ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

作品紹介/プロダクション・ノート
Production Note

映画情報
  公式スチル レビュー 予告編・特別映像動画 
プロダクション・ノート
プロダクション・ノート1|2| (End)

「小僧が我々の秘密をかぎつけたぞ、ナギニ」

自分とヴォルデモートをつなぐ不可解な接点に、ハリーはおびえ、苦しむが、その接点ゆえにヴォルデモートの心の内を読むことができる。ついにヴォルデモートはハリーたちの動きに感づいたらしい。さらに悪いことに、分霊箱を破壊するたびにヴォルデモートは衰弱するどころか危険性を増し、追い詰められた手負いの獣のようになっていく。

イェーツが説明する。「ハリーが分霊箱を探していることを知ったヴォルデモートは初めて生命の危機を感じるんだ。そして肉体的にも精神的にも弱くなる」

「分霊箱がひとつ壊れると、ヴォルデモートを支えているものもひとつ壊れる。監督のデイビッドには『ヴォルデモートが内側から崩れていくようすを演じてほしい』と言われたよ」とレイフ・ファインズは明かす。「デイビッドのビジョンはすばらしかった。たとえ数秒間のシーンであっても、ヴォルデモートの内部で起きていることを、ひとつ残らず描き出そうとしてくれたんだ。僕にとっては本当にありがたかった」

イェーツが言う。「僕もレイフも、ヴォルデモートが感じている恐怖や怒り、ヴォルデモートが悪の化身になった理由をすべて表現したかったんだ」

視覚効果を監修するティム・バークは、分霊箱とともに破壊されるヴォルデモートのかけらを目に見える形で表現しようと考えた。「ヴォルデモートの悪意を具現化するからには、陰湿で恐ろしい映像にしなければなりません。観客の恐怖心を呼び覚ますくらいのビジュアルをめざしました」

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』で復活を遂げたヴォルデモートだが、そのヘビを思わせる容姿は視覚効果の力なくしては完成しなかっただろう。バークが説明する。「我々はその作業を“デジタル・メイク”と呼んでいますが、レイフ・ファインズの顔の造作を少々いじって、ヘビっぽい特徴を加えるんです。細長い鼻の穴はそのひとつですね。デジタル・メイクを施すには、ヴォルデモートの登場するシーンをひとコマずつ検証して、レイフの表情の変化を追いました。それは相当な重労働でした」

視覚効果チームはヘビそのものにもデジタル技術を駆使。そのヘビとはヴォルデモートのそばを片時も離れない、ペットのナギニだ。「ヴォルデモートもナギニにだけはやさしく接するんだ」とファインズは言う。「たぶん、生まれて初めて心を許した相手じゃないかな。ナギニは相棒のような存在なんだよ」

「あなたはダンブルドア先生の弟、アバーフォースですね」

ヴォルデモートの心の内をのぞいたハリーは、残りの分霊箱がホグワーツにあることを確信する。「ヴォルデモートがホグワーツを分霊箱の隠し場所に選んだとしても不思議はないわ」とローリングは指摘する。「これまでにもヴォルデモートは自分にゆかりのある場所を隠し場所にしてきた。それに彼はかつてホグワーツに暮らしていたでしょう。そこはヴォルデモートとハリーの大きな共通点―どちらにとっても、ホグワーツは安全な逃げ場だったの」

しかしハリーにとって安住の地だったホグワーツも、今では敵陣に変わってしまった。死喰い人が校内を制圧し、吸魂鬼(ディメンター)が校舎の周辺を巡回。そんなところへ戻れば、ハリー自身はもちろん、生徒や先生をも危険にさらすことになるだろう。しかし、冒さなければならない危険もある。

ハリー、ハーマイオニー、ロンはホグズミードの秘密の通路を経由して、ホグワーツに潜入する。しかし3人の姿は捕らえられ、アラームが鳴り響く。3人が逃げ場を失うと思われたその瞬間、ある扉が開き、見覚えのある風貌をした人物が3人を部屋の中に招き入れてくれた。今は亡きアルバス・ダンブルドアの面影を宿すその人物は、ダンブルドアと疎遠になっていた実弟アバーフォース・ダンブルドアだった。

キアラン・ハインズ扮するアバーフォースは兄に対して積年の恨みをもっているが、それは幼少期の出来事に端を発していた。ハインズが説明する。「兄弟の間にわだかまりが生まれたのは、アルバスがある決断をしたことによって、妹のアリアナが命を落とすことになったからなんだ。その口ぶりから察するに、アバーフォースの心の時計は、そのときから止まったままじゃないかな」

ハインズ扮するアバーフォースとマイケル・ガンボン演じるアルバスは瓜二つの兄弟というわけではない。しかし特殊メイク効果のニック・ダドマンとメイクアップ・デザイナーのアマンダ・ナイトの尽力によって、ふたりの間に血のつながりがあることは容易に見て取れる。

だが服装となると話は別だ。衣装のジャニー・ティマイムが指摘する。「ふたりの格好は対照的です。アバーフォースはパブの経営者ですが、アルバスは教師でしたからね。ただし、ふたりには同じスコットランド系の血が流れていますから、素材にキルトを採り入れてみました」

ハリーを助けてくれたアバーフォースだが、兄に対するわだかまりをハリーにもぶつける。しまいには「命を賭してまでアルバスに託された使命をまっとうする必要はない」とハリーに勧告する。たしかに、ダンブルドアにまつわる黒い噂はハリーの耳にも入っていたが、それでもハリーの気持ちは揺るがない。「最終章のメインテーマのひとつは信頼関係なんだ」とラドクリフが指摘する。「人格が問われている人物をハリーはいつまで信じていられるんだろう」

その問いに、製作のバロンが答える。「ハリーは心に決めるんです、自分が知っているダンブルドア先生を信じようと。ずっと尊敬してきた先生、いつでも頼りになった先生を信じることにしたんですよ。そう決めた以上、ダンブルドアに託された重大な使命は是が非でもまっとうしなくてはいけません」

「スネイプに知られたわ。スネイプはハリーが戻ってきたことを知っているの」

ハリーの固い決意にアバーフォースは根負けし、ハリーの力になってくれる協力者を呼び寄せた??同級生のネビル・ロングボトムだ。3人はネビルとの再会を喜ぶ一方で、その痛々しい姿にがく然とする。ネビルが制裁を受けたことは一目瞭然だ。それだけホグワーツは変わってしまったのだろう。現在の校長は、あのセブルス・スネイプだ。

「ホグワーツの校風は変わってしまいました」と製作のヘイマンは言う。「死喰い人が支配する今、彼らのルールに従わない者には容赦ない制裁が加えられるんです」

「本当に不気味な学校になってしまったよ。もはや学校というよりは刑務所に近い感じだね」とイェーツが指摘する。その不気味なムードを表現するために、監督のイェーツと撮影のエドゥアルド・セラは明快な手法を採った。「色調を変化させることにしたんだ。青や寒色が基調なんだけど、それが時間とともに黄や赤の暖色系に変わっていく。黄色や赤色は火の象徴であり、血の象徴。その二色を多用した後半は、壮大なスケールの戦争映画という雰囲気にしたかったんだ」

ネビルの案内で秘密のトンネルを抜け、ホグワーツの校内に入ったハリー、ハーマイオニー、ロンは懐かしい仲間に迎えられる。ハリーの顔を見て、ルーナ・ラブグッド(イバンナ・リンチ)、チョウ・チャン(ケイティー・ラング)、シェーマス・フィネガン(デボン・マレイ)、ディーン・トーマス(アルフィー・イーノック)は歓喜に沸き、安堵と希望の表情を浮かべる。ハリーがホグワーツに帰ってきたことによって、ダンブルドア軍団を再結成できるからだ。「ハリーの存在そのものが、みんなを元気づけるんです」と製作のバロンは言う。「強力な味方の帰還に心強さを感じるからでしょう」

だが、先に助けを求めたのはハリーのほうだった。ハリーはホグワーツのどこかに隠されている分霊箱の情報を集めようとするが、分かっているのはロウェナ・レイブンクローに関係があるということだけ。レイブンクロー組のルーナとチョウは、分霊箱の正体はロウェナの髪飾りではないかと言い出す。ふたりによると、その髪飾りはティアラの一種だが、それを見た者はこの世にいないらしい。ハリーはすぐに行動を起こそうとするが、そこへジニー・ウィーズリーが駆け込んできた。ジニーはハリーに再会した喜びを抑えながら、全員に報告する―ハリーが戻ってきたことがばれてしまった。スネイプも知っている。

ジニーにとって、憧れの先輩だったハリーは今では公認の恋人だ。ジニーを再演するボニー・ライトが話す。「再会したふたりは、お互いの心が通じ合っていることを確認するんだけれど、イチャついてる暇はないの。事態は一刻を争うわ。ジニーはハリーが背負っている責任の重さを理解しているし、そういうハリーだからこそ好きになった。だけど彼女にとってハリーは、あくまでハリー。“選ばれし者”ではけっしてないわ。ジニーを演じてきてよかったと思っているわ。内気な女の子がこんなに頼もしい女性に成長したんだもの」

スネイプは大広間に全校生徒と職員を集める。昔は温かく迎えてくれた大広間は冷たく暗い空間に変わってしまった。ごちそうが並んでいた長いテーブルも、宙に浮くキャンドルも姿を消した。にぎやかに集まってきた生徒たちも、今では組ごとに整列し、粛々と行進しながら入ってくる。しかし、その隊列のおかげで、額の傷とメガネが特徴の我らがヒーローは大広間に潜り込むことができた。

アラン・リックマン扮するスネイプは今回も謎めいた雰囲気を漂わせている。スネイプは集まった生徒たちを前に、例によって重々しい口調で警告した―ハリー・ポッターに手を貸す者は例外なく「厳しく」罰する。「アランのあの話し方、間の取り方には脱帽するね」とイェーツは感心する。「あんなにゆっくりとセリフを言える俳優にはお目にかかったことがないよ。その一言一句に、その息づかいに、ついつい聞き入ってしまう。次は何を言うんだろうとドキドキするよ」

「原作に従っているだけなんだ」とリックマンは役づくりの秘訣を明かす。「ジョーはすばらしいロードマップを提供してくれたよ。原作を読めば、スネイプの髪形や服装がイメージできる。どうやら彼は一着しか持っていないようだね(笑)。スネイプは昔から一匹狼で、声を上げることもない。それでいて一発触発の危うさを秘めているんだ」

スネイプの話が終わろうとしたそのとき、ハリーは自ら前に進み出て、スネイプと対峙する。目の前にいるのはダンブルドアを手にかけ、ぬけぬけと校長の座に就いた男だ。ハリーの捨て身の行動に仲間も教師も突き動かされる。真っ先にハリーの援護に回ったのはマクゴナガル先生とフリットウィック先生だ。そして、出入り口の近くにはリーマス・ルーピン(デイビッド・シューリス)とキングズリー・シャックルボルト(ジョージ・ハリス)が控え、ウィーズリー家の面々―母親のモリー(ジュリー・ウォルターズ)、父親のアーサー(マーク・ウィリアムズ)、双子の息子のフレッドとジョージ(ジェイムズ&オリバー・フェルプス)、長男のビル(ドムナル・グリーソン)と新妻のフラー(クレマンス・ポエジー)も戦闘態勢に入る。選ばれし者ハリー・ポッターの帰還を受けて、不死鳥の騎士団のメンバーが再び集結し、ヴォルデモート率いる闇の勢力と戦うために立ち上がったのだ。

マギー・スミス演じるミネルバ・マクゴナガルはスネイプとハリーの間に立ちはだかり、同僚のスネイプと激しく杖を交える。「マギーは世界屈指の名女優だ。セリフひとつ言わせても存在感が違う」とイェーツは絶賛する。「機会があったら、また一緒に組みたいね」

スネイプは恐れをなして退散するが、ほっとしたのもつかの間、今度はヴォルデモートの気配が校内を包み込む。開戦のときが刻一刻と迫るなか、マクゴナガルは呪文を放ってホグワーツの衛兵を招集し、城を守るように命じる。これまでホグワーツを静かに見守ってきた石の衛兵たちがマクゴナガルの魔法によって命を吹き込まれたのだ。スチュアート・クレイグ率いる美術チームが石の衛兵をデザイン、制作し、ティム・バーク率いる視覚効果チームが衛兵に動きを与えた。

さらに視覚効果チームは呪文が築いたバリケードをCGで制作。その際に参考になったのはクラゲだった。ティム・バークが話す。「クラゲは複雑な構造をしていますが、それでいて透明感があり、光を発します。そのイメージをもとにしてビジュアルを考案したんですが、生き物のような動きを出すことができました」

バリケードを設けたところで、敵の侵入をいつまでも防げるわけではない。しかし、ネビル、シェーマス、ジニーが迎撃の準備をする時間は稼げる。また、その時間を利用してハリーも分霊箱を探すことができるのだ。ヘイマンが指摘する。「残りの分霊箱が見つからなければ、ハリー側に勝機はありません」

【プロダクション・ノート】
プロダクション・ノート1
プロダクション・ノート2
プロダクション・ノート3
(End)

 

 

ツイッターをフォロー YouTube

 

サイト内検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

 

ハリー・ポッター アドベントカレンダー新発売 情報


鬼滅の刃 塗絵帳 -橙-


ハリー・ポッター日めくりカレンダー2022年 情報


【ハリー・ポッター 8-Film ホグワーツ・エクスプレス コレクターズBOX (4K ULTRA HD&BDセット33枚組)】1000セット限定シリアル番号入12/1発売 情報NEW!


ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット (8枚組) [Blu-ray]


ホグワーツ4寮デザイン『賢者の石』英語版グリフィンドール 情報


 

最新ニュース
  • ポッターマニア最新ニュースUPDATE!
  • ハリポタ・ファンタビ最新グッズリストUPDATE!
  • 「ファンタビ・ハリポタ」イベント・発売スケジュール2021年UPDATE!
  • ポッターマニア開設20周年大感謝キャンペーン実施中!NEW!
  • ファンタビ3、舞台はブータン、中国!NEW!
  • 【ファンタビ3】タイトルは『The Secrets of Dumbledore』公開日も決定NEW!
  • 映画『ファンタビ3』、これまでに分かったことUPDATE!
  • 【USJ×鬼滅の刃】イベント開催中NEW!
    グッズ&フードカート、禰豆子ポップコーンバケツ情報NEW!
    イベント詳細&初日プレビューNEW!
    柱たちメニューNEW!
  • 舞台「呪いの子」2022年7/8開幕決定NEW!
  • USJ、ポケモンとの提携発表NEW!
  • 「マホウドコロ」ポップアップストア、東京ソラマチに10/15〜開催NEW!
  • 新イベント「魔法ワールドからの贈り物」11/11〜丸の内で開催NEW!
  • 病院搬送されたトム・フェルトン、外出する姿が初目撃NEW!
  • 【日本ゲーム大賞2021】「ゴーストオブツシマ」と「モンスターハンターライズ」がW受賞NEW!
  • J.K.ローリングが「ハリポタ」を書いたカフェで火災NEW!
  • ハリポタの初代イラストレーターのファンタジー『マラマンダー』発売NEW!
  • 「東京ゲームショウ2021 オンライン」10/3まで開催NEW!
  • 【手編みキット】グリフィンドールマフラー、バックパックなど発売中NEW!
  • 【USJ】スーパー・ニンテンドー・ワールドに「ドンキーコング」の新エリアNEW!
  • 【グッズ】「ハリポタぬり絵ブック」来年1月発売NEW!
  • 病院搬送されたトム・フェルトン、快方報告NEW!
  • トム・フェルトン、ゴルフ中に倒れて病院搬送NEW!
  • 【マホウドコロ】「DARK ARTS」がスタートNEW!
  • 【新刊】「ハリー・ポッターの描き方」2022年発売NEW!
  • ハリポタ8-Filmホグワーツ・エクスプレス コレクターズBOX12/1発売NEW!
  • 『賢者の石』20周年記念クイズ特番、ヘレン・ミレンが司会NEW!
  • 【洋書】『賢者の石』25周年版2022年発売NEW!
  • ハリポタ公式アドベントカレンダー発売中NEW!
  • 【USJハロウィン】
    初日レポートNEW!
    イベント内容詳細NEW!
    ゲゲゲの鬼太郎・ザ・リアル
  • 「ハリー・ポッター」守護霊のガイド付き日記2022年登場NEW!
  • ハリポタウィークリー手帳スケジュール帳発売中NEW!
  • 占い学 「ライトアップ水晶玉」発売中NEW!
  • 【グッズ】「ハリー・ポッター:友情と敵 ムービースクラップブック」2022年発売NEW!
  • 【グッズ】ねんどろいどもあ きせかえホグワーツユニフォーム発売NEW!
  • JKR新作童話「クリスマス・ピッグ」日本語・原書10月発売NEW!
  • ホグワーツ4寮デザイン『死の秘宝』特別コンテンツ紹介!UPDATE!
  • 【新グッズ】ハリー・ポッター iPhone 12Pro対応 耐衝撃ハイブリッドケース発売中NEW!
  • ハリー・ポッター・スティッカーブック10月発売NEW!
  • 「ハリポタパーティ公式ガイド」10月発売NEW!
  • 【グッズ】「ハリー・ポッター フェルトキット」10月発売NEW!
  • 「スタジオツアー東京」正式着工!NEW!
  • イラスト本『Harry Potter:A Magical Year』10月発売NEW!
  • 魔法族大図鑑<並製版>発売NEW!
  • 公式水彩画ぬり絵「水彩画マジック」10月発売NEW!
  • 洋書「ダイアゴン横丁ツアー本」発売中NEW!
  • ハリー・ポッター 公式料理本が登場NEW!
  • 【新刊】逆転時計を手作り!公式クラフト本発売NEW!
  • USJスーパー・ニンテンドー・ワールド徹底解剖NEW! グッズNEW!
  • 4寮グッズと小冊子がセットになった「ハリー・ポッター マジック」発売中NEW!
  • 【新刊】ハリポタ「かぎ針編み本」発売中NEW!
  • 忍びの地図、ホグワーツの手紙など7点が付いた「トランクセット」発売中NEW!
  • 【中身写真】ミナリマデザイン版『秘密の部屋』10月発売NEW!
  • ハリポタ公式編み物本 第2弾9月発売NEW!
  • 【原書】4寮版『謎のプリンス』特別コンテンツNEW!
  • モレスキン「ハリポタ」2021-2022年手帳発売NEW!
  • ハリー・ポッター映画大図鑑シリーズ 全12巻セット発売NEW!
  • 【スネイプ先生】アラン・リックマンさんの日記が本になって2022年発売NEW!
  • 和書『ハリポタ映画大図鑑』9〜12巻発売NEW!
  • ホグワーツ4寮のノートセット続々発売中NEW!
  • エドワードの視点で書かれたトワイライト新作『ミッドナイト・サン』がベストセラーにNEW!
  • 『ハリー・ポッターと呪いの子』新書サイズで発売NEW!
  • 【和書】『ハリー・ポッター映画大図鑑』第5〜8巻発売NEW!
  • 【和書】『ハリー・ポッター映画大図鑑』第1〜4巻発売中NEW!
  • 【洋書】20周年記念版 ホグワーツ4寮デザイン『不死鳥の騎士団』発売NEW!
  • 【和書】新装版ハリポタ 続々発売中NEW!
  • 【新型コロナウイルス】家庭や職場でできるパンデミック対策NEW!
  • 舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』、2022年夏に日本初上陸!NEW!
  • 『黒い魔法使いの誕生』BD・DVD発売中NEW!
  • 『アズカバンの囚人』20周年版特別コンテンツ紹介NEW!
  • 「ファンタビ」映画オリジナル脚本版日本語版 英語版NEW!
  • 【ファンタビ2キャスト来日イベント動画・写真】 初日舞台挨拶、鏡開きで大ヒット祈願 | スペシャルファンナイト」レポート | レッドカーペットイベント開催 |  高画質写真NEW!
  • 映画『ファンタビ』関連本、ハーパーコリンズ社から発売NEW!  『魔法のアーカイブ』中身紹介&ミナリマインタビューNEW!
  • 日本語『賢者の石』20周年記念版発売NEW!
  • 『ファンタスティックビースト』俳優ファンレター宛先
  • 【ファンタビ前作特集】大雨のレッドカーペット | スペシャル・ファン・ナイト開催 | キャストが初日舞台挨拶で鏡開き| 映画情報
  • ハリポタ/ファンタスティック・ビースト グッズ・リスト
  • 【ロンドンレポート】「ハリー・ポッターと呪いの子」観劇レポ1 | 観劇レポ2 | 9と4分の3番線と公式グッズ店
  • 「ハリポタ」ブルーレイ・DVD完全版
  • 【新作演劇『ハリー・ポッターと呪いの子』全まとめ】舞台と脚本書籍、これだけは知っておきたい
  • 【USJハリポタ新アトラクション】「ワンド・スタディ」徹底解剖「ワンド・マジック」徹底解剖
  • 【独占取材 マルフォイ親子W来日】
    来日サイン会でファンに大サービストム・フェルトン&ジェイソン・アイザックス来日高画質画像
  • 特典満載「ハリポタ」コレクターズ版DVD/BDがお安くなって再発売
  • USJ「ハリポタ」エリア内でしか買えないおススメグッズ
  • 【人気記事】ハニーデュークス人気お菓子ランキングリニューアルした「ハニーデュークス」レポフェイスペイント
  • 【人気記事】トム・フェルトン2015来日インタビュー「日本のファンは特別さ」高画質写真
  • 【人気記事】USJ「フォービドゥン・ジャーニー」世界初3D化!セレモニーにSMAP、トム・フェルトン出席| 高画質画像ハイライト動画
  • 人気【USJハリポタ徹底解剖】 >「ハニーデュークス」お菓子ベスト25ビバリーヒルズ・ギフトUPDATE!「ユニバーサル・スタジオ・ストアUPDATE!ダービシュUPDATE!フィルチUPDATE!グラドラグスホグワーツ城オリバンダーUPDATE!ハニーデュークスUPDATE! | ヒッポグリフ  グッズ・アトラクション高画質画像
  • 【USJハリポタくわしい情報♪】
    ★初めてでも迷わない!入場方法&整理券の取り方!
    ★USJハリポタに行く前に知っておきたい7つのこと
    ★夜景おすすめの撮影スポット
    ★並ばずに入る
    ★事前予約なし!入場券だけでスムーズに楽しむ
  • 【USJハリポタエリア高画質写真】UPDATE!
    ホグワーツ特急ハニーデュークスフィルチふくろう便オリバンダーヒッポグリフ
  • 【人気記事】USJハリポタついにグランドオープン!セレモニーレポ!前夜祭&初日画像
  • 【人気記事】USJ「ハリー・ポッター」前夜祭にイヴァナ・リンチ、トム・フェルトン、SMAP出席!
  • 【人気記事】エマ・ワトソンチャリティ写真集
  • 【人気記事】米オーランド「ダイアゴン横丁」まとめ
  •  
  • ワーナー・スタジオ見学ツアー、詳しいアトラクション・行き方・チケット購入方法など写真
  • 『ハリー・ポッター』ブルーレイ&DVD絶賛発売中!映画情報写真
  • 7巻のハンドブック、『ハリー・ポッター大事典1巻から7巻を読むために』絶賛発売中!



  •  

     


     

     

     

     

    Copyright© 2001-2021 Pottermania All Rights Reserved.
    Reproduction in whole or in part without permission is prohibited.
    当サイトの記事・情報・投票・画像を含むすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
    転載をご希望の方は事前にメールでご連絡ください。