ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団


不死鳥の騎士団写真ギャラリー
ロケ地・セットとその写真
■「不死鳥の騎士団」新メイキング映像!NEW!
先週末から22日にかけて行われた「不死鳥の騎士団」のロンドンでの撮影映像が、RealMovieNewsなどに掲載されました。 こちらでご紹介した通り、ハリー・ポッターがウィーズリーおじさんと魔法省に行くシーンが撮影された模様です。魔法省の入口となる電話ボックスのシーンは、ウェストミンスター地区のスコットランドヤード付近(地図)で撮影されました。スコットランドヤード(ロンドン警視庁)はウェストミンスター駅から約450メートルの距離にあります。

【写真】
ウェストミンスター駅やスコットランド・ヤードでのメイキング
魔法省入口・メイキング映像(サムネイルをクリックすると拡大)


情報源はRealMovieNewsLondon Taxi Tour [posted at JST 17:23/10/24/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]
■ハリー・ポッター、ロンドン地下鉄に乗車!
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の撮影が、英国時間で22日、ロンドンのウェストミンスター駅で行われることが分りました! TFLロンドン交通局(Transport for London)のスポークスマンによると、同駅は一日中閉鎖され、地下鉄は同駅に止まらず通過することになります。 
どの場面が撮影されるのか公表されていませんが、ハリーが魔法省の懲戒尋問に出席するためウィーズリーおじさんと地下鉄に乗るシーンが撮影されることは間違いなさそうです。

ウェストミンスター駅はビッグベンの正面にあり、ジュビリー線、サークル線、ディストリクト線が通っています。

【関連写真】
ウェストミンスター駅構内(サムネイルをクリックすると拡大)
ウェストミンスター駅入口

記事はBBC [posted at JST 9:12/10/23/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]
■ブラックパーク撮影レポ第3弾!
10月4-7日に英ブラックパークで行われた撮影レポート(第3弾)が、HP4Uに掲載されました。

それによると、ロケに姿を見せたのはダニエル・ラドクリフ(ハリー)、エマ・ワトソン(ハーマイオニー)、ルパート・グリント(ロン)、トム・フェルトン(ドラコ・マルフォイ)、ジェイミー・ウェイレット(ビンセント・クラッブ)、ジョシュア・ハードマン(グレゴリー・ゴイル)、マシュー・ルイス(ネビル・ロングボトム)、ボニー・ライト(ジニー・ウィーズリー)、イヴァナ・リンチ(ルーナ・ラブグッド)、ケイティー・ラング(チョウ・チャン)。ホグワーツでの1年が終わり、ホグワーツ特急で自宅に戻るために生徒たちがホグズミード駅に向かうシーンや、列車の中でハリーが眠っているシーンなどが撮影されました。セリフは聞き取れませんでしたが、生徒たち(エキストラ)やトリオの表情は概して嬉しそうだったとのこと。ハーマイオニーはハリーの話したことに対して笑顔を見せていたようです。
また、生徒をホグワーツからホグズミード駅まで運んだセストラルの馬車は、見事な出来だったと伝えています。

Juanさんからの情報です。Thanks! (情報源はHP4U) [posted at JST 18:29/10/18/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]
■ブラックパーク撮影レポ第2弾と写真!
英ブラックパークで10月に行われた撮影の写真とレポートがHP4Uで紹介されています。写真はこちら。レポートはこちら
不死鳥の騎士団」の撮影にはダニエル君、エマちゃん、トム君(やおそらくルパート君)らが姿を見せ、キャストやクルーは全員ブラックパークの入口からセットの近くまでマイクロバスで移動。バスを降りた後、歩いて撮影現場に向かったとのこと。 (撮影シーンなどの)写真撮影は禁止されていたので、邪魔をしないで見学していた所、見学者全員にトリオのサイン入り写真が配られました。ダニエル君は大柄のガードマンに囲まれあわただしく移動し、エマちゃんはいつもながら綺麗だったと伝えています。

情報源はHP4U [posted at JST 0:00/10/9/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]
■ブラックパーク撮影レポ第1弾&ホグワーツ特急などの写真!
イギリス南部ブラックパーク(バッキンガムシャー)に建設中のホグズミード駅の写真が、ファンサイトHP4Uで配信されました。 写真はこちら、レポートはこちらでどうぞ! 

【レポート要点】
これまでの所、ホグズミード駅とプラットフォームの建設に5週間費やしており、更に撮影まで1週間前後はかかりそうとのこと。現場にはレールが敷設され、26日夜から今週末にかけて、本物のホグワーツ特急の客車や先頭車両が運び込まれる模様。ホグワーツ特急のこれらの車体は、巨大な輸送車を使い、道路輸送されています。

建設現場の周辺に置かれた立ち入り禁止用フェンスは、(安全上の理由などから)この3日間で徐々に設置範囲を広げており、関係者は車で直接囲いの中に出入りしているので、おそらく撮影が始まっても役者にサインをねだることはできないだろうとのこと。撮影は夜間に行われる予定で、先日のキングズ・クロス駅の続きのシーン(ホグズミード駅に到着して学校に向かう)を、同じ役者(トリオなど)で撮影するようだ、とレポートしています。

情報源はHP4U [posted at JST 17:20/9/28/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]
■「不死鳥の騎士団」ロケ地の新写真!
映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の新たなセット(ロケ地)映像が、ファンサイトに投稿されました。イギリス南部ブラックパーク(バッキンガムシャー)に建設されたもので、一つはホグズミード駅、もう一つの建物は不明です(笑)。 写真はこちらでどうぞ! 

なおブラックパークは、映画1・2作目でハグリッドの小屋が建設され、「炎のゴブレット」ではハグリッドがハリーに第一の課題のドラゴンを見せる場所として使われています。

情報源はMugglenet via Yahoo!News [posted at JST 18:20/9/24/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]
■キングズ・クロス駅での撮影レポート! 
ロンドンのキングズ・クロス駅で先日行われた撮影のレポートが、HP4Uで紹介されています。写真ギャラリーはこちらホグワーツ特急九と四分の三番線ダニエル君の写真があります。
※ちなみにキングズ・クロス駅の9番ホームには、観光客の記念撮影のために、普段から「九と四分の三番線」のプレートカートが設置されています。

情報源はHP4U [posted at JST 11:50/9/10/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]


■キングズ・クロス駅のロケ:高画質写真! 
先日キングズ・クロス駅で行われた撮影の写真が、ファンサイト(Veritaserum)で公開されました。こちらのギャラリーでどうぞ(小さいですが、ダン、エマ、ルパートの写真もあります・笑)! 撮影されたのは、ハリーがホグワーツ特急に乗り込む場面と、マッド-アイ・ムーディやトンクス、シャックルボルトらがハリーをエスコートするシーンだそうです。

情報源はVeritaserum [posted at JST21:35/9/5/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]

■キングズ・クロス駅で撮影! 
ロンドンのキングズ・クロス駅で3日、「不死鳥の騎士団」の撮影が行われました! 写真がWENNで見られます。写真をクリックし、新しい画面で再びサムネイル(小さい写真)をクリックすると拡大します。 ダニエル君やホグワーツ特急が見られます。

情報源はHPANA via Yahoo!News [posted at JST 10:28/9/4/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]

■不死鳥の騎士団ギャラリーオープン! 
映画「不死鳥の騎士団」の写真が増えたため、ギャラリーを開設しました!お楽しみ下さい♪[posted at JST 13:00/9/2/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]

UPDATE!:高画質映像を↑のギャラリーに追加しました。トンクス役のナタリア・テナさんやハグリッド代役、ハグリッド役のロビー・コルトレーンさん、マギー・スミスさん(マクゴナガル先生)、トム君(ドラコ・マルフォイ)など24枚あります!情報源はMuggleThai [posted at JST 11:35/9/3/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]

■ヴァージニアウォーターでのメイキング映像! 
ヴァージニアウォーターで行われた撮影の写真が、Women's Day New Zealandで紹介されています。スキャン映像がこちらで見られます!

情報源はHP'Page via GoogleNews [posted at JST 9:56/8/22/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]
■リーブスデン・スタジオでダニエル君撮影! 
英リーブスデン・スタジオで4日、「不死鳥の騎士団」の撮影が行われ、ダニエル君とダドリー役のハリー・メリング君(と思われる少年)が目撃されました。 リトル・ウィンジングでダドリーとハリーが言い合いをしている所を、吸魂鬼に襲われる場面が撮影された模様です。 なおスタジオには「夜の騎士バス」が駐車されており、5作目にも登場するようです♪ 
【写真】
©Kaye Louise-Harvey

情報源はVeritaserum via GoogleNews [posted at JST 11:40/8/6/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]

■5作目もヴァージニアウォーターで撮影! 
「不死鳥の騎士団」の撮影が、英サレー州ヴァージニアウォーターで行われたことが明らかになりました!
当地がロケ地に選ばれたのは「炎のゴブレット」に続き2回目。 レポートと写真が以下で見られます。
【レポート】 
HP4U・・(5作目映画ネタばれ注意) 闇祓の襲撃から回復したマクゴナガル先生が椅子に座りハグリッドと会話するシーンと、ドラコがヴォルデモート復活後についてクラッブとゴイルに話すシーンが撮影。 前者でマクゴナガル先生は「”名前を呼んではいけないあの人”復活す」という見出しの日刊予言者新聞を読み、ハグリッドが先生を気遣うそうです(セリフは不明)。 後者のシーンでは、ドラコが「ヴォルデモートが復活したからには、父親や死喰い人が戦いに勝つだろう」と話す模様。 撮影中デイビッド・ヘイマンプロデューサーがバイクでセットをあちこち移動していました。

【写真】
Portkey.it

〜西さんからの情報です。Thanks!) [posted at JST 12:26/8/4/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]

■オックスフォードのブレナム宮殿で撮影!
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の撮影が、英オックスフォードブレナム宮殿で今週行われた模様です。
オックスフォード・メイル紙によると、ダニエル・ラドクリフ君らキャストやクルーが、24日に同城に到着。 撮影は庭園内の湖で2日間行われ、オックスフォード出身のエマ・ワトソンさんが撮影に参加したかどうかは分かっていません。
スポークスマンは「残念ながらこの段階で詳細は明かせません。映画の公開は2007年7月で、それまで内容が話せないのです」 と述べています。
オックスフォードがロケ地に選ばれたのはこれが初めてのことではなく、過去にボドリアン図書館クライストチャーチで撮影が行われています。
記事はOxfordMail[posted at JST 21:50/7/28/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]

UPDATE!:オックスフォード・ブレナム宮殿でのメイキング映像が、こちらで3枚見られます。ダニエル君も写っています♪ 「スネイプの最悪の記憶」の場面のようですね! 〜かの子さんからの情報です。Thanks!(情報源はHPFZ) [posted at JST 18:56/8/9/2006 ポッターマニア ]


■プリベット通りのセット?!

リーブスデン・スタジオに建設中の建物の写真が、ファンサイトHarryPotterDeluxeに掲載されました!
第1章の吸魂鬼のシーンで使われる、プリベット通りやマグノリア通りのセットと思われます。 
写真1
写真2
写真3

〜Yagiさんからの情報です。Thanks!(情報源はHPDeluxe via HPFZ) [posted at JST 9:57/7/5/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]

■イタリアBalestrinoでは撮影せず!

イタリア北西部のBalestrino城などで撮影が行われる見通しと12日にお伝えしましたが、ロケ地がリークされたため、ワーナー・ブラザーズは一転して撮影を取りやめにした模様です(汗)。
BadTasteとMoviesOnlineによると、ワーナー・ブラザーズは実際にBalestrinoを視察に訪問。 当局と協議した際に秘密保持契約を締結しましたが、今回それが守られず、新聞にリークされロケ地が公表されたため、当地での撮影をキャンセルしたと伝えています。
新聞記事を書いたシルビア・アンドレットさんは「記事が出るとすぐにワーナー・ブラザーズから電話が来て、(撮影)契約は解除したと言ってきたわ 。ロケ地が公になってしまったから。 Balestrinoでの当局との打ち合わせはすべて ”秘密条項”のようなものを前提に行われていたらしいの。だから公表されるやワーナーは(撮影を)取りやめたってワケ」と話しています。
・・・ワーナー・ブラザーズは他にもサボナ近郊の町を幾つか視察したようですので、Balestrino以外(のイタリア)で撮影は行われるのかもしれませんが・・・。

記事はBadTasteMoviesOnline via GoogleNews [posted at JST 7:58/6/14/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]

■イタリアでも撮影?!

イタリア・サボナ近郊の村でも「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の撮影が行われる模様です!
イタリアの新聞Il Secolo XIXは11日、「不死鳥の騎士団」の撮影クルーと製作チームが、撮影のためサボナ近郊にある中世の面影が残る小さな町々を訪れたと報じています。 
撮影班はセカンドユニットの模様で、訪問先の一つBalestrinoの市長は「ワーナー・ブラザーズの人たちがロケ地を視察したが、まだ地方自治体と連絡はとっていない。 だが彼らはこの地方の雰囲気--ティレニア海とアルプス山脈が望める景色--を気に入ったようだ」と話しています。またワーナーは市長に対し、(建設現場やそこで働いている人々は撮影の妨げとなるため)現在行われている古い建物の修復工事を延期できないかと依頼したようです。 記事のスキャンはこちらで見られます。 Balestrinoで撮影が行われた場合、ロケ地になる可能性が高いBalestrino城の写真が載っています。

記事はMoviesonlineBadtaste via GoogleNews [posted at JST 9:50/6/12/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]

■テムズ川で撮影!

イェーツ監督の発言どおり、ロンドンのテムズ川で今年5月に撮影が行われていたことがわかりました!
ロンドン・タクシー・ツアーによると、「不死鳥の騎士団」の撮影班が乗ったボートがテムズ川に現れたのは5月中旬で、スピードを上げたり落としたりしながら撮影を行った模様です。 監督の発言から、おそらく映像はコンピューター処理され「先発護衛隊」のシーンに使われるものと思われます。 写真はこちら(上から2枚がテムズ川の撮影/次の3枚がハグリッドの小屋/最後はリーブスデン・スタジオ)

また、トルコで撮影が行われたとの情報がありますが、今のところ詳細は不明です。  同サイトはハグリッドの小屋の撮影はおもに夜間行われたと伝えています。

記事はロンドン・タクシー・ツアー via Yahoo!News [posted at JST 8:13/6/11/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]

■スコットランドのウェスト・ハイランドで撮影!

「不死鳥の騎士団」の撮影が先週、スコットランドのグレンフィナングレンコーで行われたことが分りました!
最初の撮影が目撃されたのはグレンフィナンで、ハリーの代役が、ボニー・プリンス・チャーリーの記念碑(写真手前の塔)の前でシエル湖に向かって平たい石を水切り(=水面に投げて水の上を弾ませて飛ばせる)させ、ボートに乗ったクルーがそれを撮影しました。
また、Clachaig Gully に建てられたハグリッドの小屋も、先週ヘリコプターから撮影されたと報じられています(映像はコンピューター処理されるとのこと)。
これらに先立ち、Glen Etiveでは雪の映像が撮影されました。

記事はThisisNorthScotland via Comingsoonnet [posted at JST 8:50/5/29/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]

■セットの新写真!

ドイツのファンサイトExpectoPatronumに、ハグリッドの小屋などのセットの写真が紹介されています。 背景にブルー・スクリーンが張られています。
ハグリッドの畑
ハグリッドの小屋1
ハグリッドの小屋2

〜リリカさんからの情報です。Thanks! 情報源はExpectoPatronum [posted at JST 18:45/3/27/2006 ポッターマニア 無断転載禁止]

■「不死鳥の騎士団」セットの初映像!

2月にクランクインした「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」に使われるハグリッドの小屋の映像が下記のリンクで見られます!

ハグリッドの小屋(建設中)1
ハグリッドの小屋(建設中)2
ハグリッドの小屋(建設中)3・・・1,2とよく似た映像ですが4枚あります(うち1枚はトレーラー) 

情報源はExpecto-Patronum.com via Comingsoon.netVeritaserum via ローズさん Thanks! [posted at JST 21:34/3/1・17:12/2/26/2006 ポッターマニア 無断転載禁止] 




ツイッターをフォロー YouTube

サイト内検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

 

 

ハリー・ポッター アドベントカレンダー新発売 情報


鬼滅の刃 塗絵帳 -橙-


ハリー・ポッター日めくりカレンダー2022年 情報


【ハリー・ポッター 8-Film ホグワーツ・エクスプレス コレクターズBOX (4K ULTRA HD&BDセット33枚組)】1000セット限定シリアル番号入12/1発売 情報NEW!


ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット (8枚組) [Blu-ray]


ホグワーツ4寮デザイン『賢者の石』英語版グリフィンドール 情報


 

最新ニュース
  • ポッターマニア最新ニュースUPDATE!
  • ハリポタ・ファンタビ最新グッズリストUPDATE!
  • 「ファンタビ・ハリポタ」イベント・発売スケジュール2021年UPDATE!
  • ポッターマニア開設20周年大感謝キャンペーン実施中!NEW!
  • ファンタビ3、舞台はブータン、中国!NEW!
  • 【ファンタビ3】タイトルは『The Secrets of Dumbledore』公開日も決定NEW!
  • 映画『ファンタビ3』、これまでに分かったことUPDATE!
  • 【USJ×鬼滅の刃】イベント開催中NEW!
    グッズ&フードカート、禰豆子ポップコーンバケツ情報NEW!
    イベント詳細&初日プレビューNEW!
    柱たちメニューNEW!
  • 舞台「呪いの子」2022年7/8開幕決定NEW!
  • USJ、ポケモンとの提携発表NEW!
  • 「マホウドコロ」ポップアップストア、東京ソラマチに10/15〜開催NEW!
  • 新イベント「魔法ワールドからの贈り物」11/11〜丸の内で開催NEW!
  • 病院搬送されたトム・フェルトン、外出する姿が初目撃NEW!
  • 【日本ゲーム大賞2021】「ゴーストオブツシマ」と「モンスターハンターライズ」がW受賞NEW!
  • J.K.ローリングが「ハリポタ」を書いたカフェで火災NEW!
  • ハリポタの初代イラストレーターのファンタジー『マラマンダー』発売NEW!
  • 「東京ゲームショウ2021 オンライン」10/3まで開催NEW!
  • 【手編みキット】グリフィンドールマフラー、バックパックなど発売中NEW!
  • 【USJ】スーパー・ニンテンドー・ワールドに「ドンキーコング」の新エリアNEW!
  • 【グッズ】「ハリポタぬり絵ブック」来年1月発売NEW!
  • 病院搬送されたトム・フェルトン、快方報告NEW!
  • トム・フェルトン、ゴルフ中に倒れて病院搬送NEW!
  • 【マホウドコロ】「DARK ARTS」がスタートNEW!
  • 【新刊】「ハリー・ポッターの描き方」2022年発売NEW!
  • ハリポタ8-Filmホグワーツ・エクスプレス コレクターズBOX12/1発売NEW!
  • 『賢者の石』20周年記念クイズ特番、ヘレン・ミレンが司会NEW!
  • 【洋書】『賢者の石』25周年版2022年発売NEW!
  • ハリポタ公式アドベントカレンダー発売中NEW!
  • 【USJハロウィン】
    初日レポートNEW!
    イベント内容詳細NEW!
    ゲゲゲの鬼太郎・ザ・リアル
  • 「ハリー・ポッター」守護霊のガイド付き日記2022年登場NEW!
  • ハリポタウィークリー手帳スケジュール帳発売中NEW!
  • 占い学 「ライトアップ水晶玉」発売中NEW!
  • 【グッズ】「ハリー・ポッター:友情と敵 ムービースクラップブック」2022年発売NEW!
  • 【グッズ】ねんどろいどもあ きせかえホグワーツユニフォーム発売NEW!
  • JKR新作童話「クリスマス・ピッグ」日本語・原書10月発売NEW!
  • ホグワーツ4寮デザイン『死の秘宝』特別コンテンツ紹介!UPDATE!
  • 【新グッズ】ハリー・ポッター iPhone 12Pro対応 耐衝撃ハイブリッドケース発売中NEW!
  • ハリー・ポッター・スティッカーブック10月発売NEW!
  • 「ハリポタパーティ公式ガイド」10月発売NEW!
  • 【グッズ】「ハリー・ポッター フェルトキット」10月発売NEW!
  • 「スタジオツアー東京」正式着工!NEW!
  • イラスト本『Harry Potter:A Magical Year』10月発売NEW!
  • 魔法族大図鑑<並製版>発売NEW!
  • 公式水彩画ぬり絵「水彩画マジック」10月発売NEW!
  • 洋書「ダイアゴン横丁ツアー本」発売中NEW!
  • ハリー・ポッター 公式料理本が登場NEW!
  • 【新刊】逆転時計を手作り!公式クラフト本発売NEW!
  • USJスーパー・ニンテンドー・ワールド徹底解剖NEW! グッズNEW!
  • 4寮グッズと小冊子がセットになった「ハリー・ポッター マジック」発売中NEW!
  • 【新刊】ハリポタ「かぎ針編み本」発売中NEW!
  • 忍びの地図、ホグワーツの手紙など7点が付いた「トランクセット」発売中NEW!
  • 【中身写真】ミナリマデザイン版『秘密の部屋』10月発売NEW!
  • ハリポタ公式編み物本 第2弾9月発売NEW!
  • 【原書】4寮版『謎のプリンス』特別コンテンツNEW!
  • モレスキン「ハリポタ」2021-2022年手帳発売NEW!
  • ハリー・ポッター映画大図鑑シリーズ 全12巻セット発売NEW!
  • 【スネイプ先生】アラン・リックマンさんの日記が本になって2022年発売NEW!
  • 和書『ハリポタ映画大図鑑』9〜12巻発売NEW!
  • ホグワーツ4寮のノートセット続々発売中NEW!
  • エドワードの視点で書かれたトワイライト新作『ミッドナイト・サン』がベストセラーにNEW!
  • 『ハリー・ポッターと呪いの子』新書サイズで発売NEW!
  • 【和書】『ハリー・ポッター映画大図鑑』第5〜8巻発売NEW!
  • 【和書】『ハリー・ポッター映画大図鑑』第1〜4巻発売中NEW!
  • 【洋書】20周年記念版 ホグワーツ4寮デザイン『不死鳥の騎士団』発売NEW!
  • 【和書】新装版ハリポタ 続々発売中NEW!
  • 【新型コロナウイルス】家庭や職場でできるパンデミック対策NEW!
  • 舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』、2022年夏に日本初上陸!NEW!
  • 『黒い魔法使いの誕生』BD・DVD発売中NEW!
  • 『アズカバンの囚人』20周年版特別コンテンツ紹介NEW!
  • 「ファンタビ」映画オリジナル脚本版日本語版 英語版NEW!
  • 【ファンタビ2キャスト来日イベント動画・写真】 初日舞台挨拶、鏡開きで大ヒット祈願 | スペシャルファンナイト」レポート | レッドカーペットイベント開催 |  高画質写真NEW!
  • 映画『ファンタビ』関連本、ハーパーコリンズ社から発売NEW!  『魔法のアーカイブ』中身紹介&ミナリマインタビューNEW!
  • 日本語『賢者の石』20周年記念版発売NEW!
  • 『ファンタスティックビースト』俳優ファンレター宛先
  • 【ファンタビ前作特集】大雨のレッドカーペット | スペシャル・ファン・ナイト開催 | キャストが初日舞台挨拶で鏡開き| 映画情報
  • ハリポタ/ファンタスティック・ビースト グッズ・リスト
  • 【ロンドンレポート】「ハリー・ポッターと呪いの子」観劇レポ1 | 観劇レポ2 | 9と4分の3番線と公式グッズ店
  • 「ハリポタ」ブルーレイ・DVD完全版
  • 【新作演劇『ハリー・ポッターと呪いの子』全まとめ】舞台と脚本書籍、これだけは知っておきたい
  • 【USJハリポタ新アトラクション】「ワンド・スタディ」徹底解剖「ワンド・マジック」徹底解剖
  • 【独占取材 マルフォイ親子W来日】
    来日サイン会でファンに大サービストム・フェルトン&ジェイソン・アイザックス来日高画質画像
  • 特典満載「ハリポタ」コレクターズ版DVD/BDがお安くなって再発売
  • USJ「ハリポタ」エリア内でしか買えないおススメグッズ
  • 【人気記事】ハニーデュークス人気お菓子ランキングリニューアルした「ハニーデュークス」レポフェイスペイント
  • 【人気記事】トム・フェルトン2015来日インタビュー「日本のファンは特別さ」高画質写真
  • 【人気記事】USJ「フォービドゥン・ジャーニー」世界初3D化!セレモニーにSMAP、トム・フェルトン出席| 高画質画像ハイライト動画
  • 人気【USJハリポタ徹底解剖】 >「ハニーデュークス」お菓子ベスト25ビバリーヒルズ・ギフトUPDATE!「ユニバーサル・スタジオ・ストアUPDATE!ダービシュUPDATE!フィルチUPDATE!グラドラグスホグワーツ城オリバンダーUPDATE!ハニーデュークスUPDATE! | ヒッポグリフ  グッズ・アトラクション高画質画像
  • 【USJハリポタくわしい情報♪】
    ★初めてでも迷わない!入場方法&整理券の取り方!
    ★USJハリポタに行く前に知っておきたい7つのこと
    ★夜景おすすめの撮影スポット
    ★並ばずに入る
    ★事前予約なし!入場券だけでスムーズに楽しむ
  • 【USJハリポタエリア高画質写真】UPDATE!
    ホグワーツ特急ハニーデュークスフィルチふくろう便オリバンダーヒッポグリフ
  • 【人気記事】USJハリポタついにグランドオープン!セレモニーレポ!前夜祭&初日画像
  • 【人気記事】USJ「ハリー・ポッター」前夜祭にイヴァナ・リンチ、トム・フェルトン、SMAP出席!
  • 【人気記事】エマ・ワトソンチャリティ写真集
  • 【人気記事】米オーランド「ダイアゴン横丁」まとめ
  •  
  • ワーナー・スタジオ見学ツアー、詳しいアトラクション・行き方・チケット購入方法など写真
  • 『ハリー・ポッター』ブルーレイ&DVD絶賛発売中!映画情報写真
  • 7巻のハンドブック、『ハリー・ポッター大事典1巻から7巻を読むために』絶賛発売中!





  •  

     

    Copyright© 2001-2021 Pottermania All Rights Reserved.
    Reproduction in whole or in part without permission is prohibited.
    当サイトの記事・情報・投票・画像を含むすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
    転載をご希望の方は事前にメールでご連絡ください。