J・K・ローリングが2014年クィディッチ・ワールドカップを実況中〜開会式で負傷者300人以上(笑)!

ハリー・ポッター
J・K・ローリングさんがハリー・ポッターの公式サイト「ポッターモア」の中で、現在開催中の第427回クィディッチ・ワールドカップの模様を連日レポートしています!

*「ポッターモア」日本語の閉鎖に伴い、開幕式の日本語を↓に追加しました!
*同じく「ポッターモア」日本語の閉鎖に伴い、日本チームの活躍を追加しました(2021/4/12)NEW!

“クィディッチ”は、「ハリー・ポッター」に登場する魔法界の人気スポーツ。そのワールドカップが2014年4月12日から、アルゼンチンのパタゴニア砂漠でマグルに見えないように(笑)開催されており、J.K.ローリングさんが試合の記事をポッターモアの中で連日掲載しています。

この記事は『日刊予言者新聞』クィディッチ特派員のジニー・ポッター(旧姓ウィーズリー)が書いているという設定になっており、同新聞のコーナーで読むことができます。

17日現在、「開会式」と「ノルウェー対コートジボワール」戦の結果が掲載。今年の開会式は各チームのマスコットをテーマにしたものだったため、フィジーとノルウェー(鮫人間と巨大湖ヘビ)のマスコットが、魔法で作られた湖の中で大暴れ。文字通り血の海になった所にブラジルやナイジェリア、ハイチのマスコット(赤毛ドワーフとヴァンパイア、亡者)なども加わり大混乱に。300人以上の観衆がショックや骨折・咬傷で癒者の手当てを受けました。

なお日本のマスコットの記述はなく、開会式では大人しかった模様です(笑)。

ポッターモアはJ.K.ローリングさんがソニー株式会社とのパートナーシップにより、2011年に立ち上げたウェブサイト。無料登録するだけで、組分けや杖の決闘、魔法薬の調合が楽しめるほか、JKRがこのサイトだけに書いた裏話を読むことができます。

ポッターモアとは 登録方法など

4月12日 悲惨な開会式、クィディッチ・ワールドカップの警備に疑問

日刊予言者新聞クィディッチ特派員、ジニー・ポッター パタゴニアの砂漠よりレポート。

第427回クィディッチ・ワールドカップは、クアッフル1つ投げられることも、スニッチ1 つ捕えられることもないうちから、既に論争の渦に巻き込まれている。混乱を収拾するため、魔法動物学者たちが砂漠に集結し、癒者たちはショックや骨折やかみ傷に見舞われた観客300人以上の手当にあたった。アルゼンチンの魔法評議会は、チームマスコットを主役とした開会式を行うという彼らの決断が、愚かで無謀なものだったのではないかという非難を受け、たじたじとなっている。

開会式に先立ち、砂漠にはフィジーチームのダクワカ (サメとヒトの2つの姿を持つ、変身する生き物)の宿泊施設として、みごとな観賞用の湖が造られていた。主催者側は、最初の週の試合に出場する他チームのマスコットが「多様性に満ちた魔法動物世界の大博覧会」と銘打たれたマスゲームに参加すると発表した。

開会式は湖の上でフォーメーションを組んで踊るコートジボワールの川の精霊たちとともに、穏やかに始まった。しかしフィジーとノルウェーのマスコットが解き放たれたとき、今回の惨事は幕を開けたのである。

アルゼンチンの魔法評議会会長を務めるバレンティーナ・バスケスは、次のようにコメントしている。 「私たちはフィジーのダクワカを迎える準備は整っていましたが、ノルウェー代表団の発表には不意をつかれました。彼らは湖を住処とする大蛇、セルマのためにも湖にスペースを作ってほしいと言ったのです。私たちはノルウェー代表団がいつもどおりトロールの曲芸団を連れてくるものとばかり思っていました」

「私たちが知る限り、ダクワカとセルマが共存可能かどうかについての研究が行われた例はありません。従って、魔法評議会は両者を近接した場所に置いた結果生じた不幸なできごとに対して責任を負うことはできません」

日刊予言者新聞の独占取材に応じた主任顧問魔法動物学者のロルフ・スキャマンダーは、こう反論する。 「ダクワカは温暖な海を住処とし、セルマは氷のように冷たい淡水の湖に暮らしている。前者は魚から人間に姿を変える生き物で、後者は人間の肉や魚をむさぼり食う蛇だ。両者を微温の汽水で満たされた狭い空間に詰め込んだら、たちまち流血の惨事が生じることくらい、ビリーウィグ並みの脳の持ち主でない限り見当がつくはずだ」

この2種類の怪物たちが、巨大な水晶のシュートから魔法で造られた湖に放たれたときに起こったのは、正に流血の惨事だった。フィジーとノルウェーの調教師たちは、それぞれ自分たちのマスコットを大人しくさせようと、荒れ狂う水の中に飛び込んだ。だがブラジルのクルピラ (森に住む赤毛の小人たち。足が後ろ向きに付いていて、仲間の生き物が人間の脅威にさらされていると感じると、彼らを守る)が、その努力の大いなる妨げとなった。クルピラたちは、どうやら調教師たちがダクワカやセルマに危害を加えようとしていると思い込んだようで、彼らを攻撃した。

スタジアムがパニックに陥り、人からも動物からも血が流れ放題となった段階で、ナイジェリアのササボンサム (細長い脚をした吸血動物)が理性を失ったのも無理のないことだったかも知れない。彼らが観客の間に大混乱を引き起こしている間に、ハイチチームがマスコットとして「亡者」 を連れてきているといううわさが真実であったことも証明された。観客は、つまずいた者は誰であろうと捕まえてむさぼり食おうとする「亡者」がスタジアム内を縦横無尽に動き回る中、先を争って逃げ出そうとした。

マスコットのサイズと性質に対する規制は、ICWQCの最上層部で長いこと論議の元となっていた。マスコットを“乳牛より小さな草食動物に限り、火を吐くものは禁ずる”という案は、995年に圧倒的多数により却下された。世界中のクィディッチサポーターは、自分たちがワールドカップの伝統であり、彩りであるとみなすものに対する干渉には、いかなるものであろうと反対してきた。

だが多くの人々は、最も恐ろしげなマスコットを連れてこようとするチーム間の競争が、手に負えないレベルに達していると考えている。ノルウェーチームの監督であるアルヌルフ・モーは、セルマを連れてきた自らの判断を弁護し、セルマは「ノルウェーの選手たちの鋼の意志と猛々しさ」の象徴であり、先にかみついたのはダクワカだと主張した。

トーナメント開幕の週末に向けて、記録的な数の観客が10,000の移動キーを利用してパタゴニア砂漠のど真ん中に輸送された。アルゼンチンの魔法評議会は、その輸送に関する手配の隙のなさで多くの人々から賞賛を受けているが、試合開始のホイッスルが吹かれる前に記録的な数のけが人が出たことは、間違いなく主催者の恥となるだろう。

トーナメントの皮切りとなるノルウェー対コートジボワール戦は、明日行われる。


日本チームの試合結果

日本対ポーランド  2014年5月21日

日刊予言者新聞クィディッチ特派員、ジニー・ポッター
パタゴニアの砂漠よりレポート。

日本、ポーランドに 350 - 140 で勝利

激しい力闘が繰りひろげられた日本対ポーランド戦は、ポーランドの 140 点に対し 350 点を獲得した日本が、当然ともいうべき勝利を収めた。

ポーランドチームも最終的な得点からはうかがい知ることのできない神鬼迫る力強いプレーを見せたが、ホンゴウとシンゴというベテラン日本人ビーターコンビからの重圧に、若いチームの経験不足が露呈した形だ(ちなみにホンゴウとシンゴは最近、史上最も優れたビーターコンビとして、伝説的な 1994 年ブルガリアチームのボルコフ・ボルチャコフ組に次いで 2 位に選出されている)。

注目すべき選手は、ポーランドのシーカー、ヴワディスワフ・ウォルフケだ。優雅かつ大胆不敵な箒乗りだが、序盤で惜しくもスニッチを捕り逃し、開始後 59 分、逸材ノリコ・サトウにわずかに先を越されてしまった。

日本は準々決勝に進み、優勝候補のナイジェリアと対戦する。

 

日本 vs ナイジェリア 2014年6月10日

日刊予言者新聞クィディッチ特派員、ジニー・ポッター - パタゴニアの砂漠よりレポート。

日本 270 - ナイジェリア 100

番狂わせの相次ぐ本大会だが、今日午後、またしても波乱の展開となった。下馬評を得ていた強豪が、完璧に近いパフォーマンスを見せた日本チームに敗れ、準々決勝で姿を消した。

この一戦は“ビーター対決”として人々の記憶に残るだろう。というのも、この 2 つのクィディッチ強豪国によるブラッジャーさばきは、紛れもなく名人の域に達していた。

ナイジェリアのオコイエ、オジュクの両選手、そして日本のシンゴウ、ホンゴウの両選手が放ったショットの精度と創造性は、ゲームの柱になっていた。彼らは棍棒を振りまわすならず者として描かれることが少なくないビーターというポジションもまた、究めれば芸術家たりうることを示したのである。

勝敗を分けたのが、ホンゴウ選手の放った強烈なショットであることは間違いない。この一撃で、ナイジェリアのシーカー、エキアノ選手の箒の穂が吹き飛ばされたのである。バランスを失ってきりきり舞いするエキアノ選手。ナイジェリアの選手たちが彼を救おうとよそ見をした隙に、ノリコ・サトウ選手が高く舞いあがってスニッチをキャッチ、勝負が決まった。ナイジェリアを破って勝ちあがった日本は、準決勝でブルガリアと対戦することになる。

ナイジェリア選手が使用する箒は、何かと物議を醸しているサンダーボルト 7 だ。これはファイアボルト・シリーズの競合モデルで、速度性能を重視するあまり安全性をないがしろにしていると、多くの専門家から指摘を受けている。プロ仕様の箒は本来、どんなブラッジャーの一撃にも耐えられるよう設計されていなければならず、この箒に関してはすでに調査が始まっている。

いっぽう、ナイジェリアの魔法戦士の一団が、イギリスのマンチェスターにあるサンダーボルト社の本部に向かっているとの噂もあるが、確認は取れていない。

 

賭けるなら、ルード・バグマンのオッズを参考に 2014年7月2日

優勝候補のノルウェーとナイジェリアが敗退するという波乱に、ブックメイカーたちは笑いがとまらないようだ。イングランド代表チームの元ビーターで、熱狂的なギャンブラーでもあるルード・バグマンが、まだ優勝杯を手にする可能性のあるチーム――すなわち準決勝に駒を進めた 4 チームについて、勝敗オッズをつけた。

ブラジル
ブラジルはクィディッチ・ワールドカップで 5 度の優勝を誇るが、90 年代と 00 年代初頭は、この古豪にとって低迷期と考えられてきた。ホセ・バルボーザ監督は、全国津々浦々から若い選手を集めることで、この国民的スポーツを復活させた。平均年齢 22 歳と若いこのチームは、トーナメントを勝ち残っているなかでは最も経験の浅いチームと言える。

使用している箒: ヴァ=ラピドス
総得点(1 回戦と 2 回戦の合計): 41 点
スニッチを捕って試合を決めるまでに要した時間(1 回戦と 2 回戦の平均): 131 分*
注目の選手(1 回戦と 2 回戦で活躍): アレハンドラ・アロンソ(チェイサー)

ルードのオッズ: 9 倍

比較的経験の乏しいチームながら、これまでのところ高い得点力を維持している。ただ、こういう若い選手たちは重圧がかかる場面で崩れるかもしれない。才能は豊かなのは間違いないが、今後 4 年間で優勝するという目標のほうがより現実的では?

*……1 回戦ではハイチが反則にあたる方法でスニッチを捕ったため、これは 2 回戦のみの数字。

 

アメリカ
アメリカがクィディッチ・ワールドカップの予選ステージを突破、決勝トーナメントに駒を進めるとは、誰も予想していなかった展開だ。初戦こそ、ジャマイカのシーカーの自滅によって思わぬ勝ちを拾った形になったが、準々決勝では下馬評の高いリヒテンシュタインを破って底力を見せつけた。この準決勝でも、勝利の女神はアメリカに微笑むのだろうか?

使用している箒: スタースウィーパー 21
総得点(1 回戦と 2 回戦の合計): 39 点
スニッチを捕って試合を決めるまでに要した時間(1 回戦と 2 回戦の平均): 100 分
注目の選手(1 回戦と 2 回戦で活躍): ダリウス・スマックハマー(シーカー)

ルードのオッズ: 12 倍

リヒテンシュタインとの試合でアメリカが見せた強さには感心したが、年季の入ったクィディッチ・ウォッチャーたちは、このチームに優勝するだけの力があるかどうか、まだ確信を持てずにいる。一番の弱点はディフェンスだ。

1 回戦ではキーパーのスーザン・ブランチフラワーがジャマイカに 23 得点を許してしまった。ビーターを務めるプリングルとピケリーも、準決勝で若く才能豊かなブラジルのビーター陣、サントスとクロドアウドを倒そうと思ったら、より効果的なフォーメーションを見つける必要があるだろう。

 

日本
日本が本大会で活躍することは広く期待されていたが、共に本命視されていたナイジェリアを破った試合で彼らが見せたセンスと攻撃は、見る者すべてをうならせた。今大会で初めてヴェールを脱いだ国産の競技用箒を使用。

日本はほぼすべてのポジションに才能あふれる選手を配置して層の厚さを見せつけたが、特に他の追随を許さないのは、ディフェンス陣だ。ホンゴウ選手とシンゴウ選手のレプリカ・ローブが、今や本大会で最も売れ行きのいいグッズになっていることからも、そのことがうかがえる。

使用している箒: 矢印
総得点(1 回戦と 2 回戦の合計): 32 点
スニッチを捕って試合を決めるまでに要した時間(1 回戦と 2 回戦の平均): 61 分
注目の選手(1 回戦と 2 回戦で活躍): マサキ・ホンゴウ(ビーター)、シンタロウ・シンゴウ(ビーター)

ルードのオッズ: 4 倍

無慈悲なまでの手際の良さと芸術的な試合運びで快進撃を続ける日本が、今や優勝候補の筆頭に躍り出たことは間違いない。

 

ブルガリア
ブルガリアが決勝トーナメントを勝ち進むとは、誰も予想していなかった。過去 20 年で 2 度決勝進出を果たしているとはいえ、今大会のブルガリアは影が薄く、16 強にもかろうじて滑り込んだに過ぎなかった。

38 歳のビクトール・クラムを代表に選んだのも、チームへの貢献を期待してというよりは、お情けからという見方が一般的だった。たしかに、決勝トーナメント 1 回戦でニュージーランドを破ったときには幸運がブルガリアに味方したのかもしれない。しかし、次のノルウェー戦でクラムが早々とスニッチを捕り、優勝候補の一角を占める強豪を退けたとき、多くのコメンテーターは辛辣な言葉を飲み込まざるを得なかった。

使用している箒: ファイアボルト・スプリーム
総得点(1 回戦と 2回戦の合計): 28 点
スニッチを捕って試合を決めるまでに要した時間(1 回戦と 2 回戦の平均): 88 分
注目の選手(1 回戦と 2 回戦で活躍): ビクトール・クラム(シーカー)

ルードのオッズ: 50 倍

ブルガリアを応援する声は、世界中で日増しに高まっている。これには判官びいきもあるし、いまだ悲願を達成できずにいる天才プレイヤーに対する、クィディッチ・ファンの切ない思いが込められているとも言えよう。しかし、クラムと彼のチームメートに、準決勝で日本を打ち負かすだけの力が本当にあるだろうか? 残念ながら、答えはおそらくノー、だ。


ブルガリア vs 日本 2014年7月6日

日刊予言者新聞クィディッチ特派員、ジニー・ポッター
パタゴニアの砂漠よりレポート。

ブルガリア 610 - 日本 460

準決勝の第 2 試合のために競技場に入る 1 分前、ブルガリアのビーター、ボリス・ヴルチャノフはこう語った。「俺たちは大会を通して雑魚扱いだった。負けても失うものはないし、勝てば儲けものだ。ピッチですべてを出し切るだけだ」。

彼らがその言葉どおりに戦い抜いたことは、誰の目にも明らかだった。だが日本も、魔法界の新たなスターであるシンゴウとホンゴウという 2 人のビーターを擁し、大会を通して素晴らしいパフォーマンスを見せてきた。そんな日本にかける言葉があるとすれば、彼らが戦った準決勝は長く記憶に刻まれるであろうということだ。ここ数年で最多得点を記録した、手に汗握るすばらしい試合だった。

予想どおり、試合の序盤はシンゴウとホンゴウが支配した。癒者がブルガリア・チームを手当するために試合は 2 度中断された。試合開始から 1 時間も経たないうちにブルガリアの 6 人が頭から出血していた。

その後に繰り広げられたスポーツマンシップあふれる 3 連続のプレーは、観客の記憶に残るだろう。砲弾のような勢いで飛んできたブラッジャーを、ヴルチャノフはみずから盾となって止め、スニッチを猛追していたシーカーのクラムを守った。 ヴルチャノフは気を失って箒から落ちたが、驚いたことに彼をつかんで救い上げたのは日本のシーカー、ノリコ・サトウだった。

サトウがスニッチを追えなくなったことに気づき、クラムは箒を止めた。隙をついて彼女を出し抜こうとはしなかったのだ。プレーが再開されると、観客全員がクラム、サトウ、(意識が戻った)ヴルチャノフに対してスタンディングオベーションを送った。

日本のディフェンスのすばらしさはクィディッチ界全体が認めるところだが、チェイサーのリュウイチ・ヤマグチ、キミコ・クロサワ、ヨシ・ワカヒサの働きも見過ごすことはできない。
試合開始から 8 時間経った頃には日本が 250 点リードしていた。ブルガリアは大きく引き離されていたものの、シンゴウとホンゴウが放つブラッジャーに敢然と立ち向かった。ブルガリアのプレーは決して美しいものではなかったが、その勇気は疑いようもなかった。

スニッチが再び現れた。クラムはサトウと先を争い、サトウをスニッチから遠ざけたが、自分で捕まえはしなかった。
それはチームメートへの信頼を示す行為であり、悪評を呼んだ 94 年の決勝戦とはまったく対照的だった。当時クラムはみずから試合を終わらせ、仲間がアイルランドからさらなる辱めを受けることを防いだのだ。

それがまさに試合の転機になった。ブルガリアは徐々に差を詰めていき、すばらしい粘り強さと、安定感を増したディフェンスで、ついに日本に追いついた。そして 10 時間目、まれに見る大逆転劇が起きた。

クラムの飛び方は相手を見事に混乱させた。ホンゴウの視線を避けるように見せかけてサトウを出し抜き、観客やチームメートにも何が起きたか分からないうちに、クラムはスニッチを捕まえていた。

驚きのあまりスタジアム全体が 10 秒間静寂に包まれ、それからようやくブルガリアのサポーターが歓声を上げた。この記事を書いている間も人々は勝利を祝い続けている。だが、よほどの冷血漢でもなければ日本への同情を禁じ得ない。日本はアメリカと 3 位の座をかけて対戦することになる。

 

3位決定戦 2014年7月9日

日刊予言者新聞クィディッチ特派員、ジニー・ポッター
パタゴニアの砂漠よりレポート。

日本 330 - アメリカ 120

短時間かつ血みどろの戦い、その荒々しさを否定する者はまずいないだろう。

このトーナメントを最後まで勝ち抜くだろうと大方が予想していた日本と、2014 年に入ってから躍進を続けてきたアメリカ、両チームが共に素晴らしいワールドカップの試合を見せてくれた。この 3 位決定戦に出場した 14 名の選手全員にとって、今晩は胸を張れる夜になるはずだ。

ただし、何人かの選手―中でも、試合開始から 34 分、2 つのブラッジャーを顔に受けたアメリカのチェイサー、アーセニア・ゴンザレス―にとっては、非常につらい夜になるはずだ。

日本のビーター、ホンゴウとシンゴウが圧倒的な勢いを見せる中、アメリカは健闘し、その力が過小評価されている英雄であり、今日最高にコンディションの良かった日本側キーパーのトドロキを相手に 12 ゴールをあげた。

競技場の反対側では、キーパーのスーザン・ブランチフラワーをかわしてチェイサーのヤマグチ、クロサワ、ワカヒサが 18 ゴールを奪ったあと、日本のシーカー、ノリコ・サトウが今大会中でも一二を争うほどの驚くべき急降下を見せた。

飛んでくるブラッジャーやチェイサーたちを振り切り、アメリカのマーシー・ワードウェルからのプレッシャーにも打ち勝ち、ダリウス・スマックハマーとルーカス・ピッカリーの箒を引っかけさせて、見事にスニッチをつかんだのだ。

地上に降り立つと、両チームは互いに抱き締め合って、心温まるスポーツマンシップを見せた。その後、アメリカチーム(そのサポーターは周知の通り、リヒテンシュタインのマスコットであるオーグリーのハンスを拉致した)に日本チームが鳳凰のひな(鳳凰というのは、日本の火の鳥である)を贈ったという知らせが届いている。

 

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』クィディッチ・ワールドカップ

©Warner Bros. Entertainment Inc.

クィディッチ・ワールドカップ

©Warner Bros. Entertainment Inc.

クィディッチ

©Warner Bros. Entertainment Inc.

クィディッチ

©Warner Bros. Entertainment Inc.

【映画『キカイダー REBOOT』予告編 】5月24日公開!NEW!


【映画『L・DK』予告編】大ヒット上映中!


【映画『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』予告編 】大ヒット上映中


【J.K.ローリング新作『The Silkworm』予約】 情報 NEW!
The Silkworm 英国版 ¥3,577 (6/19発売)
The Silkworm 米国版 ¥3,007 (6/24発売)

【ハリー・ポッターグッズ】NEW!
ハリー・ポッターグッズ一覧

【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイ&DVD コンプリートセット』  情報
【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイコンプリートセット 参考価格9,000円
【初回生産限定】ハリー・ポッターDVD コンプリートセット 参考価格9,000円
*2012年12月に発売されたコンプリート セットと内容は同じです。(本編のみ)


【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイ&DVD コンプリートセット』  情報
【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイコンプリートセット 参考価格9,000円
【初回生産限定】ハリー・ポッターDVD コンプリートセット 参考価格9,000円
*2012年12月に発売されたコンプリート セットと内容は同じです。(本編のみ)

【静山社ペガサス文庫「ハリー・ポッター」発売!2014年3月〜11月】 詳細 
『ハリー・ポッターと賢者の石 1-1』 714円 
『ハリー・ポッターと賢者の石 1-2』 714円
『クィディッチ今昔』 651円 

【ハリー・ポッター 日本語 文庫版シリーズ好評発売中!】
1巻〜7巻ボックスセット
『ハリー・ポッターと賢者の石』文庫1-1  609円
『ハリー・ポッターと賢者の石』文庫1-2  609円
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』文庫2-1 609円
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』文庫2-2  609円
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』文庫3-1 672 円
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』文庫3-2   672 円
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』文庫4-1 714円
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』文庫4-2 756円
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』文庫4-3 756円
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』文庫5-1 714円
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』文庫5-2 756円
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』文庫5-3 756円
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』文庫5-4 756円
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』文庫6-1  672円
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』文庫6-2  756円
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』文庫6-3  756円
『ハリー・ポッターと死の秘宝』文庫7-1 798円
『ハリー・ポッターと死の秘宝』文庫7-2 777円
『ハリー・ポッターと死の秘宝』文庫7-3 756円

【米国版 新カバーペーパーバック好評発売中】情報 
ハリー・ポッター1〜7巻セット ¥ 9,493 12%オフ
ハリー・ポッターと賢者の石 (写真・記事)  ¥ 1,441
ハリー・ポッターと秘密の部屋 (写真・記事) ¥ 1,233  6%オフ
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 ¥ 1,441
ハリー・ポッターと炎のゴブレット ¥ 1,423  6%オフ
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ¥ 1,423 6%オフ
ハリー・ポッターと謎のプリンス ¥ 1,423  6%オフ
ハリー・ポッターと死の秘宝 ¥ 1,612  6%オフ

【新カバーの「ハリー・ポッター」英国アダルト版ペーパーバック】好評発売中
1巻『ハリー・ポッターと賢者の石』 ¥1,284
2巻『ハリー・ポッターと秘密の部屋』 ¥1,267
3巻『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』 ¥1,283
4巻『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 ¥1,568
5巻『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』 ¥1,388
6巻『ハリー・ポッターと謎のプリンス』  ¥1,175
7巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』  ¥1,568
1巻〜7巻ボックスセット ¥9,313

【ハリー・ポッター後におススメ♪】NEW!
さよならを待つふたりのために (原書)・・・NYタイムズヤングアダルト部門(YA)ベストセラー・リスト2位。米アマゾン1位、米タイム誌2012年度1位 映画化決定(予告編)
本泥棒 (原書)・・・NYタイムズYA1位、米アマゾン4位、全世界大ヒット
Divergent3部作第1巻第2巻最新3巻セット)・・・アマゾン3位 ホグワーツの組分けのような世界 映画化決定(予告編)
The Goldfinch・・・NYタイムズ総合1位
Holes和訳
チャーリーとチョコレート工場和訳
ライ麦畑でつかまえて和訳)  フラニーとゾーイ和訳)←個人的におススメ

【ソニーPS3 ブックオブスペルズ】 情報
PS3:ブック オブ スペルズ ¥3,570+347pt (10%) 

【ハリー・ポッター映画大全デラックスボックスセット】
「ハリー・ポッター」映画の豪華本8冊がボックスセットに くわしい情報

ポッターモア [posted at JST 10:00/4/17/2014 © Pottermania 無断転載禁止]

 

ツイッターをフォロー YouTube

サイト内検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

 

最新記事・写真
  • ポッターマニア最新ニュースUPDATE!
  • ハリポタ・ファンタビ最新グッズリストUPDATE!
  • 「ファンタビ・ハリポタ」イベント・発売スケジュール2021年NEW!
  • ポッターマニア開設20周年大感謝キャンペーン実施中!NEW!
  • ハーマイオニー誕生日おめでとう(名言集)
  • ハリポタ8-Filmホグワーツ・エクスプレス コレクターズBOX12/1発売NEW!
  • 【USJ×鬼滅の刃】イベント開催中NEW!
    グッズ&フードカート、禰豆子ポップコーンバケツ情報NEW!
    イベント詳細&初日プレビューNEW!
    柱たちメニューNEW!
  • 『賢者の石』20周年記念クイズ特番、ヘレン・ミレンが司会NEW!
  • 【洋書】『賢者の石』25周年版2022年発売NEW!
  • 「METガラ」キム・カーダシアンのディメンター姿が話題にNEW!
  • ハリポタ公式アドベントカレンダー発売中NEW!
  • 【USJハロウィン】
    初日レポートNEW!
    イベント内容詳細NEW!
    ゲゲゲの鬼太郎・ザ・リアル
  • 「ハリー・ポッター」守護霊のガイド付き日記2022年登場NEW!
  • ハリポタウィークリー手帳スケジュール帳発売中NEW!
  • 占い学 「ライトアップ水晶玉」発売中NEW!
  • 【ホグワーツ新学期】
    トム君出演「バック・トゥ・ホグワーツ」イベント動画完全版NEW!
    「ホグワーツ新学期」総集編
    リアル19年後ファンがアルバス入学を祝福
    キングズ・クロス駅にエディ&ジュード登場
  • 【スタジオツアーロンドン】「闇の魔術」特集9月スタートNEW!
  • 【グッズ】「ハリー・ポッター:友情と敵 ムービースクラップブック」2022年発売NEW!
  • フラッパーXハリポタ眼鏡ケースなど登場NEW!
  • 【グッズ】ねんどろいどもあ きせかえホグワーツユニフォーム発売NEW!
  • 「マホウドコロ」ポップアップストア日本橋三越本店にオープンNEW!
  • JKR新作童話「クリスマス・ピッグ」日本語・原書10月発売NEW!
  • ホグワーツ4寮デザイン『死の秘宝』特別コンテンツ紹介!UPDATE!
  • 【新グッズ】ハリー・ポッター iPhone 12Pro対応 耐衝撃ハイブリッドケース発売中NEW!
  • ハリー・ポッター・スティッカーブック10月発売NEW!
  • 「ハリポタパーティ公式ガイド」10月発売NEW!
  • 【グッズ】「ハリー・ポッター フェルトキット」10月発売NEW!
  • 「スタジオツアー東京」正式着工!NEW!
  • イラスト本『Harry Potter:A Magical Year』10月発売NEW!
  • 魔法族大図鑑<並製版>発売NEW!
  • 公式水彩画ぬり絵「水彩画マジック」10月発売NEW!
  • 洋書「ダイアゴン横丁ツアー本」発売中NEW!
  • ハリー・ポッター 公式料理本が登場NEW!
  • 【新刊】逆転時計を手作り!公式クラフト本発売NEW!
  • USJスーパー・ニンテンドー・ワールド徹底解剖NEW! グッズNEW!
  • 4寮グッズと小冊子がセットになった「ハリー・ポッター マジック」発売中NEW!
  • 【新刊】ハリポタ「かぎ針編み本」発売中NEW!
  • 忍びの地図、ホグワーツの手紙など7点が付いた「トランクセット」発売中NEW!
  • 【中身写真】ミナリマデザイン版『秘密の部屋』10月発売NEW!
  • ハリポタ公式編み物本 第2弾9月発売NEW!
  • 【原書】4寮版『謎のプリンス』特別コンテンツNEW!
  • モレスキン「ハリポタ」2021-2022年手帳発売NEW!
  • ハリー・ポッター映画大図鑑シリーズ 全12巻セット発売NEW!
  • 【スネイプ先生】アラン・リックマンさんの日記が本になって2022年発売NEW!
  • 映画『ファンタビ3』、これまでに分かったことNEW!
  • 和書『ハリポタ映画大図鑑』9〜12巻発売NEW!
  • ホグワーツ4寮のノートセット続々発売中NEW!
  • エドワードの視点で書かれたトワイライト新作『ミッドナイト・サン』がベストセラーにNEW!
  • 『ハリー・ポッターと呪いの子』新書サイズで発売NEW!
  • 【和書】『ハリー・ポッター映画大図鑑』第5〜8巻発売NEW!
  • 【和書】『ハリー・ポッター映画大図鑑』第1〜4巻発売中NEW!
  • 【洋書】20周年記念版 ホグワーツ4寮デザイン『不死鳥の騎士団』発売NEW!
  • 【和書】新装版ハリポタ 続々発売中NEW!
  • 【新型コロナウイルス】家庭や職場でできるパンデミック対策NEW!
  • 舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』、2022年夏に日本初上陸!NEW!
  • 『黒い魔法使いの誕生』BD・DVD発売中NEW!
  • 『アズカバンの囚人』20周年版特別コンテンツ紹介NEW!
  • 「ファンタビ」映画オリジナル脚本版日本語版 英語版NEW!
  • 【ファンタビ2キャスト来日イベント動画・写真】 初日舞台挨拶、鏡開きで大ヒット祈願 | スペシャルファンナイト」レポート | レッドカーペットイベント開催 |  高画質写真NEW!
  • 映画『ファンタビ』関連本、ハーパーコリンズ社から発売NEW!  『魔法のアーカイブ』中身紹介&ミナリマインタビューNEW!
  • 日本語『賢者の石』20周年記念版発売NEW!
  • 『ファンタスティックビースト』俳優ファンレター宛先
  • 【ファンタビ前作特集】大雨のレッドカーペット | スペシャル・ファン・ナイト開催 | キャストが初日舞台挨拶で鏡開き| 映画情報
  • ハリポタ/ファンタスティック・ビースト グッズ・リスト
  • 【ロンドンレポート】「ハリー・ポッターと呪いの子」観劇レポ1 | 観劇レポ2 | 9と4分の3番線と公式グッズ店
  • 「ハリポタ」ブルーレイ・DVD完全版
  • 【新作演劇『ハリー・ポッターと呪いの子』全まとめ】舞台と脚本書籍、これだけは知っておきたい
  • 【USJハリポタ新アトラクション】「ワンド・スタディ」徹底解剖「ワンド・マジック」徹底解剖
  • 【独占取材 マルフォイ親子W来日】
    来日サイン会でファンに大サービストム・フェルトン&ジェイソン・アイザックス来日高画質画像
  • 特典満載「ハリポタ」コレクターズ版DVD/BDがお安くなって再発売
  • USJ「ハリポタ」エリア内でしか買えないおススメグッズ
  • 【人気記事】ハニーデュークス人気お菓子ランキングリニューアルした「ハニーデュークス」レポフェイスペイント
  • 【人気記事】トム・フェルトン2015来日インタビュー「日本のファンは特別さ」高画質写真
  • 【人気記事】USJ「フォービドゥン・ジャーニー」世界初3D化!セレモニーにSMAP、トム・フェルトン出席| 高画質画像ハイライト動画
  • 人気【USJハリポタ徹底解剖】 >「ハニーデュークス」お菓子ベスト25ビバリーヒルズ・ギフトUPDATE!「ユニバーサル・スタジオ・ストアUPDATE!ダービシュUPDATE!フィルチUPDATE!グラドラグスホグワーツ城オリバンダーUPDATE!ハニーデュークスUPDATE! | ヒッポグリフ  グッズ・アトラクション高画質画像
  • 【USJハリポタくわしい情報♪】
    ★初めてでも迷わない!入場方法&整理券の取り方!
    ★USJハリポタに行く前に知っておきたい7つのこと
    ★夜景おすすめの撮影スポット
    ★並ばずに入る
    ★事前予約なし!入場券だけでスムーズに楽しむ
  • 【USJハリポタエリア高画質写真】UPDATE!
    ホグワーツ特急ハニーデュークスフィルチふくろう便オリバンダーヒッポグリフ
  • 【人気記事】USJハリポタついにグランドオープン!セレモニーレポ!前夜祭&初日画像
  • 【人気記事】USJ「ハリー・ポッター」前夜祭にイヴァナ・リンチ、トム・フェルトン、SMAP出席!
  • 【人気記事】エマ・ワトソンチャリティ写真集
  • 【人気記事】米オーランド「ダイアゴン横丁」まとめ
  •  
  • ワーナー・スタジオ見学ツアー、詳しいアトラクション・行き方・チケット購入方法など写真
  • 『ハリー・ポッター』ブルーレイ&DVD絶賛発売中!映画情報写真
  • 7巻のハンドブック、『ハリー・ポッター大事典1巻から7巻を読むために』絶賛発売中!
  •  

    ハリー・ポッターと賢者の石 1-1静山社ペガサス文庫




     

    最新記事・写真
  • エマ・ワトソン、24歳の誕生日はお仕事!NEW!
  • 米テーマパークダイアゴン横丁に夜の騎士バスがお目見えNEW!
  • 【写真】ジュリー・ウォルターズ、BAFTAフェローシップ賞を受賞へ!NEW!
  • 【動画】エマ・ワトソンがソフィア・ヴェルガラに変身するバイラル動画が話題! NEW!
  • 理想の体型:女性はエマ・ワトソンのようなスリムに憧れ、でも男性はぽっちゃりが好き(笑)NEW!
  • 【画像】ヴォルデモートと似た名前の人物の墓にハリポタファンが殺到&墓前がファンレターだらけに〜エディンバラ市が撤去!NEW!
  • ハリポタテーマパークが西海岸にNEW!
  • 「三人兄弟の物語」が短編映画に!NEW!
  • 静山社ペガサス文庫プレゼント・キャンペーン実施中NEW!
  • 【写真】ハリー・ポッター展、今年は欧州へ。フェルプス双子が記者会見出席NEW!
  • 【写真】こんなにある!ハリー・ポッターとSHERLOCK(シャーロック)の共通点!NEW!
  • 「アメイジング・スパイダーマン2」来日記者会見レポ!NEW!
  • ダニエル、エマのエイプリルフールにひっかかる!NEW!
  • 【写真】エマ・ワトソン「足出し」ドレスでラッセル・クロウもメロメロ!?『ノア 約束の舟』英国プレミアNEW!
  • 「ハリー・ポッター」続編映画は、3部作を予定!NEW!
  • 【写真】グミから予備のTバックまで、エマ・ワトソンがレッドカーペット必須アイテムを公開!NEW!
  • 【写真】エマ・ワトソン、シースルードレスで『ノア 約束の舟』アフターパーティへ!「大人の役に挑戦したい」NEW!
  • 【写真・動画】エマ・ワトソン、大胆背中開きドレスで新作NYプレミアへNEW!
  • 【写真・動画】エマ・ワトソン、寝過ごしてアカデミー賞アフターパーティを欠席NEW!
  • 【写真・動画】「SHERLOCK(シャーロック)」第3シーズンが5月放送&ハリポタ役者が出演!NEW!
  • 【写真】ストーカーに襲われたエマ・ワトソン、1500万円でボディガードを雇う!NEW!
  • 【写真】「ハリー・ポッター」英国子供版書籍、カバーを一新し9月に発売!NEW!
  • 【写真・動画】『アメイジング・スパイダーマン2』の最終予告編解禁!グリーンゴブリンら悪役の映像が明らかに&中村獅童がエレクトロ役をノリノリ熱演!NEW!
  • 【写真】エマ・ワトソンとジェニファー・ローレンスの合成写真が美しすぎると話題にNEW!
  • J.K.ローリング、「クィディッチ・ワールドカップ」の解説をウェブサイトに追加!NEW!
  • 【動画・写真】エマ・ワトソン、セクシーな水着で米エル誌に登場!初キスは食洗機の味!?NEW!
  • ハリポタテーマパーク動画・写真・ニュースホグワーツ特急詳細:吸魂鬼や双子が登場!特別イベントプレス記者会見レポ特別イベント杖の決闘レッスン特別イベントまとめ【「ダイアゴン横丁」新店舗など詳細!キングズ・クロス駅など新写真!NEW!
  • 【写真/動画】ルパート・グリント新作映画、Kickstarterで資金募集中!NEW!
  • 【写真】アニメ『劇場版 プリティーリズム』初日舞台挨拶に、阿澄佳奈、原紗友里、榎あづさが集結NEW!
  • 【写真】井上真央、『白ゆき姫殺人事件』PR列車出発式イベントに登場NEW!
  • 【写真・動画】イバンナ・リンチの学園コメディ『GBF』DVD・ブルーレイ、米英で4月発売!NEW!
  • エマ・ワトソン新作『ノア 約束の舟』が大ピンチ!相次ぐ上映禁止NEW!
  • 日本アカデミー賞、「舟を編む」6冠!NEW!
  • カナダのハリー・ポッター展、大盛況で会期延長NEW!
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ハリポタテーマパーク、早ければ夏にもオープン!NEW!
  • 【裏話】2014アカデミー賞:真の勝者はサムスンとピザ屋!?自撮り写真でPR大成功&配達員へのチップは10万円で店は大繁盛!NEW!
  • フォーブス長者番付発表:富豪の豪邸NEW!
  • 【写真】アカデミー賞舞台裏写真!NEW!
  • アカデミー賞ベスト&ワーストドレッサー、ハイライト動画NEW!
  • アカデミー賞授賞式 全受賞リスト&エマ写真NEW!
  • アカデミー賞予想、出演者リスト&ライブ配信情報!NEW!
  • エマ・ワトソンがすっぴんで米国入り!NEW!
  • 「ハリー・ポッター」がテイラー・スウィフトのヒット曲を歌うと・・(笑)NEW!
  • 【動画】ダニエル『フランケンシュタイン』新写真NEW!
  • 【写真】エマ・ワトソン、週末は恋人マシュー・ジャネイとアツアツデート!うわさの自画像もNEW!
  • エマ・ワトソンがプレゼンターとしてアカデミー賞受賞式出演へ!NEW!
  • ダニエル・ラドクリフとルパート・グリント、おそろで演劇賞受賞NEW!
  • エマ・ワトソン エル・スタイル・アワード高画質写真NEW!
  • 『ゼロ・グラビティ』の正直な予告編(笑)NEW!
  • 【動画・写真】英国最大の音楽賞ブリット・アワードでビヨンセ、ケイティ・ペリーら豪華パフォーマンス!ワン・ ダイレクション2冠!NEW!
  • 【動画・写真】エマ・ワトソン、エル・スタイル・アワードで受賞NEW!
  • 【動画・写真】増税より効果的!?ハリポタのデイビッド・イェーツ監督がロビン・フッド税導入を求める動画を製作!NEW!
  • 【速報】J.K.ローリング、別のペンネームで犯罪小説の続編を出版へ!6月発売!NEW!
  • ハリポタ監督作品『ゼロ・グラビティ』が英国アカデミー賞6冠!NEW!
  • 児童文庫版「ハリー・ポッター」、3月発売!NEW!
  • エマ・ワトソン、鬼才アメナーバル監督のスリラー映画でイーサン・ホークと共演決定NEW!
  • J.K.ローリング仰天告白「ハーマイオニーはハリーと結婚するべきだった!」発言の反響JKRインタビュー全訳:ロンとハーマイオニーを悲観してないことが判明NEW!
  • エマ・ワトソン、ジャーナリストに?カルチャー誌の編集に参加!写真NEW!
  • エマ・ワトソン、新恋人とカリブでお熱いバカンス! 2年来の恋人とは破局NEW!
  • ハリー・ポッターの演劇:J.K.ローリングが公式サイトで声明を発表!NEW!
  • ハリー・ポッターの幼少期の物語がロンドンで舞台化!J.K.ローリングが共同プロデュース!NEW!
  • ダニエル・ラドクリフ、ロングインタビュー「ハリー・ポッターから逃れられない」
  • ポッターモア「炎のゴブレット」攻略ガイド!
  • PS3「ブック オブ スペルズ」発売中!
  • ハリー・ポッター新シリーズ映画『幻の動物とその生息地(仮題)』まとめ
  • 【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイ&DVD コンプリートセット発売!
  • 【動画・写真】エマ・ワトソン、チャリティ写真集で 大胆セミヌード披露!
  • 7巻のハンドブック、『ハリー・ポッター大事典1巻から7巻を読むために』絶賛発売中!
  •  

    ポッターマニアの本





    Copyright© 2001-2021 Pottermania All Rights Reserved.
    Reproduction in whole or in part without permission is prohibited.
    当サイトの記事・情報・投票・画像を含むすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
    転載をご希望の方は事前にメールでご連絡ください。