケジュール
    ボンファイアーナイトにまつわる歴史、火薬陰謀事件とは (ミラー紙)




    * 2006年の記事を基に加筆。参考:ブリタニカ、Gunpowder Plot Society Investigating Gunpowder Plot、「イギリス祭事・民俗事典」(大修館書店)など。






    ツイッターをフォロー YouTube

    サイト内検索

    Yahoo! JAPAN

    • このサイト内を検索

     

    『ハリー・ポッターと賢者の石』新装版 12/1発売情報NEW!


    『ハリー・ポッターと秘密の部屋』新装版 12/1発売情報NEW!


    『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』新装版 12/1発売情報NEW!


    【ブルーレイ】『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』プレミアム版情報


    『ハリー・ポッターアズカバンの囚人』20周年記念版NEW! 情報


     

    最新ニュース
  • ハリポタ/ファンタビ最新ニュースUPDATE!
  • ハリポタ・ファンタビ2019秋冬最新グッズリスト!クリスマスギフトにも最適♪UPDATE!
  • ハリポタ・ファンタビイベント・発売スケジュール2019冬-2020NEW!
  • Twitterフォロワー25000人突破感謝プレゼント実施中NEW!
  • USJ「クールジャパン2020」決定NEW!
  • アグリー・クリスマス・セーター&ハリポタグッズのアドベントカレンダーNEW!
  • 【東京コミコン】ロン祭り開催!クリス・ヘムズワース&ジュード・ロウ参戦NEW!
  • ファンタビのグレイブス役、新「バットマン」悪役ペンギン候補にNEW!
  • 【写真】小関裕太、魔法ワールドフェアに登壇NEW!
  • エマ「シングルで幸せ。パートナーは自分自身」NEW!
  • 東京国際映画祭、グランプリはデンマーク作品NEW!
  • ファンタビ第3弾の脚本は共同執筆に!来春撮影NEW!
  • 実写ハリポタ、動くLINEスタンプNEW!
  • 『炎のゴブレット』日本語イラスト版12/11発売NEW!
  • 【魔法同盟】11月度コミュニティ・デイ詳細NEW!
  • 【魔法同盟】光り輝くもの:協力戦線(第一部)詳細NEW!
  • 11/5は、ガイ・フォークス・デーNEW!
  • 【魔法ワールドポップアップショップ】NEW!
    魔法ワールドフェア@渋谷ヒカリエNEW!
    神戸ロフト(11/18-12/27)
    さいたま新都心、京都、沖縄
    ウィザコレ東京駅
  • USJイベントUPDATE!
    ■冬の魔法界NEW!
    ■クリスタル・クリスマスNEW!
    ■関ジャニが「クリスタル・クリスマス」のアンバサダーに!NEW!
    ■世界初Xマスバタービール・マグカップNEW!
    ■魔法使い500人集結!ファン感謝ナイト開催!NEW!
    ■新ハリポタグッズ&ハリーズ・グラッシーズUPDATE!
    ■ナイトパレードNEW!
    ■カウントダウン・パーティ2020NEW!
  • 舞台「呪いの子」サン・フランシスコ公演スタートNEW!
  • 新装版『ハリー・ポッターと賢者の石』『秘密の部屋』『アズカバンの囚人』予約受付中NEW!
  • 「ハリー・ポッターと魔法の歴史」展、東京&兵庫で開催NEW!
  • シネマ・コンサート第3弾『アズカバンの囚人』NEW!
  • マクファーレントイズからヴォルデモートなどフィギュア4種発売NEW!
  • レゴ「ハリー・ポッター」アドベントカレンダー発売中NEW!
  • 『黒い魔法使いの誕生』BD・DVD発売中NEW!
  • 『アズカバンの囚人』20周年版特別コンテンツ紹介NEW!
  • 『ファンタビ』第3弾公開は2021年11月NEW!
  • 【写真】ミナリマ大阪期間限定ショップ、店内を紹介NEW!
  • 「ファンタビ」映画オリジナル脚本版日本語版 英語版NEW!
  • 【ファンタビ2キャスト来日イベント動画・写真】 初日舞台挨拶、鏡開きで大ヒット祈願 | スペシャルファンナイト」レポート | レッドカーペットイベント開催 |  高画質写真NEW!
  • 映画『ファンタビ』関連本、ハーパーコリンズ社から発売NEW!  『魔法のアーカイブ』中身紹介&ミナリマインタビューNEW!
  • 宮野真守が朗読!『幻の動物とその生息地』オーディブル版が発売!NEW!
  • 日本語『賢者の石』20周年記念版発売NEW!
  • 20周年デザイン『秘密の部屋』寮ごとのコンテンツ紹介NEW!
  • 『ファンタスティックビースト』俳優ファンレター宛先
  • 【ファンタビ前作特集】大雨のレッドカーペット | スペシャル・ファン・ナイト開催 | キャストが初日舞台挨拶で鏡開き| 映画情報
  • ハリポタ/ファンタスティック・ビースト グッズ・リスト
  • 【ロンドンレポート】「ハリー・ポッターと呪いの子」観劇レポ1 | 観劇レポ2 | 9と4分の3番線と公式グッズ店
  • 「ハリポタ」ブルーレイ・DVD完全版
  • 【新作演劇『ハリー・ポッターと呪いの子』全まとめ】舞台と脚本書籍、これだけは知っておきたい
  • 【USJハリポタ新アトラクション】「ワンド・スタディ」徹底解剖「ワンド・マジック」徹底解剖
  • 【独占取材 マルフォイ親子W来日】
    来日サイン会でファンに大サービストム・フェルトン&ジェイソン・アイザックス来日高画質画像
  • 特典満載「ハリポタ」コレクターズ版DVD/BDがお安くなって再発売
  • USJ「ハリポタ」エリア内でしか買えないおススメグッズ
  • 【人気記事】ハニーデュークス人気お菓子ランキングリニューアルした「ハニーデュークス」レポフェイスペイント
  • 【人気記事】トム・フェルトン2015来日インタビュー「日本のファンは特別さ」高画質写真
  • 【人気記事】USJ「フォービドゥン・ジャーニー」世界初3D化!セレモニーにSMAP、トム・フェルトン出席| 高画質画像ハイライト動画
  • 人気【USJハリポタ徹底解剖】 >「ハニーデュークス」お菓子ベスト25ビバリーヒルズ・ギフトUPDATE!「ユニバーサル・スタジオ・ストアUPDATE!ダービシュUPDATE!フィルチUPDATE!グラドラグスホグワーツ城オリバンダーUPDATE!ハニーデュークスUPDATE! | ヒッポグリフ  グッズ・アトラクション高画質画像
  • 【USJハリポタくわしい情報♪】
    ★初めてでも迷わない!入場方法&整理券の取り方!
    ★USJハリポタに行く前に知っておきたい7つのこと
    ★夜景おすすめの撮影スポット
    ★並ばずに入る
    ★事前予約なし!入場券だけでスムーズに楽しむ
  • 【USJハリポタエリア高画質写真】UPDATE!
    ホグワーツ特急ハニーデュークスフィルチふくろう便オリバンダーヒッポグリフ
  • 【人気記事】USJハリポタついにグランドオープン!セレモニーレポ!前夜祭&初日画像
  • 【人気記事】USJ「ハリー・ポッター」前夜祭にイヴァナ・リンチ、トム・フェルトン、SMAP出席!
  • 【人気記事】エマ・ワトソンチャリティ写真集
  • 【人気記事】米オーランド「ダイアゴン横丁」まとめ
  •  
  • ワーナー・スタジオ見学ツアー、詳しいアトラクション・行き方・チケット購入方法など写真
  • 『ハリー・ポッター』ブルーレイ&DVD絶賛発売中!映画情報写真
  • 7巻のハンドブック、『ハリー・ポッター大事典1巻から7巻を読むために』絶賛発売中!




  • Copyright© 2001-2019 Pottermania All Rights Reserved.
    Reproduction in whole or in part without permission is prohibited.
    当サイトの記事・情報・投票・画像を含むすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
    転載をご希望の方は事前にメールでご連絡ください。