「アメリカン・スナイパー」 映画情報


2015年2月21日(土)公開 R15+

概要イントロダクションストーリークリス・カイル プロフィール(ネタバレ注意)
レビュー動画・写真クレジット上映映画館リスト

『アメリカン・スナイパー』全商品



©2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
概要
■公開年:2015年2月21日
■ジャンル :アクション・ドラマ
■上映時間:132分
■スタッフ:
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ジェイソン・ホール
■キャスト:
ブラッドリー・クーパー
シエナ・ミラー
ジェイク・マクドーマン
ルーク・グライムス
ナヴィド・ネガーバン
キーア・オドネル

■配給:ワーナー・ブラザース

IMDb


イントロダクション

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

伝説的スナイパーの衝撃と感動の実話
原作は13週にわたりニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー1位を獲得したクリス・カイルの自伝。米軍史上最強と謳われた伝説のスナイパー・クリス・カイルの真実のドラマを映画化。

  監督は『許されざる者』(1992)『ミリオンダラー・ベイビー』(2004)でアカデミー賞作品賞と監督賞を2度受賞した名匠クリント・イーストウッド。手に汗握る戦闘シーンは、彼のキャリアの到達点と呼べるものだろう。カイル自身も「自分の本を映画化するならクリント・イーストウッドに監督して欲しい」と希望しており、夢のコラボが実現した。

クリス・カイル役には、『世界にひとつのプレイブック』(2012)『アメリカン・ハッスル』(2013)で2度のアカデミー賞・ノミネートを果たしたブラッドリー・クーパー。プロデューサーとして自ら映画化権を獲得、カイルの同僚であったネイビー・シールズとともに過酷な食事制限を課し、20キロ体重を増加。国家と家族に献身した主人公の感情を繊細にリアルに演じきった。

カイルの最愛の妻役として『G.I.ジョー』シエナ・ミラーが出演、ネイビーシールズ隊員の妻が直面する試練を体当たりで表現している。



国を愛し、家族を愛した男
テキサス州に生まれ育ち、少年の頃の夢はカウボーイか軍人。 2003年にイラク戦争が始まってから4回に渡り遠征。その常人離れした狙撃の精度は1.9q向こうの標的を確実に射抜くほどだったという。公式記録としては米軍史上最多の160人を射殺。味方からは「伝説の狙撃手」と英雄視される一方、イラクの反政府武装勢力からは「ラマディの悪魔」と怖れられ、その首には2万ドルの懸賞金がかけられた。

しかしカイルの素顔は、命がけの壮絶な局面でも仲間を一心に守りたい、そして遠い戦地にいながらも大切な家族に良き夫、良き父でありたいと願うひとりの男。危険な戦場で極限の状態におかれながらも、故国で待つ家族をこよなく愛する主人公の使命感と犠牲を生々しく掘り下げている。



全米興行収入3億ドルを突破!ワーナー・ブラザース史上5番目に興収を稼いだ映画に!
全米興行収入は、すでに3億ドルを突破(2013年2月21日現在)。アカデミー賞受賞作『ミリオンダラー・ベイビー』(約1億40万ドル)はもちろん、イーストウッド監督キャリア最大のヒット作『グラン・トリノ』(約1億4800万ドル)を超える、同監督史上最大のヒット映画に。

ワーナー・ブラザースの全米興行収入記録においても、『ダークナイト』(約5億3400万ドル)、『ダークナイト ライジング』(約4億4800万ドル)、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(約3億8100万ドル)、『ハリー・ポッターと賢者の石』(約3億1700万ドル)に次ぐ歴代5位の作品となっている。



ミシェル・オバマ米大統領夫人が大称賛!
本作を鑑賞したオバマ大統領夫人は、現地時間1月30日にワシントンDCで開催されたイベントで「この映画は、私がこれまで軍関係者から聞いてきた話や経験を思い起こさせます。この映画は私が聞いた厳しい状況に陥ってしまった退役軍人の話と同じ」とスピーチ。

「複雑な旅、毎日の激務、そして愛する国と愛する家族とのバランス。帰国してからの対応へのチャレンジ。これがこの映画の大切なところです。私たちは映画やテレビを通じて、軍人のことを英雄、または壊れてしまった人と言う見方をしがちです。しかし彼らは私たちと同じ普通の人間なのです」と述べ、映画への共感を示した。
ストーリー
舞台は9.11以降のイラク戦争。貿易センタービル破壊のニュースを見たクリス・カイルは、米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊。命じられた任務は「どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること。」。その狙撃の精度で多くの仲間を救ったクリスは “レジェンド”の異名を轟かせるほどになるが、彼の腕前は敵の知るところに。“悪魔”と恐れられ、その首には18万ドルの賞金を掛けられ、反乱兵たちの標的となってしまう。  



一方、クリスの無事を願い続ける家族。平穏な家族との生活と想像を絶する極限状況の戦地…過酷なイラク遠征は4回。愛する家族を国に残し、終わりのない戦争は幾度となく、彼を戦場に向かわせる。 度重なる戦地への遠征は、クリスの心を序々に蝕んでいく…  

息つく暇もない極限の緊迫感で誰もの心を打ち抜く―伝説的スナイパーの半生を描いた、衝撃の実話。世界を震わせる真実のドラマが幕を開ける――。

クリス・カイル プロフィール(!本作の結末に触れる内容あり!)
(1974年4月8日 - 2013年2月2日)テキサス州生まれ。1999年に米海軍に入隊し、09年まで米海軍特殊部隊(ネイビーシールズ)チーム3で兵役に服し、下士官の階級を得た。戦闘での勇敢な行為を称えられて、銀星章を2度、青銅星章を5度受章し、国家安全保障問題ユダヤ研究所よりグレイトフル・ネイション・アワードを含め、多くの賞を授与された。

イラクやほかの地域に何度も従軍したのち、米海軍特殊戦のスナイパーチームを訓練するチーフインストラクターとなった。また、米海軍特殊部隊で初めてのスナイパーのための手引書となった「Naval Special Warfare Sniper Doctrine」の著者でもある。 



海軍を退役したのちは、退役軍人たちへの支援や関心を高める活動に多くの時間を捧げてきた。回顧録「ネイビーシールズ・最強の狙撃手」は、国防総省より審査と承認を得て12年1月に出版され、100万部以上を売り上げて22カ国語に翻訳され、「ニューヨーク・タイムズ」紙のベストセラーリスト第一位にランクインした。 

2013年2月2日、39歳の誕生日まであと2ヶ月という日、PTSDを患っていたとされる元海兵隊員エディー・レイ・ルース(当時25歳)の母親の依頼で、近所の射撃場で友人チャドとともに射撃訓練を行わせていた最中、エディーによって二人とも射殺された。

テキサス州アーリントンのカウボーイ・スタジアムでおこなわれた公の追悼会には数千人が参列し、オースティンにあるテキサス・ステート墓地に埋葬された。2作目の著書「American Gun: A History of the U.S. in Ten Firearms」は亡くなって4カ月後に出版され、「ニューヨーク・タイムズ」紙のベストセラーリスト第二位にランクインした。 

エディーは逮捕され、2015年2月から裁判が行われている。

タヤ夫人は夫に敬意を表し、軍人や緊急対応要員の家族を支援するために尽力する非営利団体クリス・カイル・フロッグ財団を立ち上げた。

本作でのカイルの死の描き方について、脚本のジェイソン・ホールは「殺害のシーンも書いた。5つの違った描き方をし、どのように撮影するかを監督や製作(ブラッドリー・クーパー)と何度も話し合った。クリスの葬儀の数日後、タヤから『もしこのシーンをやるなら、きちんと描いて欲しい。良くも悪くも子供たちの記憶にかかわることだから』と言われた」と述べ、ふたりの子供たちに配慮した結果、本作のエンディングになったと説明している。
レビュー

戦場のシープドッグ

(5つが満点) 

祖国にゆるぎない献身を捧げた天才狙撃兵(スナイパー)の人生を通し、戦争が兵士と家族に与えるダメージと再生を描いた佳作。クリント・イーストウッド監督作品の中で、ベストと感じた。

主人公クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、子供のころ父に連れられライフル銃を使った狩猟を経験し、射撃の才能を認められる。父はカイル兄弟に次のように告げる「世の中には3種類の人間がいる。自分の身を守れない弱いヒツジ、凶暴で弱い者いじめをするオオカミ、そして羊を守る番犬(シープドッグ)だ。うちにはヒツジの子はいらない」と。

この言葉によって天命を知ったカイルは、9.11事件をきっかけに海軍特殊部隊(ネイビーシールズ)に入隊。厳しい訓練を乗り越え兵士となり、戦場に駆り出される。訓練中すでに狙撃の腕は認められていた。彼の仕事は、敵を待ち伏せして見張り、仲間を攻撃する敵を狙撃すること。海兵隊が町に侵入した際は遠くの建物から援護し、おおくの仲間の死を未然に防いだ。並外れた射撃の腕と正確な判断力で次々と仲間を敵から守り、「レジェンド」と呼ばれるように。カイルはまさに戦場のシープドッグだった

だが任務の重責が徐々にクリスの精神をむしばんでいき、夫婦は危機的状況を迎える。2009年に退役するまで4回の従軍し、160人を射殺(彼自身の計算では255人)したという。 退役後も祖国への献身は続き、帰還兵を手助けする仕事を見つけてから、PTSDも回復。しかしこの仕事が悲劇につながってしまう…。

まるで自分も同じ戦場にいるような臨場感あるカメラワーク・音響に圧倒され、とくに砂嵐の中の戦闘はこれまでに見たことのないような迫力ある映像だった。

最も印象に残ったシーンは、カイルが退役後、戦場で命を救った兵士と偶然出会う場面。カイルは救ったことを覚えていないが兵士の方は覚えており、片足を失ったが生き延びることができたと感謝する。
その会話をするふたりの横で、まるで不浄なものが近くにいるというような顔つきで、すまして座っていた一般市民(中年女性)の存在が忘れられない(多分このシーンだったと思う)。彼女の平和は、兵士の犠牲のうえに成立しているのではないのか?

ミシェル・オバマ米大統領夫人のスピーチにもあったが、米国の帰還兵は今でも社会から理解されず、冷淡な扱いをされることがあるという。

戦争の善悪(イラク戦争の是非)はさておき、祖国のために自分たちの代わりに大きな犠牲を払った兵士たちを、なぜ温かく歓迎できないのか。大義のために戦い傷ついた仲間を感謝するのは悪いことではないだろう。自分たちの代わりに戦ってもらう以上、兵士たちの献身をもっと評価すべきではないのか――84歳のイーストウッド監督は、国と国民に対してそう訴えかけている。

テロリストが台頭する今、弱いヒツジでいるわけにもいかず(かといって暴力の連鎖も絶たねばならぬが)、これは決して米国だけの問題ではないだろう。

(ワーナー・ブラザース試写室で鑑賞)
動画・写真
【映画『アメリカン・スナイパー』予告編】



【映画『アメリカン・スナイパー』特別映像】



クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)


娘と過ごすクリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)


クリス・カイル夫妻(ブラッドリー・クーパーとシエナ・ミラー)


クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)


クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)


クリス・カイルさん本人とタヤ夫人


(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC ENTERTAINMENT

クレジット
『アメリカン・スナイパー』(原題:American Sniper)
■監督:クリント・イーストウッド
■製作:クリント・イーストウッド、ロバート・ロレンツ、アンドリュー・ラザー、ブラッドリー・クーパー、ピーター・モーガン
■脚本:ジェイソン・ホール
■出演:
ブラッドリー・クーパー
シエナ・ミラー
ジェイク・マクドーマン
ルーク・グライムス
ナヴィド・ネガーバン
キーア・オドネル

■作品紹介スペック:
2014年 アメリカ映画/2015年 日本公開作品/原題:AMERICAN SNIPER 上映時間:132分/スコープサイズ/ドルビーサラウンド7.1+ドルビーアトモス(一部劇場にて) 字幕:松浦美奈/映倫区分:R15+/配給:ワーナー・ブラザース映画


 

 





ツイッターをフォロー YouTube

サイト内検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

 

『ダンブルドアの秘密』オリジナル脚本日本語 7/19発売 キンドル版 情報


ムービー・マジック第5巻『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』和書  英語版はこちら


ハリー・ポッターと呪いの子 単行本 情報


ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット (8枚組) [Blu-ray]


ホグワーツ4寮デザイン『賢者の石』英語版グリフィンドール 情報


 

最新ニュース
  • ポッターマニア最新ニュースUPDATE!
  • Twitterフォロワー4万人突破感謝プレゼントNEW!
  • 【赤坂ハリポタ】
    「呪いの子」プレビュー開幕NEW!
    「マホウドコロ」赤坂店 販売グッズ一挙紹介NEW!
    ハリポタ・カフェNEW!
  • 魔法ワールド「イベント・発売スケジュール」UPDATE!
  • ハリポタ・ファンタビ2022年発売グッズUPDATE!
  • 【呪いの子:6/16プレビュー&7/8本公演】
    舞台の内容・みどころ・予約NEW!
    ハリーに扮した藤原竜也、石丸幹二、向井理の写真公開NEW!
    マホウドコロ、赤坂にオープン!新商品登場NEW!
    ハリポタカフェ、赤坂に6/16オープンNEW!
    製作発表に藤原竜也・石丸幹二・向井理ら主要キャスト登壇NEW! 高画質写真NEW!
    赤坂サカス周辺がハリポタの世界にNEW!
    プレビュー公演スケジュール・キャスト発表NEW!
    舞台脚本、3タイプで発売中NEW!
    ハリー役と全キャスト発表!チケット情報NEW!
  • 「マホウドコロ」ストア6/23東京駅オープンNEW!
  • ハリポタ電子書籍版、新デザインで発売中NEW!
  • トム・フェルトン回想録10月発売NEW!
  • ジョニデ、名誉毀損訴訟で元妻に勝訴NEW!
  • 原作者イラスト入り『賢者の石』25周年版発売中NEW!
  • 【ムービック】ハリポタ、ファンタビの新作グッズ今夏発売NEW!
  • 文庫新装版『アズカバンの囚人』と『炎のゴブレット』6・7月発売NEW!
  • ゲーム『魔法の覚醒』最新映像公開NEW!
  • 『ダンブルドアの秘密』大ヒット上映中
    ストーリー・キャスト・魔法動物・解説UPDATE!
    ブルーレイ・DVD、米国で6/28発売NEW!
    国内興収42億突破NEW!
    エディ・レッドメイン来日、宮野真守とマンティコアダンスNEW! 高画質写真
    声優イベントに宮野真守、森川智之、井上和彦登壇NEW!
    ワールドプレミアレポ&写真NEW!
    ライトアップファンナイトレポ&写真NEW!
    ファンフェスタに芦田愛菜&小関裕太登場NEW!

    【コラボグッズ】
    トランクパスケース、缶バッジなど発売中 NEW!
    劇場販売グッズNEW!
    映画オリジナル脚本予約NEW!
    関連本『ムービー・マジック』発売中NEW!
    アクリルスタンド7月発売NEW!
    レスポートサックとコラボNEW!
    【ガチャ】『ダンブルドアの秘密』魔法の杖コレクション発売NEW!
    ピンズ&カンバッジコレクション発売NEW!
    Q-pot.とコラボ!NEW!
    サマンサタバサプチチョイスとコラボNEW!

    【動画】
    TVスポット「来日現象編」NEW!
    エディ&ジュード特別映像NEW!
    日本版予告編 その他動画UPDATE!

    【写真】
    高画質写真UPDATE!
  • 【ハリポタ同窓会】20周年記念「リターン・トゥ・ホグワーツ」
    吹替版配信中NEW!
    BD・DVDリリース決定!デジタル配信中NEW!
    番組内容UPDATE!
    U-NEXTでも配信中
  • アニメ風文庫新装版『秘密の部屋』発売中NEW!
  • 「ザ・マジック・オブ・ミナリマ」予約受付中NEW!
  • 日本の展示入り書籍『魔法の歴史展』発売中NEW!
  • 「ファンタビ」ドキュメンタリー、U-NEXTで独占配信中NEW!
  • イラスト版『不死鳥の騎士団』ビジュアル公開NEW!
  • 文庫新装版「賢者の石」発売中NEW!
  • 「守護霊プロジェクターセット」予約受付中NEW!
  • アラン・リックマンさんの日記、予約開始!NEW!
  • 【USJクールジャパン2022】
    新アトラクションの魅力を大公開NEW!
    青山剛昌、『名探偵コナン・ワールド』で難事件に挑戦NEW!
    全5作品が発表NEW!
    パークだけのコラボフード&グッズNEW!
    ハンター×ハンター・ザ・リアル 4-D登場NEW!
    「名探偵コナン」登場NEW!
    「HUNTER×HUNTER」との初コラボ決定!NEW!
  • 【USJその他NEWS】
    『ワンピース・プレミア・サマー』コラボグッズ&フード大公開NEW!
    【USJ】7/1から夏イベント開催NEW!
    開業5周年のミニオン・パークに新グッズ登場NEW!
    ワンピース・プレミア・サマー2022」7/1開催NEW!
  • ハーマイオニー ソフトカバーノート発売中NEW!
  • ハリポタ日付けなし12ヶ月手帳&ウィークリー手帳発売中NEW!
  • 【USJハリポタ新商品】「ドーナツ型 蛙チョコレート」実食レポNEW!
  • 【USJハリポタ】ハニーデュークス新商品&新メニュー!NEW!
  • スタジオツアー東京、解説ページを更新NEW!
  • 【洋書】「ハリー・ポッター:闇の魔術」2022年発売
  • ハリポタ8-Filmホグワーツ・エクスプレス コレクターズBOX発売中NEW!
  • エドワードの視点で書かれたトワイライト新作『ミッドナイト・サン』がベストセラーにNEW!
  • 【グッズ】「ハリー・ポッター:友情と敵 ムービースクラップブック」2022年発売NEW!
  • ホグワーツ4寮デザイン『死の秘宝』特別コンテンツ紹介!UPDATE!
  • USJスーパー・ニンテンドー・ワールド徹底解剖NEW! グッズNEW!
  • 【原書】4寮版『謎のプリンス』特別コンテンツNEW!
  • ハリー・ポッター映画大図鑑シリーズ 全12巻セット発売NEW!
  • 【洋書】20周年記念版 ホグワーツ4寮デザイン『不死鳥の騎士団』発売NEW!
  • 【和書】新装版ハリポタ 続々発売中NEW!
  • 【新型コロナウイルス】家庭や職場でできるパンデミック対策NEW!
  • 『アズカバンの囚人』20周年版特別コンテンツ紹介NEW!
  • 「ファンタビ」映画オリジナル脚本版日本語版 英語版NEW!
  • 【ファンタビ2キャスト来日イベント動画・写真】 初日舞台挨拶、鏡開きで大ヒット祈願 | スペシャルファンナイト」レポート | レッドカーペットイベント開催 |  高画質写真NEW!
  • 映画『ファンタビ』関連本、ハーパーコリンズ社から発売NEW!  『魔法のアーカイブ』中身紹介&ミナリマインタビューNEW!
  • 日本語『賢者の石』20周年記念版発売NEW!
  • 【ファンタビ前作特集】大雨のレッドカーペット | スペシャル・ファン・ナイト開催 | キャストが初日舞台挨拶で鏡開き| 映画情報
  • ハリポタ/ファンタスティック・ビースト グッズ・リスト
  • 【呪いの子ロンドンレポート】「ハリー・ポッターと呪いの子」観劇レポ1 | 観劇レポ2 | 9と4分の3番線と公式グッズ店
  • 「ハリポタ」ブルーレイ・DVD完全版
  • 【新作演劇『ハリー・ポッターと呪いの子』全まとめ】舞台と脚本書籍、これだけは知っておきたい
  • 【USJハリポタ新アトラクション】「ワンド・スタディ」徹底解剖「ワンド・マジック」徹底解剖
  • 【独占取材 マルフォイ親子W来日】
    来日サイン会でファンに大サービストム・フェルトン&ジェイソン・アイザックス来日高画質画像
  • 特典満載「ハリポタ」コレクターズ版DVD/BDがお安くなって再発売
  • USJ「ハリポタ」エリア内でしか買えないおススメグッズ
  • 【人気記事】ハニーデュークス人気お菓子ランキングリニューアルした「ハニーデュークス」レポフェイスペイント
  • 【人気記事】トム・フェルトン2015来日インタビュー「日本のファンは特別さ」高画質写真
  • 【人気記事】USJ「フォービドゥン・ジャーニー」世界初3D化!セレモニーにSMAP、トム・フェルトン出席| 高画質画像ハイライト動画
  • 人気【USJハリポタ徹底解剖】 >「ハニーデュークス」お菓子ベスト25ビバリーヒルズ・ギフトUPDATE!「ユニバーサル・スタジオ・ストアUPDATE!ダービシュUPDATE!フィルチUPDATE!グラドラグスホグワーツ城オリバンダーUPDATE!ハニーデュークスUPDATE! | ヒッポグリフ  グッズ・アトラクション高画質画像
  • 【USJハリポタくわしい情報♪】
    ★初めてでも迷わない!入場方法&整理券の取り方!
    ★USJハリポタに行く前に知っておきたい7つのこと
    ★夜景おすすめの撮影スポット
    ★並ばずに入る
    ★事前予約なし!入場券だけでスムーズに楽しむ
  • 【USJハリポタエリア高画質写真】UPDATE!
    ホグワーツ特急ハニーデュークスフィルチふくろう便オリバンダーヒッポグリフ
  • 【人気記事】USJハリポタついにグランドオープン!セレモニーレポ!前夜祭&初日画像
  • 【人気記事】USJ「ハリー・ポッター」前夜祭にイヴァナ・リンチ、トム・フェルトン、SMAP出席!
  • 【人気記事】エマ・ワトソンチャリティ写真集
  • 【人気記事】米オーランド「ダイアゴン横丁」まとめ
  •  
  • ワーナー・スタジオ見学ツアー、詳しいアトラクション・行き方・チケット購入方法など写真
  • 『ハリー・ポッター』ブルーレイ&DVD絶賛発売中!映画情報写真
  • 7巻のハンドブック、『ハリー・ポッター大事典1巻から7巻を読むために』絶賛発売中!





  • Copyright© 2001-2022 Pottermania All Rights Reserved.
    Reproduction in whole or in part without permission is prohibited.
    当サイトの記事・情報・投票・画像を含むすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
    転載をご希望の方は事前にメールでご連絡ください。