スパイダーマンが東京の宙(そら)を舞う!映画「アメイジング・スパイダーマン」ワールドプレミアと記者会見が開催!

ハリー・ポッター
スパイダーマンの起源を描いた映画『アメイジング・スパイダーマン』のワールドプレミアと記者会見が13日、東京で開催されました!映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』でゼノフィリウス・ラブグッドを演じたリス・エヴァンス(リース・イーヴァンズ)さんが悪役リザードマンとして出演!今回来日しました!



■記者会見■
ワールドプレミア直前に東京六本木のザ・リッツカールトン東京で開催。この日のために来日したマーク・ウェブ監督、主演のアンドリュー・ガーフィールドさん (ピーター・パーカー役)、エマ・ストーンさん (グウェン・ステイシー役)、リース・イーヴァンズ (コナーズ博士=リザードマン役)ほか、プロデューサーのマット・トルマックさんとアヴィ・アラドさんが来日し、登壇しました!

【記者会見 質疑応答】
●まずはご挨拶から。

監督:なんだか平和条約でも結ぶんじゃないかというような雰囲気ですね(笑)。ここに来れて嬉しいです。日本という素晴らしい国で最初にこの映画を紹介できるのはとても光栄に思います。実は私にとって初めての来日で、とても楽しみにしています。今日はどんどん質問してください。

リース:温かい歓迎をありがとうございます。私も初めての来日で、すごい人の数ですね。こんなに素晴らしい映画を日本でプロモーションできることを本当に光栄に思います。 

アンドリュー:アリガトウゴザイマス。また戻ってこれて嬉しいです。スパイダーマンというキャラクターにとって、日本という国はとても大切ですし、みなさんにとっても大切なキャラクターかと思います。そんなスパイダーマンをみなさんとシェアできることが嬉しいです。

エマ:
とても緊張していて、もう何をいって言いか…。また東京に戻って来れて嬉しいです。日本は世界中どこよりも早く観れる国で、それだけこのキャラクターを愛してくださっているということだと思います。アンドリューは、スーツを着ることは大変な責任だったと思います。私はグウェンを演じることができ大変光栄です。

アヴィ:
今日はありがとうございます。SONYの本拠地であるこの東京に、作品を携えて来れたことはとても特別なことです。ここには何度も足を運んでいるし、以前も東京でプレミアを開催し大ヒットとなりました。今回もそうなれば良いなと思っています。友人もたくさんいる美しい国。スパイダーマンがいつ建物に上っていてもおかしくない国ですよね。こうやって皆さんにまたお会いできたこともまた特別なことだと思っています。

マット:
数ヶ月前にも来日し映画について語りましたが、そのときは完成していなかったので「素晴らしい作品をお届けしますと」と約束して帰りました。今回はこうして完成した状態でまた東京に戻って来れました。あらゆるイマジネーションを沸きたて、どんな期待をも超えるとても誇らしい作品です。東京には大好きな街で何度も来ています。まるで故郷に戻ってきたような気持ちもありますね。私は一日早く来て、実は昨日ぶらぶらと歩きました。今日は何でも質問をぶつけてください。

Q:前シリーズにも関わられたアヴィ・アラドさん、マット・トルマックさんにお聞きします。前シリーズと違う魅力は何だと思いますか?

マット:
最初は物語をすべて伝えたいという気持ちがあったのですが、特に今回は“ピーター”の秘密に迫ろう、彼に、そして彼の両親に何があったのかについて描こうと考えました。今までがスパイダーマンについてだとしたら、今回はピーターについて、ですね。それからアヴィと話したのは3Dでぜひ見せたいということ。スパイダーマンはマジカルな存在で、誰でも感情移入できるキャラクター。もし彼の主観でスイングできたら、彼の気持ちを味わえたらきっと素晴らしいだろうと思いました。当時は技術がなかったですが、今回はこれは3Dでやるしかないよね、とすぐに決めました。

アヴィ:
まず未来を見据えた新しい物語にしようと考えました。しかも今私たちが生きている時代に合う作品にしたかった。そのために、自分を持っている賢い女性=グウェンというキャラクターがいて、エマが素晴らしい演技で魅せてくれました。ピーターもさまざまな経験をして、自分で自分の運命に向かっていく、そして責任を自覚し実行していきます。それらをカタチにしてくれたのはマーク・ウェブ監督。彼は今日的は感覚で、恋愛、生きていくクリアリティを描く素晴らしい才能を持っている。恋愛や二人の成長はもちろん、悪役リザードにも、ピーター、さらには観客にグッとくるエモーショナルな要素があります。ウェブ=蜘蛛の巣という偶然もありますが、とても素晴らしい誇らしい作品になったと思います。

Q:監督にお聞きしたます。
今回監督2作目で、このようなヒットシリーズのリブートを監督するのは、かなりのプレッシャーだったと思うのですが、ご自身はどのような意気込みで臨んだのですか。

監督:
もちろんプレッシャーは大きかったですが、それよりも17歳の頃の自分に戻って、やっと夢がかなったという気持ちが大きかったです。素晴らしいスタッフ&キャストと協力して創れるというのは、2年という長い時間がかかりましたが、毎日が光栄な気持ちの連続。これは若者の、一人の“人”の映画だと思っています。彼の個人的な旅路を描ければ、大きなアクションが現実的に感じられると考えました。ひとつひとつの感情、ドキドキの加速、大きなスコープ、それらがこの映画で描けられていたらいいなと思っています。

Q:(キャストへ)完成した作品を観ていかがでしたか?お気に入りのシーンは?

アンドリュー:
つい最近IMAXの3Dで観ました。僕は3歳の頃からの大ファンで、このキャラクターが動く姿を、3Dで観れるというのは 本当に素晴らしいアイディア。自分が飛んでいるような興奮を覚えました。でも僕が彼な訳で、混乱しながら観ました。彼の役割、困難、犠牲、何を探しているのか、そして運命。これらは今の僕の人生をかたちづくったとも言えるくらい重要なキャラクターです。それになりきってこのスーツを着るというのはもう圧倒です。トビーの仕事を継げたのも名誉。
好きなシーンはたくさんありすぎるのですが、僕は自分が出ていないスタントの彼らがでているすべてのシーンを挙げます。そして映画そのものが好きなシーンでもあります。答えが長くてゴメンナサイ(日本語で)。

エマ:
アンドリューの答えが長いので私は短くしますね(笑)。出来上がった本編を観るのは楽しかったです。でも自分をみるのはおすすめできないですね。だって3Dで、しかもあんなに巨大なんだもの(笑)。映画はすごく大好きでした。スパイダーマンと3Dは完璧なマッチですね。スパイダーマンのために3Dがあると言っても良いくらい。それに私はニューヨークに住んでいたので、ニューヨークの景色がとても美しく描かれていたのも嬉しかったです。
好きなシーンは、ピーターが色々と試しながら力を見つけていくシーン。ユーモアがあるシーンが特に好きです。

リース:
僕は日本語が本当は上手いんですけど、今日は英語で話しますね(会場笑)。エマが言ったように、私も初めて3Dで自分の姿をみたのはとても奇妙でした。それにあんなに大きなトカゲを見るのは貴重な経験ですよね。技術の進歩に驚きました。CGの中に自分がいる、そのリアルさに良い意味で嫌でもあり、同時に感動も覚えました。
好きなシーンはたくさんあるのですが、強いてあげるならばこの2つのシーンを。1つはスパイダーマンがコンクリートの壁に押し付けられ、それでもニューヨークの街を見上げるシーン。もう1つはおばさんのために卵を持って帰るシーン。世界を悪から守るという大きな仕事しながらも、でも小さな約束も守る。それがこのキャラクターの恒久的な人気に繋がっているのだと思います。

Q:ガーフィールドさんにお聞きします。
役が決まったとき、またスーツを初めて着たときの気持ちは?

アンドリュー:
質問ありがとう、そしてスパイダーマンのために赤いジャケットを着てくれてありがとう。
抜擢されたときは、本当に純粋に夢がかなったという喜びで、それは言葉ではとても表せられないですね。絵画でも歌でも。この気持ちがいつか自分でも完全に理解できるときが来るのかもしれないけれど、とにかく今までの人生で一番素晴らしい気持ちでした。
スーツは、かゆくて着心地が悪いし、トイレにも行きにくいという不便さもあり、残念ながらそこで夢は崩壊しました。・・・というのは冗談で(笑)、監督と衣装デザイナーがデザインしたとても美しいスーツに圧倒されました。今でも時々喜びがふつふつと沸いてくるくらいです。

Q:リース・イーヴァンズさんへ。
日本にもいろいろモンスターはいますが、リザードという「人々の恐怖の対象」をどのような気持ちで演じましたか?

リース:
モンスターというのはこれまでいろんな映画に出てきました。リザードは人の命を救いたい、飢えのような気持ちから生まれます。ただし彼は冷血動物の心が人間の倫理に影響を及ぼすという点を見逃していました。リザードという存在は「警告」だと思うんです。人間のそういった技術がどんな影響を及ぼすのかという警告。彼を怖いと思うのであれば、それは人間が怖いということ。つまりモンスターは人間の中にいるということだと思うんです。

Q:エマ・ストーンさんにお聞きします。
前回1月の来日記者会見で「ステキなキスシーンがあるから期待しててね」とおっしゃられていたのでピーターと
グウェンのラブ・ストーリーに期待してわくわくして観ました。ピーターとグウェンの恋愛関係のこの先がとても気になります。今後どうなるのでしょう。

エマ:
リースの答えがあまりにも完璧で、その後に応えるなんて…。代わりに応えてくれる?

リース:
じゃあ僕がアンドリューにキスしよか?

エマ:
ぜひ(笑)。
キスについては前回、とても気に入っていて、これがこの作品のアイコンになるかどうかは皆さんに委ねると話しましたので、ぜひご覧になった皆さんのご意見を伺いたいですね。
ピーターがスパイダーマンだと解った瞬間のキスで、発見と同時に秘密を共有するということでもあり、そこが素晴らしいところですね。
今後の展開については私も同じ質問をしたいくらい。今脚本を書いているところだそうで、コミックにはたくさんの要素があるので、どうなるのかとても気になっています。

Q:監督にお聞きします。ヒッチコックが好きですか?『裏窓』や『海外特派員』へのオマージュのようなシーンが見受けられましたが。

監督:
ヒッチコックを嫌いな人がいますか?(笑)一番好きなのはレベッカです。
確かに『裏窓』のポスターがピーターの部屋に飾ってありますが、それは彼が一種のアウトサイダーであるという表現であり、そしてそれを象徴するようにピーターは「カメラ」を持っています。

エマ:
『裏窓』は映画の撮影前に初めて観ました。リザードがいない中で演技をしなければならなくて、まさにそのブルースクリーン撮影のお手本だとも思いました。

Q:高校生役をやるのに抵抗は?特にエマの家の屋上で二人でいるシーンは本当の恋しているふたりに見えます。

アンドリュー:
演技は難しいものです(会場笑)。ティーンエイジャーを演じるにあたって、過去に戻ってあのときどんな気持ちだったか、どんな体の動きだったかを思い出す作業をしました。思春期は誰もが経験していることで、僕もいろんな感情が芽生え、自分探しの危機もありました。初恋は人生を変えるような経験。ミュータントよりも初恋の人の方が大事で、危機的な状況でもそちらに気が行くのは分かります。こういった経験しながらも、街を救う、街を守るという運命を選んでいくピーター。誰もが思い出せる気持ちを持っている、それがスパイダーマンだと思います。

エマ:
私はひところだけ。私は高校生役であればいつでも引き受けます。だって後は歳をとるばっかりだから(笑)

Q:(アンドリューへ)最近あったアメイジングなことは?

アンドリュー:
今朝ホテルで目覚めて、スイッチを押すとカーテンが開いて、眼下には息をのむような東京の景色が広がっていました。
こういった経験ができることも本当に光栄に思います。

【写真】
記者会見写真


■ワールドプレミア■ ワールドプレミア写真
記者会見に続いて行われたワールド・プレミアイベントには、本編に登場する“本物“のスパイダーマンが登場。映画さながらのスウィングアクションを行い東京の宙(そら)を舞いました!記者会見ゲストにはこの日のために来日した主演のアンドリュー・ガーフィールド他キャスト・スタッフが登場し、その他日本版テーマソング、「ラブ・ゲーム」を歌っているSPYAIR(スパイエアー)、乃木坂46も蜘蛛ノ巣柄の浴衣姿で応援に駆けつけました!!

この日登壇した乃木坂46のメンバー
@桜井玲香(さくらい れいか) A衛藤美彩(えとう みさ) B生駒里奈(いこま りな) C若月佑美(わかつき ゆみ) D岩瀬佑美子(いわせ ゆみこ)E大和里菜(やまと りな)F松村沙友理(まつむら さゆり)G深川麻衣(ふかがわ まい)H橋本奈々未(はしもと ななみ)I伊藤万理華(いとう まりか)J中田花奈(なかだ かな)K伊藤寧々(いとう ねね)L白石麻衣(しらいし まい)M畠中清羅(はたなか せいら)N高山一実(たかやま かずみ)O川村真洋(かわむら まひろ)P井上小百合(いのうえ さゆり)Q斉藤優里(さいとう ゆうり)R西野七瀬(にしの ななせ)S宮澤成良(みやざわ せいら)

【ワールドプレミア レポート】
会場満席。スパイダーマン一色となった会場は大盛り上がり!まず会場には日本版テーマソング、「ラブ・ゲーム」を歌っているSPYAIR(スパイエアー)の皆さんが登場。

●SPYAIR
こういう機会はなかなかないので、しっかり楽しみたいと思います。
皆さんよろしくお願いします!
自分ではどうにもならない「運命」と、如何にして折り合いをつけながら生きて行くのか? 言葉にすると非常に重いんですが、実はどんな人にとっても永遠のテーマとも言えることを自分達の言葉にして歌ってます。 バンドのグルーブを上手く出せたと思います。
今は実感がないんですけど、スクリーンに現れたときに実感がわくんでしょうね。
映画はもちろん、音楽の方にも注目してみください!

続いてYahoo!の生配信されている特番で活躍中の乃木坂46の皆さんが、艶やかなスパイダーマンカラーの浴衣で登場!浴衣にはスパイダーマン(蜘蛛の絵)のプリントも。

●高校生のヒーローということで
・戦わなければいけない運命、グウェンと街の人たちを守る姿がかっこよかった!
・私も同じ高校生。同じように大切な人を守りたい。
・アメリカならではのユーモアがあって、ハラハラドキドキまた違う楽しさがあった。見ごたえがあった!
・アクションが3Dですごい迫力が伝わってきた。
・いろんな種類の愛がつまっている映画。特に家族愛にほっこりした。
・前のシリーズよりも人間味あふれる感じで面白かった。
・高校生が少しずつ後悔したり学んでしながらヒーローになっていく姿がスパイダーマンならでは。
・浴衣は今日のためにあつらえました。素敵?ありがとうございます。
・初のレッドーカーペット、初の映画イベントに興奮しました!

ここで会場のお客さんとご一緒にスタートコール!「スタート!」
乃木坂46さんの掌からクモの糸が飛び出し、ワールド・プレミアは開幕しました!

ここで本物のスパイダーマンが登場。写真
六本木の空をおなじみのスパイダーマンスイングで旋回し、詰め掛けた観客を魅了、 歓声が沸き起こりました。 最後は壁によじのぼり、壁の上でポージング!(会場拍手)
すると突然消え去ったスパイダーマン。

ここでロデューサーのマット・トルマック、同じくプロデューサーのアヴィ・アラド、マーク・ウェブ監督、リザード役のリース・イーヴァンズ、グウェン・ステーシー役のエマ・ストーン、そして、主人公ピーター・パーカー役のアンドリュー・ガーフィールドがレッドカーペットに登場!たっぷりとサインや握手に応えました。

●ご挨拶

マーク・ウェブ監督:
すべての皆さんに感謝したい。
スパイダーマンというシンボルをみなさんと分かちあえるのは、大変素晴らしいことだと思っています。

マット・トルマック:
「アメイジング・スパイダーマン」という作品ともにここにいられることがアメイジングです。
東京は第二のふるさとだと思っています。みんな大好きです!映画を楽しんで!!

アヴィ・アラド:
東京も日本も最高!2回目のワールドプレミアを迎えれて嬉しい。アメイジングなキャスト、映画でもアメイジングな時をすごしてもらえると思う。楽しんで!

リース・イーヴァンズ:
日本に来れて嬉しい 温かい歓迎をありがとう もうちょっと長く滞在できれば美しい国、東京を楽しめるのだけれど。
楽しんでつくった映画なので、皆さんも同じくらい楽しんで映画を観てもらえれば嬉しいです。

エマ・ストーン:
コンニチハ、トウキョウ!(会場歓声) ワールド・プレミアを日本で迎える。つまり最速で日本で公開されるというのは、もっともなことだと思うんです。
なぜならこんなに素敵なファンがいるんだから!

アンドリュー・ガーフィールド:
ニホンガダイスキデス。(会場歓声)
皆さんに心をこめてありがとうと言いたい。今日は本当にすばらしい一日です。 (観客の人に向かって)ユニフォーム着てくれてありがとう。スパイダーマンというものが、この日本でどういう象徴なのか思い出させてくれます。本当に嬉しいです。

ここでMCより質問。「随分とトレーニングされたんじゃないですか?」
●アンドリュー:
すごくきつかったけれど、その甲斐があったと思っています。
監督からも、やせっぽちがやっつけるとこに意味があるとの話があったのであまり大きくなってはダメで。
僕は子供の頃から痩せてて、痩せたまま筋肉をつけることを心がけました。
4ヶ月間、最高のスタントチームとトレーニングをしました。

・いま人気急上昇中のエマさん。役の上でスパイダーマンのようなヒーローをボーイフレンドに持った気分は?
●エマ:
スパイダーマンが彼氏だと、いろんなところに素早く移動できるのが魅力です。
少女時代読んでいなかったコミックを読んで、前の作品も見て、マーベルそのものを勉強しました。
イーサンとはトカゲの研究所にいったりもしたんですよ。

・本作品、見事な青春映画になっていましたが、このアメイジング・スパイダーマンの一番の見所は何ですか?
●監督:
ピーターは非常に面白いキャラクター。
グウェンとの恋、そのほかいろんなことを初めて経験していきます。
空を飛んだりする素晴らしいスペクタクル以外にも、そこに息づいているイノセントなハート。
それを守ることがこの映画にとってとても大切だと思いました。
無垢な心、それがスパイダーマンであり、ピーター・パーカーなのです。

フォトセッション中も観客からは歓声が贈られ、大興奮のうちにワールド・プレミアは幕を閉じました。

映画「アメイジング・スパイダーマン」は6月23日(土)、24日(日)世界最速3D限定先行上映決定!(一部劇場を除く)
6月30日(土)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国公開!

アメイジング・スパイダーマン公式サイト
フェイスブック
ツイッター #あめすぱ

【アメイジング・スパイダーマン ストーリー】
両親が幼いときに謎の失踪をとげ、 以来、ベンとメイの伯父夫婦に育てられてきた高校生ピーター・パーカー。孤児である負い目にも拘わらず、育ててくれた伯父伯母に感謝し、内気なりに熱い正義感を秘め、同じ高校に通うグウェンに秘かに思いを寄せる、そんな普通のティーン・エージャーだ。ただ、ひとつ、自分を捨てて行った父リチャードのおぼろげな面影が彼の心にしこりを残していた。だからこそ、父が置いて行ったブリーフケースの中のノートをきっかけに、かつての父の研究パートナーだったコナーズ博士を訪ね、父とコナーズ博士が果たせなかった研究成果を導き出すのは、ピーターにとっては父への愛情と憧れの表われでもあったのだ。それが、ピーターに、スパイダーマンとして生きる運命を強いるとはまったく予想だにせず・・・。

【アメイジング・スパイダーマン予告編1】


【アメイジング・スパイダーマンときゃりーぱみゅぱみゅコラボ】


【アメイジング・スパイダーマン予告編2】


J.K.ローリング新作『The Casual Vacancy』を予約】 本の内容
『The Casual Vacancy』ハードカバー(¥2,830)
『The Casual Vacancy』オーディオブックCD(¥3,540)

【アマゾンで予約】
『ハリー・ポッターと賢者の石』文庫1-1 7月3日発売 609円
『ハリー・ポッターと賢者の石』文庫1-2 7月3日発売 609円

【ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 DVDとブルーレイ発売中!】
★ブルーレイ&DVDセット4枚組スペシャルエディション ¥ 3,653
★ブルーレイ&DVDセット3枚組 ¥ 2,919
★ブルーレイ3D&2Dセット3枚組 ¥ 4,385  
★ブルーレイ第1章〜7章PART2 コンプリートボックスセット12枚組 ¥ 11,587
★DVD第1章〜7章PART2 コンプリートボックスセット17枚組 ¥ 10,853
★DVD1枚組 ¥ 2,185
★【アマゾン限定】ブルーレイ&DVDスペシャルエディション4枚組+ホグワーツブックマーク〈木製ケース入り〉セット ¥ 5,832

【ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 映画情報】
『死の秘宝 PART2』あらすじやニュース一覧・動画など映画情報
『死の秘宝 PART2』公式場面写真・ポスター
『死の秘宝 PART2』メイキング・場面写真 米英プレミア写真
スクリーン・ショット1   

【死の秘宝 PART2 DVD/BD特典映像】
  • 【特典映像】未公開シーン:ドビーの墓の前で字幕付きNEW!
  • 【特典映像】ハリー・ポッターを彩る女性たち〜エマがヘレナを語る
  • 【特典映像】ダニエル・ラドクリフ&J.K.ローリング会談:ハリーを見つけた!字幕付
  • 【特典映像】未公開シーン:貝殻の家
  • 【特典映像】ロンの恋愛遍歴(字幕付き)
  • 【特典映像】ネビル役がグリフィンドールの剣を解説
  • 【特典映像】ワーウィック・デイビス、ゴブリン解説
  • 【特典映像】頑張れネビル
  • 【特典映像】ハリー・ポッターを彩るおんなたち「マクゴナガル」 和訳 
  • 【特典映像】マキシマム・ムービー・モード、プロモーション動画#1〜#3
  • 【特典映像】ハリー・ポッターを彩る女たち「ハーマイオニー」
  • 【特典映像】ハリー、原作者と語る(高画質・字幕付き) (通常サイズ字幕付き
  • 【特典映像】特別会談:ハリー、原作者と語る(↑と別内容)
  • 【特典映像】Xデー:秘密が明かされるときWhen Harry Left Hogwarts
  • 【特典映像】DVD・ブルーレイ収録の全未公開映像

  • 【「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」特別映像】インタビュー・メイキング・舞台裏映像
    【特別映像】ワールドプレミア
    【特別映像】ハリー・ポッターのキャストからさよならメッセージ
    【特別映像】ダニエル、エマ、ルパートらキャスト、プレミアでファンに感謝のメッセージ!
    【特別映像】ドビーを追悼
    【特別映像】ハリーのお気に入りの家族:ウィーズリー一家
    【特別映像】ワーウィック・デイビスのスタジオ・ツアー 
    【特別映像】ルーナの挑戦 日本語訳 
    記者会見:お気に入りのセリフ 和訳 
    お気に入りの小道具と衣装
    字幕付き「ハーマイオニーとロンのキスシーン」
    ダニエル・ラドクリフ、作者のJ.K.ローリングと対談
    字幕付き「ハリーvsヴォルデモート最終決戦編」
    字幕付き「シリーズ総集編」
    字幕付き「グリンゴッツ&ゴブリン編」 銀行襲撃の舞台裏やメイキング映像
    特別映像字幕付き「別れの時編」  拡大版〜撮影最終日の映像・・
    特別映像字幕付き「変装編」〜ハーマイオニーが変装してグリンゴッツに侵入
    特別映像字幕付き「スネイプのストーリー編」…スネイプの謎めいた人生に迫る!
    特別映像「これが、最後」編 撮影最終日の様子‥
    特別映像「分霊箱(ホークラックス)編」 
    特別映像「グリンゴッツ銀行&ドラゴン編」
    『賢者の石』スクリーンテスト映像付き特別映像(字幕付き)
    『死の秘宝 PART2』特別映像第2弾 「ストーリー編」 新映像
    『賢者の石』スクリーンテスト付き特別映像(英語版)
    『死の秘宝 PART2』特別映像第1弾 高画質版 日本語字幕付き
    PART1とPART2のメイキング3 Forest Run  字幕付き
    PART1とPART2のメイキング2 On the Run  字幕付き
    PART1とPART2のメイキング1 Story  字幕付き (↑とは別動画)

    【ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 クリップ】 映画の場面映像
    「この魔法を一度使ってみたかった!」編〜マクゴナガル先生の魔法
    「必要の部屋」編〜ハリーたち3人が、悪霊の火に襲われ逃げ回る
    「ハリーとスネイプ」編〜スネイプの演説の途中に突然ハリーが登場!
    「回廊の襲撃」編〜ヴォルデモート陣営がホグワーツを襲う!それを回廊で見ていたネビルは‥
    「ハリーとルーナ」編〜ルーナがヴォルデモートの分霊箱の隠し場所のヒントを告げる!
    「秘密の部屋」編〜ハーマイオニーとロンが秘密の部屋に侵入 
    「レストレンジ家の金庫」編〜金庫の中で悪戦苦闘 

    【ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 予告編】
    本予告編第2弾(最終予告)日本語版(高画質版)
    本予告編第2弾(最終予告)英語版
    本予告編第1弾 英語版
    本予告編第1弾 日本語字幕付き

     

    【新着ニュース】
  • ハリー・ポッターゆかりの地を回るウォーキングツアー「ポッター・トレイル」がエディンバラで人気に!
  • ボニー・ライト、DIESEL2012年秋冬コレクションの動画に出演!
  • 『ロック・オブ・エイジズ』のジュリアン・ハフ、バレンタインデーにダニエル・ラドクリフにフラれていた!
  • エマ・ワトソン、ダーレン・アロノフスキー監督新作『ノア』に出演か?
  • トム・フェルトン、エリザベス・オルセンと『テレーズ・ラカン』撮影がスタート!
  • イバンナ・リンチ、ゲイリー・オールドマンと映画『モンスター・バトラー(原題)』で共演!
  • エマ・ワトソン出演『ウォールフラワー(原題)』予告編が米国公開!
  • プレイステーション3で魔法の世界を体験できる 『ワンダーブック:ブックオブスペルズ』11月発売!
  • MTVムービー・アワード、ハリー・ポッターがベストヒーロー賞獲得!
  • ユニバーサル・スタジオのアイランド・オブ・アドベンチャー、ハリポタ効果で入場者数2年連続30%増!
  • 「ハリー・ポッター展」アジア初上陸!シンガポールで本日開幕!
  • ダニエル・ラドクリフ、アメコミヒーローに憧れ!
  • 「ハリー・ポッター」映画全8作の呪文だけを集めた動画!
  • 「ハリー・ポッター」のスネイプ先生とロン役が、伝説のロッククラブの映画で共演!
  • トム・フェルトン新作ホラー映画『ジ・アパリション (原題)』恐怖の予告編!
  • 『アメイジング・スパイダーマン』本予告編が公開!
  • エマ・ワトソン『ウォールフラワー(仮題)』は9月米国公開!Maxim誌最もホットな女性リストランクイン!
  • J.K.ローリング大人向け最新作、日本語発売は年内!
  • ハリー・ポッター文庫版が7月発売!
  • ジニー役ボニー・ライトが映画監督デビュー!
  • アラン・リックマン式ドラマチックなティータイムの過ごし方!
  • ダニエル、ギレルモ・デル・トロ監督3D『ピノキオ』出演希望!
  • ダニエル・ラドクリフ、「次は悪役を演じたい!」
  • 米アマゾンのキンドルライブラリに『ハリー・ポッター』全巻が登場!6月から!
  • デイビッド・イェーツ監督、エマ・ワトソン主演映画『ユア・ボイス・イン・マイ・ハート(原題)』から降板!
  • USJハリポタ効果は5兆円規模!関西大学教授が大胆予測!
  • 全米大ヒット映画『ハンガー ゲーム』9月日本公開!
  • エマ・ワトソン、ポールダンスにハマる!?
  • 「ハリー・ポッターの魔法の世界」日本進出プレスリリース!
  • テーマパーク「ハリー・ポッターの魔法の世界」ついにユニバーサル・スタジオ・ジャパンに登場!
  • エマ・ワトソン、新作映画『ブリング・リング(原題)』の写真を公開!
  • J.K.ローリング新サイト『ポッターモア』が本格オープン!
  • J.K.ローリング大人向け新作のタイトルと発売日が発表!
  • ワーナー・ブラザーズ・スタジオ・ツアー「メイキング・オブ・ハリー・ポッター」ついにオープン!
  • 電子書籍版『ハリー・ポッター』、ついにJKR公式サイトで発売!
  • 7巻のハンドブック、『ハリー・ポッター大事典1巻から7巻を読むために』絶賛発売中!


  • 【Harry Potter and the Deathly Hallows/ハリー・ポッターと死の秘宝】アマゾンで購入
    『死の秘宝』の事実とJKRの発言『死の秘宝』原書よくある質問
  • 英国子供版ペーパーバック ¥ 1,870 (税込) 4%オフ
  • 英国大人版ペーパーバック ¥ 1,870 (税込) 4%オフ
  • 英国子供版ハードカバー ¥ 3,100 (税込) 29%オフ
  • 英国大人版ハードカバー¥ 3,100 (税込)29%オフ
  • 米国版「ハリー・ポッター」17巻ペーパーバック・ボックスセット ¥8,139
  • 米国版「ハリー・ポッターと死の秘宝」ペーパーバック ¥1,403
  • ハリー・ポッター7巻英国子供版 オーディオCD ¥15,272(税込)30%オフ朗読者スティーヴン・フライ
  • ハリー・ポッター7巻英国大人版 オーディオCD ¥15,272(税込)〃    〃
  • ハリー・ポッター7巻米国版 オーディオCD 17枚組  ¥8,416(税込)朗読者ジム・デール


  • ソニー・ピクチャーズ  [posted at JST 19:00/6/14/2012 ポッターマニア 無断転載禁止]

     

    ツイッターをフォロー YouTube

    サイト内検索

     

    最新記事・写真
  • ハリー・ポッターの最新ニュースをチェック
  • 人気グッズが当たるスプリングキャンペーン実施中!NEW!
  • 『黒い魔法使いの誕生』ブルーレイ・DVD 4/24発売NEW!
  • 『ファンタビ2』ブルーレイ特典&15分の未公開映像の詳細NEW!
  • 『黒い魔法使いの誕生』書籍・グッズリストUPDATE!
  • エマ・ワトソンがマーベル『ブラック・ウィドウ』 準主役の最有力候補NEW!
  • 【写真】エディ・レッドメイン英映画賞授賞式へNEW!
  • USJ「訪日外国人のSNS人気ランキング」で1位NEW!
  • 米ワーナーCEO『ファンタビ3』インタビュー!NEW!
  • 米ユニバーサルに「闇の魔術」の新キャッスル・ショーNEW!
  • 日本アカデミー賞『万引き家族』が最多8冠NEW!
  • USJ『イースター・セレブレーション』詳細NEW!
  • 「LEGOハリポタ」玩具賞3部門受賞NEW!
  • 【USJ】参加型新エンターテインメント3/20スタートNEW!
  • ハリポタ仕様のスイートルーム、メルボルンの高級ホテルにNEW!
  • 【USJ】映画『SING/シング』の新アトラクション4/18開業NEW!
  • アカデミー賞『ボヘミアン・ラプソディ』が最多4冠NEW!
  • 第91回アカデミー賞、プレゼンター、パフォーマーリスト、専門家の予想&生配信・見どころNEW!
  • ハグリッドのコースター、米ユニバーサルに6月登場NEW!
  • 舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」メルボルン公演が開幕NEW!
  • 『ファンタビ3』、2021年公開か?NEW!
  • USJホグワーツ新キャッスル・ショー3/20開幕NEW!
  • 今日は猫の日!ハリポタとファンタビに登場した猫たちNEW!
  • 【USJ】石原さとみ、スプリング・サポーター就任NEW!
  • 【USJ】ナイトパレードが期間限定グレードアップNEW!
  • 【USJ】パーク貸切ナイト・キャンペーン開始NEW!
  • 『ファンタビ』未公開映像NEW!
  • 舞台「呪いの子」オーストラリア公演のファーストルック写真NEW!
  • BAFTA英アカデミー賞、『ROMA/ローマ』が作品賞受賞NEW!
  • ダン・フォグラー『ファンタビ3』撮影延期理由を語るNEW!
  • ハリポタ展、4月からバレンシアで開催NEW!
  • 【USJ】『進撃の巨人』が再びパークにNEW!
  • ダニエル・ラドクリフ、ホグワーツのトイレ事情にショックNEW!
  • USJ『ユニバーサル・スチューデント・フェスティバル』開幕式に飯豊まりえ&福田愛依NEW!
  • 英ハリポタ見学ツアーにグリンゴッツ魔法銀行NEW!
  • 【フィギュア】グリンデルバルド、ニュート、ダンブルドアの最新商品、予約受付中NEW!
  • 【アニメジャパン】プログラム第1弾発表NEW!
  • 【洋書】20周年記念版『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』6月発売NEW!
  • マシュー・ルイス、盗まれた財布が手元に戻りファンに感謝NEW!
  • 【USJ】ルパン三世 ファン・エクスペリエンスに栗田貫一NEW!
  • 【写真】エディ・レッドメイン新作『エアロノーツ』撮影中NEW!
  • 【USJ】『ユニバーサル・スチューデント・フェスティバル』開催NEW!
  • 『ファンタビ』第3弾、撮影は晩秋に延期NEW!
  • 【USJクールジャパン徹底解剖】NEW! 開幕式&アトラクション詳細 |  USJ「名探偵コナン」&「ルパン三世」レストラン | グッズ
  • アラン・リックマンがタンゴを踊るセクシーなMVNEW!
  • 【フィギュア】ハリポタねんどろいど&スネイプ・フィギュア予約受付中NEW!
  • 青年期のグリンデルバルドとダンブルドア俳優、GOTスピンオフ出演へNEW!
  • 「ファンタビ」映画オリジナル脚本版日本語版 英語版NEW!
  • 【ファンタビ2キャスト来日イベント動画・写真】 初日舞台挨拶、鏡開きで大ヒット祈願 | スペシャルファンナイト」レポート | レッドカーペットイベント開催 |  高画質写真NEW!
  • 映画『ファンタビ』関連本、ハーパーコリンズ社から発売NEW!  『魔法のアーカイブ』中身紹介&ミナリマインタビューNEW!
  • 【祝5周年】USJハリポタエリアに新キャッスルショー登場NEW!
  • 宮野真守が朗読!『幻の動物とその生息地』オーディブル版が発売!NEW!
  • 『吟遊詩人ビードルの物語』米イラスト版発売NEW!
  • 日本語『賢者の石』20周年記念版発売NEW!
  • 20周年デザイン『秘密の部屋』寮ごとのコンテンツ紹介NEW!
  • 『ファンタスティックビースト』俳優ファンレター宛先
  • 【ファンタビ前作特集】大雨のレッドカーペット | スペシャル・ファン・ナイト開催 | キャストが初日舞台挨拶で鏡開き| 映画情報
  • ハリポタ/ファンタスティック・ビースト グッズ・リスト
  • 【ロンドンレポート】「ハリー・ポッターと呪いの子」観劇レポ1 | 観劇レポ2 | 9と4分の3番線と公式グッズ店
  • 「ハリポタ」ブルーレイ・DVD完全版
  • 【新作演劇『ハリー・ポッターと呪いの子』全まとめ】舞台と脚本書籍、これだけは知っておきたい
  • 【USJハリポタ新アトラクション】「ワンド・スタディ」徹底解剖「ワンド・マジック」徹底解剖
  • 【独占取材 マルフォイ親子W来日】
    来日サイン会でファンに大サービストム・フェルトン&ジェイソン・アイザックス来日高画質画像
  • 特典満載「ハリポタ」コレクターズ版DVD/BDがお安くなって再発売
  • USJ「ハリポタ」エリア内でしか買えないおススメグッズ
  • 【人気記事】ハニーデュークス人気お菓子ランキングリニューアルした「ハニーデュークス」レポフェイスペイント
  • 【人気記事】トム・フェルトン2015来日インタビュー「日本のファンは特別さ」高画質写真
  • 【人気記事】USJ「フォービドゥン・ジャーニー」世界初3D化!セレモニーにSMAP、トム・フェルトン出席| 高画質画像ハイライト動画
  • 人気【USJハリポタ徹底解剖】 >「ハニーデュークス」お菓子ベスト25ビバリーヒルズ・ギフトUPDATE!「ユニバーサル・スタジオ・ストアUPDATE!ダービシュUPDATE!フィルチUPDATE!グラドラグスホグワーツ城オリバンダーUPDATE!ハニーデュークスUPDATE! | ヒッポグリフ  グッズ・アトラクション高画質画像
  • 【USJハリポタくわしい情報♪】
    ★初めてでも迷わない!入場方法&整理券の取り方!
    ★USJハリポタに行く前に知っておきたい7つのこと
    ★夜景おすすめの撮影スポット
    ★並ばずに入る
    ★事前予約なし!入場券だけでスムーズに楽しむ
  • 【USJハリポタエリア高画質写真】UPDATE!
    ホグワーツ特急ハニーデュークスフィルチふくろう便オリバンダーヒッポグリフ
  • 【人気記事】USJハリポタついにグランドオープン!セレモニーレポ!前夜祭&初日画像
  • 【人気記事】USJ「ハリー・ポッター」前夜祭にイヴァナ・リンチ、トム・フェルトン、SMAP出席!
  • 【人気記事】エマ・ワトソンチャリティ写真集
  • 【人気記事】米オーランド「ダイアゴン横丁」まとめ
  •  
  • ワーナー・スタジオ見学ツアー、詳しいアトラクション・行き方・チケット購入方法など写真
  • 『ハリー・ポッター』ブルーレイ&DVD絶賛発売中!映画情報写真
  • 7巻のハンドブック、『ハリー・ポッター大事典1巻から7巻を読むために』絶賛発売中!


  • ポッターマニアの本










     







    Copyright© 2001-2019 Pottermania All Rights Reserved.
    Reproduction in whole or in part without permission is prohibited.
    当サイトの記事・情報・投票・画像を含むすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
    転載をご希望の方は事前にメールでご連絡ください。